2017.09.11

愛してたって、秘密はある。 9話 感想 父さん、俺が殺したと黎が!

母さんが逮捕されたというのに、

ソファーにゆったり腰かけて、

トゥーランドットのアリアを、

身振りまでつけて聴いている黎。


黎、頭、おっかしーーーーー\(◎o◎)/!



香坂法律事務所の先生が預かっていた

皓介の日記のコピー。

ん?どうして香坂先生が預かっていたんだろう?


2006年、地検特捜部にとって、

代議士の前園を逮捕することが重要だった。

毎日のように地検に呼び出されて、

ついには嘘の調書まで立花に作成されて、

「記憶を入れ替えればいい」とまで脅された皓介。


でっちあげられた調書に署名しろと立花に迫られ、

不安や恐怖から逃れるために、

晶子に手をあげるようになった皓介。



黄色いバラは風見教授の好きな花。

その花を見ただけでイラつくようになった皓介。

それで、あの日も黄色いバラが散乱してたのか。


黎は宅配が送られた配送センターを調べてくれるよう

一ノ瀬に頼んだが、防犯カメラに映っていたのは、

黎なのかもしれないね。


黎は自分が犯した罪の意識にさいなまれ、

早く自分が殺人犯だということを

誰かに見つけてほしかったのかもしれない。


立花は皓介が失踪したのは、

取り調べから逃れるためだと思っていた。


冷酷な取り調べをしていた立花だったが、

家族は愛しているようだ。

風見がナイフを突きつけてきたとき、

暁人が立花を守ろうとしたが、

とっさに身をひるがえして、息子を守って刺されてしまった。


立花は死んじゃったの…(◎_◎;)

風見は殺人犯になってしまったのか。


100の嘘も1つの真実にはかなわない。
もしそうだとしても、
1000でも2000でも嘘は重ねるつもりだった。



「だけどやっぱり無理だった。
母さんじゃない。俺なんだ」


「父さん、俺が殺した」


あー、ついに真実を大好きな爽に告げた黎。


幸せになるために100の嘘を重ね
僕は一番大切なものを失った。



晶子が出頭したとき、黎は爽に嘘に嘘を重ねたが、

心は穏やかではなかったろう。

真実を告げたことで、得るものはあるのか。


ところで、風見はどこまで晶子のことを知っているんだろう?


誰がなんと言おうと誇りに思ってる。
ちゃんとごはん食べてね。



微笑み出頭した晶子。母は強し。


記者たちが黎のところへ取材に詰めかけたが、

意外にも虎太郎が記者を追い返してくれた。

へ~、いいとこあるじゃん。


黎と話していたとき、

ポケットから指輪を出そうとしてやめた虎太郎。


虎太郎に指輪を送ってきた奴・・・・

「誰なんだろうね?」と果凛が言ったが、

それも、黎なんだろうか。

そうなると、最終回で黎は逮捕されてしまうのか!?

ポチッと↓応援して頂けると励みになります。

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR