2017.08.28

ひよっこ 127話 感想 ちょっぴり米子を応援したくなってきた

ぼくら、離れ離れになろうとも~

クラス仲間はいつまでも~♪


みね子、時子、三男も、

いくつになっても、3人集まれば、

心は高校のころにワープするんだろうね。


時子は美人だけど、三男もイケメンだよね。

米子以外にも、米屋のお得意先の娘さんで、

三男に恋している乙女はいるかもな。


三男は時子の夢をかなえるまで

見守り続ける、と決意しているが、

時子は、華々しく芸能界で活躍することが

夢のゴールなんだろうか?


有名な女優になることが夢なのか、

ツイッギーのようにモデルでもいいのか、

つまり、有名になることが夢なのか、

いまいち分からない。


その点、米子は分かりやすい。

三男と両想いになって、結婚すること。

両想いになれなくても、

三男と結婚できたら、米子は幸せだろうね。

ちょっぴり米子が可愛く思える。


米子が歌ったハレルヤ♪

米子は、♪愛されたくて♪愛したんじゃない♪

♪燃える思いを♪ 三男に、♪ぶつけただけなの♪


歌詞が米子の気持ちを語っている。

強引だけど、真っすぐな米子を

なんだか応援したくなってきた。


漫画家コンビは漫画家として活躍することが夢。

こちらも分かりやすい。


では、みね子の夢ってなんだろう?

奥茨城に帰りたくもなさそうだしね。。

すずふり亭で一番高いメニューを食べるのが夢。

その夢は叶ったんだろうか…。


にほんブログ村










テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.28

愛してたって、秘密はある。 7話 感想 晶子は何もかも知っていた?

初めとラストが怖かったね。

爽のお兄ちゃんが黎の家を訪ねたとき、

ドアの開け方が怖すぎ。

「黎くんいる?」とか、声ぐらいかければいいのにね。

いきなりドアに手を挟んで強引に家に入ってくるんだもん。



ラストは風見の病院の部屋のロッカーから、

赤い袋に入った箱が!

「お父さん、どーこだ?」 と書かれた写真と同じ物。

中身の骸骨は、やっぱりお父さん?ギャー。


一ノ瀬にも赤い袋に入った同じ箱が届いたが、

しかし、こちらの中身は「ハズレ」と書かれた紙きれ。


こんなにまどろっこしいことを、

いったい誰が?


風見は「晶子と黎のそばにいたかった」と言っていた。

皓介が亡くなっていることを、風見は口がすべって

黎に話してしまったが、(すぐに訂正はしたけれど)

皓介のことも、先輩として慕っていたのは事実なようだ。

晶子のことも前から好きだったみたいだし、

わざわざ黎を追い詰めるようなことを、

風見がするだろうか。


いまいちよく分からないのが、

虎太郎と果凛、

そして一番手強そうなのは晶子だなぁ。


風見が爽を10年前に襲ったことを、

虎太郎は知っていたが、

ただそれだけなんだろうか。。。

果凛も怪しいが、死体を掘り起こすのは

女の子の力では無理だろう。


それとも、黎のお父さんの死体は、

風見が掘り起こして、

風見家のお墓に移していたんだろうか。

慕っていた先輩を自分ちのお墓に入れて、

で、前回お墓にたむけていたのが

黄色いバラってのもねぇ。なんだか。


晶子は2006年6月の日記を見ていたが、

「いつまで続くのだろう」とか書いてあったよね。

見返してないので、間違っていたらごめんよ。


その後、ドアの外で立ち聞きしていた晶子は風見に言った。

「私は何があってもあなたの味方ですから」

そして笑った。ニマッと。


晶子は爽が風見に襲われたことを

知っていたに違いない。

もしかしたら、風見の無実の父親のことを

地検に内部告発したのも、

晶子だったかのもしれないね。


立花父とも顔見知りだったようだし。

そうだとしたら恐ろしい女だな。



風見は辞表を書いて姿を消した。

自殺するんじゃないぞー。


爽は風見の弁護を頼みに行った。

加害者を許すことで、

自分も楽になれるとしても、

加害者の弁護まで頼むとは・・・・


今年の9月3日が時効。

時効まであと少し。

そして、黎と爽の結婚式までもあと少し。

こんな状態では無理でしょ。ね?

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

見ながら書いたメモ書き 参考までに。

風見のお父さんはこの病院の外科医で、優しい人だった。
ある日、地検の特捜部に前園代議士への贈賄の罪で逮捕された。
しかし、風見の父は一切かかわってなかった。
信憑性のない内部告発で犯罪者に仕立て上げられた。
取り調べて父は無罪だと言い張ったが、
担当検事は父がやったと決めつけた。罪を認めろと脅し続けた。
その検事が立花弘晃。
爽の父親。執行猶予がついて出てきたときには、すい臓がんで手遅れ。
犯罪者のレッテルを貼られたまま死んだ。

「立花に殺されたんだ。悔しくて、悔しくて、悔しくて」


けれども、本当に恨むべきは、

無実の男を内部告発で犯罪者にしたてた奴だ。


にほんブログ村



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR