2017.08.31

ひよっこ 130話 感想 元治はどうやって小指を切った?

元治が小指をケガしたと話していたが、

料理をしていて、

包丁で小指をケガしたことなど、

私は・・・・・ない。



元治はプロの料理人なのに、

どのようなシチュエーションで

小指を切ったんだろう??

料理がヘタなんじゃないか、とさえ思った。


♪昨日の夜の小指が痛い♪という歌に、

無理やり結び付けたかっただけ、

ってことは分かる。


秀俊はわざわざ島谷に会いに行って、

みね子を好きだ!という宣言をしたが、

なぜ島谷に打ち明けたかといえば、

その理由は、「友達だからだよ」。


え~、2人は友達だったの?

ただの知り合い程度と思ってたよ。


みね子は実家への仕送りの額が、

少しだけ減ったようで、

年頃の女の子としては嬉しいよね。

だけど、実家は大丈夫なのかな?

妹や弟もいるしね。心配になるわ。


お母ちゃんがミニスカートの内職もしているから、

きっと大丈夫なんだろうね。


ところで、

みね子の夢ってなんだろうと考えていたが、

何がやりたいとか、別になくて、

それでも、一生懸命働いて、仕送りして、

立派なもんだ。

ハンバーグも食べられるようになってよかった。


秀俊がみね子に恋心を抱いているが、

私の好みとしては、

島谷以外では、三男がいいと思うが。。。

でも、みね子と時子と三男は、

友達という関係をずっと保っていくんだろう。

てことは、三男は米子と結婚するのか(・・?


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.28

ひよっこ 127話 感想 ちょっぴり米子を応援したくなってきた

ぼくら、離れ離れになろうとも~

クラス仲間はいつまでも~♪


みね子、時子、三男も、

いくつになっても、3人集まれば、

心は高校のころにワープするんだろうね。


時子は美人だけど、三男もイケメンだよね。

米子以外にも、米屋のお得意先の娘さんで、

三男に恋している乙女はいるかもな。


三男は時子の夢をかなえるまで

見守り続ける、と決意しているが、

時子は、華々しく芸能界で活躍することが

夢のゴールなんだろうか?


有名な女優になることが夢なのか、

ツイッギーのようにモデルでもいいのか、

つまり、有名になることが夢なのか、

いまいち分からない。


その点、米子は分かりやすい。

三男と両想いになって、結婚すること。

両想いになれなくても、

三男と結婚できたら、米子は幸せだろうね。

ちょっぴり米子が可愛く思える。


米子が歌ったハレルヤ♪

米子は、♪愛されたくて♪愛したんじゃない♪

♪燃える思いを♪ 三男に、♪ぶつけただけなの♪


歌詞が米子の気持ちを語っている。

強引だけど、真っすぐな米子を

なんだか応援したくなってきた。


漫画家コンビは漫画家として活躍することが夢。

こちらも分かりやすい。


では、みね子の夢ってなんだろう?

奥茨城に帰りたくもなさそうだしね。。

すずふり亭で一番高いメニューを食べるのが夢。

その夢は叶ったんだろうか…。


にほんブログ村










テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.28

愛してたって、秘密はある。 7話 感想 晶子は何もかも知っていた?

初めとラストが怖かったね。

爽のお兄ちゃんが黎の家を訪ねたとき、

ドアの開け方が怖すぎ。

「黎くんいる?」とか、声ぐらいかければいいのにね。

いきなりドアに手を挟んで強引に家に入ってくるんだもん。



ラストは風見の病院の部屋のロッカーから、

赤い袋に入った箱が!

「お父さん、どーこだ?」 と書かれた写真と同じ物。

中身の骸骨は、やっぱりお父さん?ギャー。


一ノ瀬にも赤い袋に入った同じ箱が届いたが、

しかし、こちらの中身は「ハズレ」と書かれた紙きれ。


こんなにまどろっこしいことを、

いったい誰が?


風見は「晶子と黎のそばにいたかった」と言っていた。

皓介が亡くなっていることを、風見は口がすべって

黎に話してしまったが、(すぐに訂正はしたけれど)

皓介のことも、先輩として慕っていたのは事実なようだ。

晶子のことも前から好きだったみたいだし、

わざわざ黎を追い詰めるようなことを、

風見がするだろうか。


いまいちよく分からないのが、

虎太郎と果凛、

そして一番手強そうなのは晶子だなぁ。


風見が爽を10年前に襲ったことを、

虎太郎は知っていたが、

ただそれだけなんだろうか。。。

果凛も怪しいが、死体を掘り起こすのは

女の子の力では無理だろう。


それとも、黎のお父さんの死体は、

風見が掘り起こして、

風見家のお墓に移していたんだろうか。

慕っていた先輩を自分ちのお墓に入れて、

で、前回お墓にたむけていたのが

黄色いバラってのもねぇ。なんだか。


晶子は2006年6月の日記を見ていたが、

「いつまで続くのだろう」とか書いてあったよね。

見返してないので、間違っていたらごめんよ。


その後、ドアの外で立ち聞きしていた晶子は風見に言った。

「私は何があってもあなたの味方ですから」

そして笑った。ニマッと。


晶子は爽が風見に襲われたことを

知っていたに違いない。

もしかしたら、風見の無実の父親のことを

地検に内部告発したのも、

晶子だったかのもしれないね。


立花父とも顔見知りだったようだし。

そうだとしたら恐ろしい女だな。



風見は辞表を書いて姿を消した。

自殺するんじゃないぞー。


爽は風見の弁護を頼みに行った。

加害者を許すことで、

自分も楽になれるとしても、

加害者の弁護まで頼むとは・・・・


今年の9月3日が時効。

時効まであと少し。

そして、黎と爽の結婚式までもあと少し。

こんな状態では無理でしょ。ね?

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

見ながら書いたメモ書き 参考までに。

風見のお父さんはこの病院の外科医で、優しい人だった。
ある日、地検の特捜部に前園代議士への贈賄の罪で逮捕された。
しかし、風見の父は一切かかわってなかった。
信憑性のない内部告発で犯罪者に仕立て上げられた。
取り調べて父は無罪だと言い張ったが、
担当検事は父がやったと決めつけた。罪を認めろと脅し続けた。
その検事が立花弘晃。
爽の父親。執行猶予がついて出てきたときには、すい臓がんで手遅れ。
犯罪者のレッテルを貼られたまま死んだ。

「立花に殺されたんだ。悔しくて、悔しくて、悔しくて」


けれども、本当に恨むべきは、

無実の男を内部告発で犯罪者にしたてた奴だ。


にほんブログ村



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.27

ひよっこ 126話 感想 時子への三男の思いはその程度のものか?

米子と三男のシーンが、

前回と同じ部分が長く続いたので、

一瞬、「あれ?126話を見たつもりが125話か?」

とさえ思ってしまった。

週明けで1日開いたのなら理解できるけど、

昨日の今日で続けて見たら

同じシーン続きで、手抜きのように思える。


ヤスハルが古館の息子だということに、

ドラマの終盤になってやっと気づいた私。

そうなんだ。。ふ~ん。。その程度の感想。


富さんのセリフが印象的だった。

「食べ物の好みは大事。
人間最後の楽しみは
食べるってことしか残ってないんだから」



そうできない人もいるから、

富さんは幸せ者よね。


三男が米子に時子への愛を熱く語った。

「俺に惚れられてるってこどは
あいつにとって力になんです。
必要なんです。
だがらね俺は時子が夢をかなえるまで
片思いしてなきゃいけないんです」



心の底では時子にとって三男の思いは、

必要な力だったかもしれないが、

絶対的に必要だったのか、ちと疑問。


「それってメチャクチャ好きじゃん」

と、米子は言ったが、


「片思いしてなくちゃいけないんです」

なんていう表現はゆるいような気がする。



時子が夢をかなえても、

たとえ恋人になれなくても、結婚できなくても、

片思いは永遠に続くんじゃないのか、三男!!


それとも、時子が夢をかなえたら、

米子でもいいのか(・・?



にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.27

黒革の手帖 6話 感想 手帖の保管がお粗末

元子の黒革の手帖が盗まれてしまったが、

あれほど大切な手帖なら、

銀行の貸金庫にでも保管しておけばよかったのに。


長谷川会長が手を回せば、たとえ貸金庫だろうと、

裏から手を回して、

手帖は盗まれたかもしれないけれど。


しかも、コピーの手帖すらなかったし。


元子に内緒で、橋田とすみ江が

会っていたことを知っていたのに、

すみ江が渡してくれたUSBを疑いもせず

切り札に持っていたのもお粗末。


すみ江は橋田がシャワーを浴びている間に

コピーしたと話していたが、

エロ橋田がシャワーを長時間浴びるわけもなく、

よくコピーできたなぁ…まあドラマだから、と思っていた。



100万円ですみ江を動かそうとして、

300万円で橋田に寝返りされたが、

もしもその後に、元子が500万円渡していたら、

すみ江はまた元子に寝返ったただろうか?


たぶん、500万出しても無理な気がする。

橋田にすみ江を差し出すようなまねをしたママに、

忠実にはなれないだろう。


「なんらかの事情で
梅村キミさんと橋田常雄さんの契約が
解除されたんでしょう」
民法95条「錯誤」


元子ママは、初めからはめられていた。


これまで元子にガツンとやられた奴らが、

よってたかって、復讐にやってくる。

それも、大がかりな復讐だ。


市子も波子も村井も…(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

バックに会長がついているからねぇ。


もしかしたら、美容師の牧野も、

会長とつながりがあるのではないか、

と思えてしまう。


元子も、せっかく手に入れた切り札の情報なら、

黒革の手帖の中身は頭に叩き込んで、

手帖は破棄するぐらいの勢いでないとダメだった。


橋田の笑顔や人間性が気持ち悪くて大嫌いでも、

ホステスに身体を売らせるようなことをするのは、

ママとしては最低だ。


橋田の弱みを握りたいなら、

自分で橋田の指定したホテルへ

お弁当を届けるべきだった。


あとはどこまで元子が落ちていくのか、

それだけしか残されていない。


逆転劇があるのなら面白いが、

それは期待できないだろうね。

つまんない。。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



これまで「黒革の手帖」を

「黒革の手帳」と書いていたことに気づきました。

小説などでは「手帖」と書かれることが多いようですね。

常用漢字では「手帳」ですが、

「手帖」と記するほうが、

重要な事がメモしてある感じがしますね。




にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.22

ひよっこ 122話 感想 ばかさゆえ悩み中だるみ!?

愛子さんの絵が可愛く描かれているのを見た富さんが、

「ずるい!これよ~」と自分の絵を見せたとき、

愛子さんはニマッと笑ったが、

本心で笑ってるように見えて、

愛子さん、笑い過ぎよ~と

私もニマッと笑ってしまった。 


ザ・ジャガーズの「君に会いたい」の歌詞を、

「若さ」を「バカさ」にして、

バカさゆえ~苦しみ~♪

バカさゆえ~悩み~♪

…ともじられた漫画家2人。


ドラマも脚本に悩み中だるみ~!?


「君に会いたい」は恋にやぶれて、

心の痛みに 今宵も一人泣く (´;ω;`)ウゥゥ

てな感じの孤独な歌だけど、

漫画家コンビはいつも一緒だから、

「今宵も一人泣く」という歌詞を、

「今宵も二人泣く」って、歌ってなかったかしら??


お金がなくても、漫画が売れなくても、

楽しそうに暮らせて何よりだ。


みね子は島谷との恋は終わったが、

次なる恋がそろそろ動き始める予感だねぇ。

秀俊はみね子がすずふり亭を

辞めるのではないかと

心配している様子だけど、

みね子は今の仕事が好きそうだから、

辞めたりはしないだろうし、

秀俊とうまくいくといいね。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.21

ひよっこ 121話 感想 どーでもえーわ。

売れそうにもない漫画家志望の2人に、

あの富さんが、よくぞ部屋を貸したよね。


ボロカスに言われる漫画家コンビ。


破天荒でない=成功しない

小市民的、小物

ダメな弟みたいで叱りたくなる



どーでもええわ、って感じ。


挙句の果てには、

捨てられた子犬みたいな奴ら


とまで言われて、なんだか可哀想。


2人は時折、深夜から朝まで

工事現場でバイトして、

家賃は払っていたようだけど、

富さんが、どういう経緯で

6年前に2人に部屋を貸すことにしたのか、

せめてそれくらいは知りたかった。


あの2人からは、富さんへの差し入れも

まあ期待できないだろうしねぇ。


みね子を主人公にした漫画を描いていたことが

ついにバレてしまったが、

みね子も知らないような事実が、

描かれていたら、ちっとは面白かったかなぁ。


ヤスハルよ、まだ歌っていたのか。。。

もーええわ。


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.21

愛してたって、秘密はある。 6話 感想 「あの人…犯人」え?なんの?

爽がおびえながら、

「あの人・・・犯人」

震えながら指さしたのは風見先生。



いったい、何の犯人(◎_◎;)??


高校生のときに、風見に爽は何かされたの?

爽のお父さんが担当した事件と

関係があったりするのかな?



母さんの指輪を預かっていた風見。

指輪には、 KOSUKE TO SHOKO

前話で入れ替わっていた指輪は、

SHOKO TO KOSUKE だったような。

てことは、父さんの指輪を持っていたのも風見?

でも、虎太郎も指輪のことを知ってるような様子だった。


風見家のお墓に黄色いバラをたむけた風見。


やっぱり風見のほうが怪しさ度UP。


謎の人物からのメールに

「あなたは誰ですか」と返信した黎。

「君を一番よく知っている人」

あのメールも風見?

メールは虎太郎か果凛かもしれない。

すぐに返信できる暇人となると、

果凛の線が強いかも。


ところで、

就活しているスーツ姿の福士蒼汰を見ていたら、

大人になったなぁ…と。

あまちゃんに出演していたころと比べて、

頬がスッキリとして、

雰囲気が大人のイケメンになった福士蒼汰。


爽とのキスシーンも、いい感じでした。


法律事務所に就職も内定した。

もし、父さんがDVでなかったら、

もし、あの事件がなかったら、

ごく普通に幸せな結婚ができたのに…。


あ、でも爽の気持ちの中にも、

解決できていない事件がありそうだから、

過去を引きずる必要はない、

と、爽は話していたが、

黎も爽も身体が過去に反応してしまう。



「真っ白なところに
一つずつ絵を描いていこう」




2人の真っ白な気持ちに、

誰かが黒い点をつけて、

線を引こうとしている。(-_-;)


「爽といるときだけ、

本当の自分でいられる」と言う黎。

「黎は黎だよ。私の一番大切な人」と言う爽。


黎が父親を殺していると知っても、

その気持ちは変わらないかな・・・・。


「11年前の失踪を洗いなおす」

と、一ノ瀬が調べ始めた。


黎が引き出しにしまっておいた

凶器も誰かが持ち去ってしまった。


案外、晶子が持ち去っていたりして。


凶悪な事件を起こした犯人に対しても、

「自分だけは居場所になりたい、
そう思っています」と爽やかに答える黎。

「裏切られることも多いよ」

「それでも可能性を捨てたくありません」


爽は黎の居場所になれるのか。

黎は爽の居場所になれるのか。


風見と晶子が勤めている病院の

贈収賄問題も追及が始まりそうだ。


感想を書いてみたけれど、

一つ一つのパズルは、

私の頭の中でバラバラのまま。


スッキリしないねー。


爽と話しているとき、
「嘘だよ、どすこい」と黎はジョークを言ったが、
どすこいって、、、、


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.20

オノヨーコ ファミリーヒストリー2017.8.18 感想

初めから見たかったが、

途中から偶然見た。

オノヨーコも84歳なんだね。


若いころのオノヨーコが美しかった。

オノヨーコの写真といえば、

平和活動パフォーマンスの

Bed In の写真が有名で、

ジョンレノンとベッドの中…

失礼を承知で言えば、

おばさん。。。。。

というイメージが私の中にあったが、

若い頃のオノヨーコの写真は、

オシャレで綺麗な人だった。


年齢を重ねた今も、芸術家だなぁと

感じさせる雰囲気を持つが、

どこか病んでいるのかな?とも思った。

ジョンはもういないけれど、

愛し合った思い出と、

最愛の息子ショーンがいてくれるから、

ヨーコは幸せだろう。


ビートルズの曲は、

学生のころに毎日飽きもせず聴いたが、

ジョンレノンの名曲 Imagine が、

ヨーコとの共作だったとは知らなかった。


ジョンにとってヨーコは、

最愛の妻であり、芸術家として、

大きな影響を受けた人だった。


Imagineが夫婦共作だと世間に知れたら、

ジョンの歌は話題にならなかった?

今となっては分からないが、

内助の功でジョンを支えたことは事実だ。


Imagineの歌詞のように、

国境や宗教もなく、

殺されたり、殺したりすることもなく、

そういう世界が実現したら

どんなにか素晴らしいだろうね。

人が想像しないことは、

現実にもならない。

だから、歌詞が訴えているように、

平和な世界を想像して

毎晩、眠りにつくことにしよう。

Imagine all the people
Living life in peace


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.20

黒革の手帳 5話 感想 手帳やUSBをなぜ奪わない?

元子が黒革の手帳やUSBをちらつかせて、

恐喝するシーンを見るたびに、

あの黒革の手帳は本物なのか、

それとも、同じ内容を書き移したサブなのか、

USBもコピーはとってきたのか、

気になって仕方ない。


橋田(高嶋政伸)を恐喝するシーンでは、

USBもちらつかせていたが、

なぜ、橋田はUSBを奪わないのか、

元子を押し倒す力はあるのに、

なぜ、手帳を奪ってやぶかないのか、

不思議でしょうがなかった。


原作が昔に書かれた作品だから、

黒革の手帳なのだと思うが、

手帳でなく、スマホにメモしていたら、

店の名前もカルネにはならなかった。

店の名前がスマホではねぇ。

フランス語に訳しても、大して変わらないし。


元子ママは孤独な女。

女に嫌われるママは成功しない。

ドキドキハラハラしながら見ているが、

たぶん結末は、

元子ママが不幸になるんだろう、

というのが目に見えている。


日本のドラマは、

悪いやつは裁かれるのだ。

そう思いながら見てしまうので、

ああ、元子ママもここまでか、

と思ってしまった5話だった。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.20

ひよっこ 120話 感想 ホントにつまらなかった

118話あたりからぜんぜん面白くないわ。

由香役・島崎遥香のインタビュー記事で、

バー月時計の時計がうるさくて、

セリフが頭から抜けそうになって大変だった、と。


カチカチという時計の音は、

放送では聞こえてたっけ??

カチカチうるさかったらNGになるからダメか(笑)


由香より世津子が見たい。

家に帰っても、ひとりぼっちになった世津子が、

どうしているのか知りたい。


ところで、時子が仕送りしていたのは驚いた。

仕送りというより、端役で臨時収入があったときに、

お小遣い程度を仕送りしているのかな?


例えば、時子がみね子に、

「これ少ないけど」と、

わずかでも居候している分のお金を

渡すシーンが今までにあったなら、

時子に収入があることも、

切り詰めて皆に感謝して、

親孝行もしていると納得できたが、

そのようなシーンはなかったよね?


私はひよっこを夜に見ることが多いので、

たった15分のドラマなのに、

つまらないと途中で集中力が切れてしまう。

このところのひよっこは、

学校でつまらない授業を受けているときのように、

意識が飛んでしまうことが続いた。


ヤスハルにからんでいた野良犬も、

それほど可愛いとは思えず、

ヤスハルの歌も、いいな~とは思えず、

富さんの驚いた顔だけが印象に残った週だった。


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.16

過保護のカホコ 6話 感想 ばあば、死んじゃうの?

ばあばの超音波検査結果には、

心臓 不整脈 と記されていたが、

ばあばの病名は?不整脈だけ?

狭心症とか、心筋梗塞とか??


家族には言わないでほしいと電話していたが、

「無理すると死ぬことだってありますよ」

とドクターから注意されただけ、

というオチのような気がする。

ストレスがたまると不整脈にもなるしね。


ところで、加穂子、成長したねぇ。

糸ちゃんに麦野くんをちょうだいと言われたとき、

麦野くんは物じゃないし、と即座に答えた。

自分が麦野くんのことを好きなことも

はっきりと糸ちゃんに伝えた。

よくぞ言った、加穂子!


麦野くんはどうして「加穂子」って呼べないんだろう?

どうして「好き」って伝えられないんだろう?

と不思議に思いながら見ていたが、

加穂子からママへの「好き」だよラインを見て、


「大好きだよ、加穂子」って言えた。



「付き合おう、俺たち」


麦野くんにはっきり言ってもらえて良かったね。


ママは、もう少し加穂子と一緒にいたいだけ。

・・・・・かな(・・?

パパがママに「好きだよ」って言ってくれたら、

ママは加穂子から自立できるんじゃないかな。


麦野くんも、スキンシップは下手なタイプだけど、

加穂子のパパも、糸ちゃんのパパも、

じいじも、み~んなスキンシップがヘタ。


女の子はね (ちょっぴり年を取った女の子もね)、

いくつになっても、大切にされていることを

実感したいものなのよ~。


今回もばあばの名言が飛び出しました。


子供が船なら、いつかイカリをあげて
港を出ていかなければいけないのよ。



厳しい航海に疲れたら、

また港に戻ってくればいい、

はい、名言ですな。

ちょっとありきたりな感じだけど。


ばあばの予言どおり、

加穂子のママは家に戻り、

テキパキと家を片づけて、


加穂子のことは自由放任主義でいきましょう。


本当にママは加穂子を

港で見守ることができるのかしら。

加穂子が麦野くんと、

あんなことや、こんなことをしても??フフ。。。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.16

ひよっこ 117話 感想 今更どうでもいいような内容だった

綿引さんの爽やかなお顔を拝見できて良かったが、

それ以外は、117話は見ていなくても

118話から見ればOKのような回だった。


お父ちゃんの働くシーンは、

相変わらず同じ映像だった。

あの映像しかないのか?と思うほど。

もう見飽きた。


お父ちゃんに説明するシーンも、

視聴者からすれば知っている事だから、

いちいち説明してもらわなくてもいいし。


最後のほうで、由香が突然現れたが、

私としては由香はどうでもいいのだ。

でも、鈴子や省吾にすれば、

帰ってきて欲しいだろう、てことは分かる。

由香がお店を手伝ってくれたら、

そのうち鈴子も隠居できるしね。


全体的に、どーでもいい回だった。


綿引が預かっていた

お父ちゃんの写真が俳優みたいで、

『だって俳優だもの』なんて思った。

お父ちゃんは今度出稼ぎに行くなら、

世津子に紹介してもらって、

俳優をやってみたら…あ、ダメか。

焼け木杭に火がついたら大変だ。

火がついていたか否かは誰にも分からないままだが…。
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.15

ひよっこ 116話 感想 澄子ぉ~えがったねぇ

豊子が澄子をハワイ旅行に誘うオチにもっていくために、

ラスト問題を『青天目(なばため)』の読みにしたのは分かるが、

う~ん、どうなんだろうか、クイズの問題としては。

ちょっと微妙~。



全国で100人ほどしかいない珍しい苗字らしいが、

地域で言うと、やはり澄子の出身地である福島が

一番多いようだ。



ま、クイズの問題としての作り方は、

ドラマとしては、どうでもいいことで、

豊子が賞金を手にして、実家が助かって、

澄子と一緒にハワイ旅行へ行くというのが、

何よりも大切なんだものね。


澄子、えがったねぇ~。

頑張っていれば、必ずいい事もあるもんだねぇ。


豊子は賞金を全額、実家に送るんだろうか?

旅行へ行くのなら、ちょっとした品物を買う分は、

残しておいたほうがいいんじゃないかしら?

余計なお世話ですか…。


澄子は実家への仕送りの金額を増やしたら、

ハワイ旅行で着る水着の代金とか、

どうするんだろう?


ま、なんとかなるんだろう。。。。


優子の初恋の相手でもあり、夫でもある人が、

今日はちらりと映ったが、

ソース系の濃い顔の人だったねぇ。

え?ほっとけ?水を差すな? 失礼しました~。


初恋の人と結婚できるなんて、

ホント、めったにない幸せ者だよね。


富さんは、差し入れのスパゲティを食べたあと、

眠くなって椅子でうとうと。

分かるよ、食後は眠くなるもんなぁ。

せっかくテレビをつけていたのに

盛り上がったところを見られなくて残念。


豊子はこれからも、クイズ番組を総なめして、

賞金をどんどん稼ぐのかな?

そして自分の会社を設立する!

そうなったら、かっちょいぃ~。



親しい友だちが

テレビに出ているだけでも興奮するのに、

クイズ番組で優勝か・・というところまでいけば、

そりゃ、きゃーきゃー騒いでしまう気持ちも分かる。


早苗さんは、ドアがおでこにぶつかっても冷静だ。

おでこが痛いと言っていたが、

早苗さんなら鼻が先にぶつかりそう。


にほんブログ村


ちなみに、私のパソコンで「なばため」を変換すると、

「青天目」以外に、以下のような変換もありました~。

生田目、名畑目、夕畑目、天生目、生天目、生畑目


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.14

ひよっこ 115話 感想 アップルパイはホールのほうが豪華に見える

今時なら、どこかの居酒屋に集合~

となるのかもしれないが、

あの時代だから、

女子達は手料理作ってワイワイ。


富さんへのおみやげがアップルパイだったが、

ホールで買ってきたのに、箱を開けたら

切り分けてあったのが、ちょっと違和感。

高級洋菓子店では、昔はアップルパイは

切り分けて入れていたのかな?


