2016.09.18

はじめまして、愛しています 最終回 感想

タイトルを強調するかのごとく、

美奈はハジメに対してだけでなく、

愛を伝えたわけだけど、

現実の世界では、なかなか難しいと思う。

面と向かっては照れくさくて言えないと思う。

ドラマならでは、というか。



ラストはハジメと美奈でピアノを弾くのかな?と

私は予想していたけれど、違った。

美奈はピアノの先生だけど、基礎的なことは教えない。

ハジメには好きなようにピアノを弾かせている。

ピアノを弾く指の形とか、ペッタンコだったな。

でも、それでいいのだ。



でもさ、



ラストは美奈がハジメをフォローして、母と子で、

きれいなピアノのメロディーを聴かせてほしかった。

ちょっと残念。。。



それにしても、



ハジメの出生の秘密がただ事ではなかったね。

ハジメのことを考えてあげるのは当然だけど、

父親に強姦されて出来た娘の子供を

強引に取り戻す富田靖子ってどうよ(・・?

父親ということは、富田靖子が演じる女性からすると

夫ということでしょ?

んー、わからんわ。理解できないわ。



ハジメの実母である泉(志田未来)が

海に入って自殺しようとしていたとき、

美奈は暗い海に飛び込んだけれど、

危険すぎる。それこそ自殺行為。

そこがドラマチックでいいんだろうけど。


そうそう、


志田未来は『14才の母』というドラマでは

14才で子供を産む役を演じている。

母親役に抜擢されやすいのかしら?



ハッピーエンドでよかったけれど、

私は途中何話か飛ばしてしまった。

でも、ぜんぜん問題なかったよ(-_-;)

いや~、強引なストーリー展開でしたナ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2016.09.17

家売るオンナ 最終回 感想

家売るオンナの最終回は、

私は期待しすぎたせいか

ラストがいまいちに思えた。


サンチーなら、どこにいても成功するとは思うけど、

もっと派手なラストが良かったなぁ。

世界に羽ばたくような。

単に私の好みだけどね。


サンチーと課長が一