豊子はどこかの御曹司と結婚するのか、

これまで勉強してきたことを生かして

経営手腕を発揮するのか、

と思ったが、違うみたいね。

テレビで豊子が儲けるといったら、

やっぱりアレしかないか。

賞金はいかほど!?


皆で作ったスパゲティの

ケチャップ色が鮮やかで、

赤いウインナーがのっていて、

昭和~って感じだった。


漫画家コンピもおすそ分けをもらって大喜び。

いい時代だね。

知らない人が作った手料理を

食べられない人も増えている。

食べ物をもらって、あれほど喜ぶ人が、

今の日本にどれくらいいるだろう?って思った。


澄子はブツブツ言いながらも、

仕送りの額を増やしたんだ。

親孝行だなぁ。まだ若いのに。

親元に帰らなくて正解。

嫌だ!って言ってもいいよね。

澄子の故郷は、もう東京で、

家族はみね子たちだ。

…と、割り切れないから

仕送りを続けているんだろうけど。


優子は大家族だったなぁ。大変。

でも、体調はそう悪くはなさそう。安心した。


米子は相変わらず三男まっしぐら。

ところで、

米子、少しずつ綺麗になってない?

初めはしかめっつらだったけど、

三男に恋して、表情も乙女になってきたような…。



時子は美人だから、

米子にしてみれば心配だろうね。

時子がOKしたら、三男は即決だと思う。

米子とすれば、そこは何とかせねば、な。


幸子も団地で質素に暮らしている様子だが、

夫は何をしているんだ?

ちゃんと働いているのか?

優しくしてくれるのか?

誰も突っ込まないところが不思議。


ところで、前回、世津子がチラッと映ったが、

今週のどこかに世津子は出てくるのか。

時子がテレビに出演することになって、

また接点ができるのかもしれないね。

視聴者にふっといて、

何もなしってことはないよね?


にほんブログ村

ところで、富さんは

あのアップルパイはぜ~んぶ自分で食べるのかしら?

一日に2切れずつ食べれば、すぐになくなるとは思うが、

おすそ分けっていう発想はないのね(-_-)

私は一瞬、皆が富さんのおすそ分けを期待して、

じーっと見ていたのかと思った。

富さんが変だから唖然として見てたのか。( ゚Д゚)

「人間よ」

いや、人間に見えるだけで、違うかも。ププッ。


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.13

愛してたって、秘密はある。 5話 感想 晶子母さんが一番怖い

『立花爽』の名を晶子から聞いた瞬間の

風見先生(鈴木浩介)の顔 (◎_◎;)

風見は爽と、何か関係があるの?


果凛が言う爽の秘密というのは、

風見と爽との関係なのかな?


うわわわわうわわ

と風見が叫びたくなるほどの事が過去に?



晶子母さんは怖い人だ。

凶器のトロフィー見て笑ってるよ。フフフって…。

黎も黎だ。

父さんを殺したトロフィーを

平然とした顔で机の中に入れてたし。

そのくせ、指輪を選んでいる最中に、

店内にプッチーニの『誰も寝てはならぬ』が

流れてきただけで、手が震えて過呼吸になった黎。


凶器のトロフィーに対する態度と違い過ぎ。


「安心してください。

あの人が戻ってくることはありませんから」


母さんはいったい誰と電話で話していたのか。

もしかして、あの事件を担当したのは爽のお父さん?

ヒントばっかりで、つまんない。


果凛ちゃんがどこまで知ってるのかも分からない。

戸籍謄本も、トロフィーも、

彼女を経由して黎の元に届けられただけ(・・?

それとも、もっと深く知っているの?


秘密がバレたらここで終わり


結婚だけじゃなくて…ね。


爽と出会ったことで、

写真を撮るときにピースができるようになったと

爽のお父さんに話す黎。

「結婚、認めてください」

「爽といると、

本当の自分でいられるんです

父親を嫌いになる前の」


そうかな?

最近の黎は爽といても、

ピースをする余裕がなさそうに思うけど。



『奥森黎の秘密は手帳の中』



爽は手帳の中の自身の写真を見て、

日付をとても気にしていた。

070903

爽は嘘つきだと言う果凛。

神様の前で懺悔して、お互いに

隠し事を打ち明けるのかと思い気や


嘘ついてようが、何か隠してようが、

ぜんぜんどうでもいい。全部、受け入れるよ



私も全部受け入れる


いやいや、その前にはっきりしようよ。

お互いの秘密をさ。


「何をしてでも、爽を守るよ。
ずっと言おうと思ってたんだけど」



「好きです」


いやいや、その前に・・・・

と思いながら見ていたら、

手にした指輪には、 

1989 SHOKO KOSUKE

このまま読むと、皓介じゃなくて、コスケじゃ~ん。

と思ったが、私の見間違いかもしれないし…。

指輪すり替えたの、母さん??


これでもかと思うほどに、

怪しいことばかり突きつけてくるが、

はっきりしたことは何一つ分からない。

愛し合っている黎と爽でさえ、

お互いの真実は知らない。


はっきりせんかーい、と叫びたい。


予告で、黎の家には盗聴器も仕掛けられていた。

もっと前に盗聴器に気づけよーと思うが、

それこそ後の祭りだ。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.12

ひよっこ 114話 感想 鈴子さんにみね子が「頑張りましょう」って何様!?

茨城から戻ってきたみね子に、

人手不足で疲れていた鈴子さんが、

「ありがとう」と声をかけたとき、

みね子は「頑張りましょう」と鈴子さんに言った。


えーーーー\(◎o◎)/!違うだろーーー!


「ご迷惑をおかけして、すみませんでした。
無理を言ってお休みを頂いた分も頑張ります」



て言うのが普通だろ。

家族同然に優しくしてくれる鈴子さんだからといって、

甘えてるんじゃないよー。


むしろ、「ありがとう」と言うのは、

みね子のほうだと思う。


東京に戻って、ロックな気分で

仕事を頑張ったみね子。

初めは実家の経済的な理由で働いていたが、

東京で働くことが快感になってきたみね子。

たとえ、お父ちゃんが出稼ぎに行ける状況になっても、

奥茨城に帰って農業はやりたくないだろうなぁ。

なんじゃそりゃ~って感じがする。

にほんブログ村

前話113話は奥茨城での田植えだったね。

お父ちゃんが稲の苗の植え方を覚えていて、

よかったねぇ…としみじみ見ていたら、

いきなり皆がズッコケるシーンの連続で

興ざめした。


大切な稲の苗を植えたところに、

わざとらしく皆が転んだり突っ込んだり。

苗がダメになったらどうするんだ!!

この家の人たちは農業初心者か(・・?と思ったヨ。


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.11

過保護のカホコ 5話 ばあば三田佳子の名言は自身の過去に向けて!?

ばあば三田佳子の名言が話題だ。

『愛するより信じるほうが難しい』

意地悪な見方をすれば、

三田佳子の息子の子育てにドンピシャリ。

50万円だったかのお小遣いを息子に与え、

豪邸には悪友がつどい、

覚せい剤パーティーをしたり、

他の事件にも関与していたり、

そりゃあもう、

愛するより信じるほうが難しい日々だったろう。


つまり、加穂子の過保護度なんて、

大したことないし~。


もう1つ、三田佳子について、

意地悪な見方をすると、

素人の私が言うのもなんだけど、

レフ板で、すんごい光が当たっているように見える。


そんでもって、もっと意地悪な感想を続けると、

ふと思い立って、三田佳子、黒木瞳を検索したら、

黒木瞳の娘も、負けないくらいにワルであったようだ。

書いてある記事が本当であればの話だけれど。


黒木瞳がGTOの校長をしていたころに、

娘は酷いいじめの首謀者だったらしい。

ネットにあがっている話が事実なら、

いじめというより犯罪の域だ。

しかも、学校を辞めたのは被害者側だと書いてあった。


黒木瞳ママも、

『愛することより信じるほうが難しい』というセリフが、

胸にズシーンと響いたに違いない。


ネットでは、ばあばの言葉が『胸に沁みた』と、

多くの人が感動しているようだが、

三田佳子のセリフに

気持ちが入っていたようには、

私には見えなかった。

私ってホント意地悪ネ。ごめんよ。


しかも、三田佳子と黒木瞳については、

何十年か前に、2人の間に確執があって、

現場の雰囲気が重い…

という記事も読んだ。マジか?


そういう時は、麦野役の竹内涼真が、

加穂子役の高畑充希の緊張をといてくれる、

とかいう記事を雑誌で読んだような。ホントか?


ネットで読んだのか、雑誌で読んだのか、

頭がパーなので、ごっちゃになっているが、

どちらも、真相のほどは定かではない。


さて、ドラマの中の加穂子だが、

ただ子供っぽくてトロいだけで、

一生懸命頑張るし、素直だし、いい子だ。

麦野くんもいい男だ。


2人がうまくいくといいね。

加穂子の自立宣言に、

今度はお母さんが家出したけれど、

しばらくお母さんはいないほうが、

加穂子にとってはいいかも。


麦野くん役の竹内涼真は、

麦野を演じるのは

難しいと語っていたが、

素の竹内涼真はどんな性格なのか、

素の麦野くんはどんな人物なのか、

いまいちよく分からない。

本当はどんな人なの?竹内涼真(-_-)んー。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.08

ひよっこ 110話 感想 時子がすずふり亭を手伝えばいいのに

みね子がお父ちゃんと茨城に帰っている間、

すずふり亭が人手不足で困るのなら、

時子が手伝えばいいのに。ダメなの?

こんな時こそ、時子の出番だと思うのだけど。

富さんはすぐに名乗りを上げたが、

いくらなんでも富さんじゃ…

すずふり亭を手伝う富さんを

ちょっと見てみたい気もするけれど。


お父ちゃんは奥茨城に帰ってみる気になった。

私がお父ちゃんの立場なら、

帰ってみようというより、奥茨城の風景や家族を

一度この目で見てみっかな、という感じかなぁ。

思い出すこともあるかもしれないし。


愛子さんは鈴子さんに相談するようにと

茨城に帰ることを迷っていたみね子に話したが、

鈴子さんは勘がいいから、

こんな日が来ることを予測していたかもしれないね。


110話の雑談では、

寝ながら歌う愛子さんと、

寝ながら踊る富さんの話が飛び出したが、

あれは何だったんだ?全く関係ない話に

あんなに時間をさかなくてもよかったのに。

面白い話でもなかったし。


鈴子はみね子が仕事を休むことを即決。

善は急げ!?

『急がば回れ』にならない事を祈る。

お父ちゃんが、美代子に再び恋しますように。

元々、身体は丈夫なお父ちゃんでも、

ブランクがあると、農業はきついぞ。


東京の現場で働いているお父ちゃんの姿は、

いつも同じシーンの使い回し、のようにも思うが、

同じような作業ばかりしていたんだろう。たぶん。



にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.07

ひよっこ 109話 感想 いつしか季節は5月になっていた

季節がいつなのか、考えずに見ていたが、

柏餅を食べる季節になっていたんだね。

みね子が島谷君とお別れしてから、

半年くらい経ったってことか。


高子さんが姑に負けずに

元気にやっていて安心した。

東京に住んでいたころとは

ストレス解消の方法も全く違うと思うが、

高子さんなら大丈夫だろう。


109話は濃い15分だったね。


美代子の話しぶりや、

実と世津子の態度から想像して、

ふたりは最後までの関係では

なかったのかもしれないと思った。


世津子からみね子に手紙が届いたが、

世津子が手紙を出すことに勇気がいったのは、

もう二度と連絡は取らないつもりでいたからと、

漢字を知らないからと、両方だったのかな?



あの時代も、辞書は簡単に手に入った。

あれだけの文章が書けるのならば、

漢字ぐらい、辞書で調べて書けばよかったのに。


美代子は、記憶を失った実に再び恋をした。

まあなんて乙女チック♪

実が老け込んでなくてよかった。

いいスリッパを履いて、

おいしいお茶を飲んで、

綺麗な人と穏やかに暮らしていたから、

老け込まなかった…のかもしれない。

そう考えると、世津子にはやはり感謝すべきだろう。


世津子は記憶喪失についても調べていた。

「この人の記憶がもどったらどうしよう」という不安と、

「記憶を取り戻してほしい」という思いが交差して、

複雑な気持ちで毎日で暮らしていたんだと思う。


みね子は綿引さんにも連絡を入れた。

自分のことのように心配して、

自分のことのように再会を喜んでくれた綿引さん。

マジいい人。


109話で一気に濃い内容にしなくても、

少しずつ小出しにしてくれたら、

もっと毎回楽しめたのに、とも思う。


ところで、奥茨城母の会に

高子さんが入会できる日は来るんだろうか?

やっぱ、嫁は嫁の会(・・?

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.07

愛してたって、秘密はある。 4話 感想 果凛にイラッとしただけ~

果凛が防犯カメラに映っていた。

その事がバレても、

ちっともひるまない果凛。


晶子に届けられた黄色いバラ。

爽に届けられた宅配。

黎が父さんを殴ったトロフィーと、

爽の髪から抜き取られたかんざし。

どちらも送り主の名は黎。


すべて果凛の仕業なんでしょうか?


はやく元気になるといいね


というメッセージ付きのカードを添えた黄色いバラは、

一週間前にネットから予約されていた。

黄色いバラは、

父さんのDVを思い出させるバラの色。

そんなことまで果凛ちゃんは知っているとしたら、

黎の家に盗聴器やカメラを

仕掛けていたのかもしれないな。


黎は花火大会の夜を思うと、

父さんを殺したことを思い出して、

手がブルブル震えていたが、

警察で事情聴取されたら、すぐに怪しまれそうだ。

よくぞ今まで普通の生活が送れたもんだ。

庭に父さんが埋まっていたのに。


果凛にイラッとするだけで、

恐怖をあおっている割には、

さほど怖さを感じない。


母さんは誰かに突き落とされたと

自分では分かっているはずなのに、

なぜ隠すんだろう?


やっぱり父さんは生きているんじゃないか\(◎o◎)/!?

秘密と恋って似てる。

隠しても隠し切れないところが。

それにドキドキするしな。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.05

ひよっこ 108話 感想 実は誰一人として憶えてないのね

記憶喪失になった経験がないので、

みね子の父・実の記憶が、

どのうようになっているのか分からないが、

誰一人として憶えていないのね…。


すずふり亭も、この間来たというだけでなく、

無意識に来ていたのは理由がありそう、とか、

時子はどこかで会ったような気がする、とか、

茨城弁を聞いたら、懐かしい気持ちになる、とか、

何か一つくらい、

記憶につながる事があってもよさそうに思う。


仕切り屋の愛子さんのおかげで、

美味しそうな、タコさんウインナー、玉子焼き、

ピーマンの肉詰め、おにぎりが並び、

皆にいちいち実のことを紹介する手間がはぶけた。

この中では私はタコさんウインナーが好きです。


楽しそうな回だったが、

はっきり言っても許してもらえるなら、

ほのぼのというより、

どうでもいいような回に思えた。

単に私の気持ちが、

入り込めないだけだろう。


タコさんウインナーより、

実がすずふり亭で食べたメニューを

もう一度、食べさせたほうが、

味と記憶がつながって、

少しくらい何か思い出すんじゃないか?と思った。


美代子は家をずっと空けるわけにはいかないから、

茨城に帰っても仕方がないが、

ほんのしばらく、

宗男おじちゃんにでも来てもらうとか、

そういうのは無理だったのかしら?


こんな時、島谷くんがいてくれたら、

島谷くんの部屋に

実を泊めてもらえたのに。

いや、それは無理か。勉強の邪魔になる。

しかも、知らない者同士だし。

あ、だけど、みね子も実にとっては、

知らない娘なんだよね。



余談ですが、

時子が108話で初めに登場したとき、

少し顔がむくんでいるように感じた。

後で登場したときは、

いつもの時子に戻っていたけど。


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.05

黒革の手帳 3話 感想 前話を引きずり過ぎた3話

『黒革の手帳』をウィキで見てみたら

元子を過去に演じた女優さんが、

山本陽子、大谷直子、浅野ゆう子、米倉涼子。


山本陽子なんか、ピッタリじゃないか。

山本陽子が演じたときの、

安島役は田村正和だ。いいねぇ。

田村正和も最近は見かけないけど、

どうしたんだろう。


米倉涼子はテレビだけでなく、

舞台でも元子を演じている。

米倉涼子は背も高いし、

舞台映えするよね。


米倉涼子って、

全体の雰囲気はイケてる女だけど、

美人か?とよくよく考えてみると、

武井咲のほうが、ずっと美人だと思う。


『他の人には負けない』という雰囲気は、

米倉涼子が強いと思うが、

私は黒革の手帳を見るのは今回初めてなので、

武井咲の演じる元子はけっこう好きだ。


3話は新しい展開になるのかと思ったら、

2話をけっこう引きずっていた。

波子はこれからもからんでくる、

ということか。


市子の一千万円の使い道など、

私は全く興味がなかったので、

だらだらと話が長引いたのは、

いまいちに思えた。


市子から院長に返しておいてと頼まれた一千万円は、

元子は返さないだろうな。

市子もどうして元子に頼んだのかなぁ。

もらっとけばいいのに。


高嶋政伸のヘアスタイルが、

わざとだと思うが、気持ち悪い。

元子の次なるターゲットは高嶋政伸だ。

お金のためなら、自分の好みは別なのよね。。。


私も人生で一度くらい、

男にガツンと貢がせるような女を

演じて…というか、味わってみたかったが、

たとえ顔が武井咲のような美人だったとしても、

絶対に無理だ。

変に真面目でまっすぐ過ぎるとつまんないねー。



銀行員の村井(滝藤賢一)は、

幸せな役が回ってこない人だね。

村井はこれからも元子に復讐を続けるのかな?

3話での復讐のやり方が、

ひねりがなくてつまらなかった。


元子の決め台詞?というのか、


『お勉強させていただきます』


このセリフ、言い方によって、

真面目なセリフにもなれば、

嫌味なセリフにもなるね。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.04

ひよっこ 106話 107話 感想 時子は?みね子&実と同居か?

前回の106話の感想を初めに。

実がアホみたいに見えた。

記憶喪失なのは分かるが、

「あなたの妻です」と、

記憶の中には、見当たらない女が現れたら、

自分が思い出せないことに動揺しないだろうか?

そして、思い出せない自分にイラつくのでは?


だけど、実にそのような様子はなかった。

言われるがままに、世津子にろくに挨拶もせず、

家族と名乗る母子と一緒に出て行った。


頭を打って、挨拶の仕方も忘れちゃったんだな。。


実は世津子にどれだけお世話になったか。

仮に、世津子が実の気持ちを無視して、

警察に届け出たと仮定する。


血だらけになっていた実を見た警察官が、

実のことを、他の事件と結び付けて

無実の罪で刑務所に入れらてしまったかもしれない。

そういうことだってあった可能性はある。

平穏に、食べる物にも困らず生活できたのは、

世津子のおかげなのに、

挨拶もできない実に106話はがっかりだったよ。


107話は106話に比べると、

実はオヤジギャグも言えるようになっていたので

ほんの少し安心した。


キツネだろうが、タヌキだろうが、ウマだろうが、

どうでもいいけれど、

実がみね子と同居するとしたら、

時子はどうなるんだ?

愛子さんの部屋へ移るのかしら?

それとも、みね子と時子と3人で実は同居するの?(◎_◎;)

よく分からないことになってきたね。

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.02

過保護のカホコ 4話 感想 『また明日』恋って素敵ね

カホコから告白されたあと、

速攻で断ったものの、

断った正式な理由を考える麦野くん。

几帳面な性格なんだね。


で、断った理由が、

加穂子が過保護だから!?

それなら、カエルのしっぽを取って、

大人の加穂子にしてあげてよ、麦野くん。

パパじゃなくてもそう思うわ。


ママに逆らって、

ハンガーストライキの加穂子。

でも、ふられたことだけは、ちゃんと報告。

私が加穂子なら、

意地でもママにふられたことは言わないナ。


ハンガーストライキ中に、

パパにお願いして買ってきてもらった

コンビニのオムライス、おいしそう。

フライドポテトをほお張る加穂子の口元が…ププッ。


いつも冷静で親切でいることを信条としているパパ。

パウエル国務長官の13か条とかいう?

パウエル長官の本は、リーダーを目指す人には

ぜひともお勧めな本だそうで。

なんてったって、パパは一家のリーダーだもんね。


だけど、ママと加穂子の間に入って、

仲を取り持つのは、並大抵じゃない。

お仕事もあるのに大変だ。


加穂子がどんな男の子と付き合おうと、

三田佳子おばあちゃんの言うとおり、

加穂子のママは反対したと思うけど、

でもね、

麦野くんみたいな芸術家タイプは

振り回されてしまう率が高いから、

加穂子みたいなお嬢様は、

気持ちが不安定になってよくないと思うよ。

ただのお友達として付き合うならまだしも。

私はそう思う。


でも麦野くんは優しいし、カッコいい。

なんやかんや言っても、酔っ払いの

加穂子を家まで送ってくれるし。



パパも優しい。加穂子には、

「君のように何でも言ってくれる人が必要だ」

と麦野くんに頼んだ。

友達としてでいいから、加穂子をこれからもよろしく、と。


その見返りとして麦野くんの欲求は、

パパ! Σ(・ω・ノ)ノ!


\(◎o◎)/!え゛ぇーーーーーーー

うっそーんーーーーーーー

両刀使いかーーーーーー

んなわけなかった。残念。。。

絵のモデルになってもらっただけ。納得。



「俺にはおまえが必要なんだよ」

絵について、嘘偽りのない評価をする加穂子が、

麦野くんには必要だ。

でも、この言葉だけ聞いたら、違う意味に取れるね。

パパのおかげで、麦野くんから

思った以上の言葉を聞けた加穂子。



「また明日」という麦野くんの言葉が

胸に沁みる加穂子。そりゃそうだ。

自分を必要としてもらえる喜び。

大好きな人に必要としてもらえる嬉しさ。

恋って素敵ね。


そしてパパが知らない間に、

ママと加穂子は仲直りしてた。


麦野くんのひと言で、

素直にママに謝った加穂子。

パパの存在感なーし。

パパ可哀想。

パパを必要としてくれる人は、

ママと加穂子のはずなのに。

冷静で親切なパパが、

ついにキレました。

キレてよし、パパ、キレなされ。

パウエル長官の言葉がむなしく響く。

いつも冷静に。。。。。


俺はもう嫌だ。疲れたーー!!


ママも加穂子も

パパのこと、大切にしてあげて。

お願い。


にほんブログ村



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.02

ひよっこ 105話 感想 今回の世津子の眉毛はましだった

前回104話で世津子の眉毛、向かって右側が、

わざとアンバランスにしているのかな?と思ったが、

105話ではましになっていた。

多少アンバランスだけど、気にはならない程度だ。


105話では、美代子が東京に来ることになって、

回想シーンがとても多かった。

この回想シーンを

楽しめるか、じっくり味わえるか、というところが、

『ひよっこ』というドラマを愛しているか否か、

はっきりするところだ



ちなみに私は・・・・




「今日は回想シーンばっかりじゃん」



と、思ってしまった。すみません。



美代子が、すずふり亭の営業時間中に、

電話をかけてきたシーンも、

「ああ、それほど動揺していたんだね…」と思うか、

「営業時間にかけなくてもいいのに」と思うか。


私は見終わってから考えると、

美代子は動揺していたんだな、と思ったが、

電話がかかってきた瞬間は、

営業時間のクソ忙しい時間に、

店に電話かけなくてもいいのに、

と思ってしまった。

重ね重ねすみません。


まあそんな感じで見ていますが、

美代子、頑張れ。何を今更…


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.01

ひよっこ 104話 感想 世津子の眉毛が左右ちぐはぐだね

世津子の眉毛の書き方は、

当時の流行りの眉毛の書き方だ。たぶん…。

でも、女優なのに、

むかって右側の眉毛の先端は太く、

左側の眉毛がそれにくらべて細く、

ちぐはぐだ。


そんなことはどーでもいいから。


とは思いながら、

同じような話ばかり

見せられているような気がして、

ついつい、そういうところに目が行ってしまう。


みね子の周囲の人が、

気遣いのできる優しい人たちなのは分かった。

もうええわ、というくらいに。


そして、みね子の周囲の人たちの、

伝達能力ときたら、

ラインやTwitterよりすごいな。

あそこまですごいと、怖くなる。


あかね荘は壁が薄いので、

隣の部屋の住人に伝わってゆく、

な~んてこともあるんじゃないか、

そうだとしたら、うかうか時子と話もできない。


みね子のことを心配して、

次々とおいしそうな差し入れが届いた。

料理長は、急いで作っていた様子なのに、

ただのサンドウィッチじゃなくて、

表面がこんがり焼けたホットサンドだった。

あそこは普通のサンドウィッチでよかったんじゃ・・・。



周囲の人たちが皆優しくて、

気遣いのできる人たちで、

みね子のことは何でも知っている。

ちょっと怖いお話。

斜めに見ると、そんなふうにも思えた。


そして、世津子の眉毛は、

これからも、あの書き方なんだろうか。

何か意図があって(・・?

今度も眉毛をよく見てみたい。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR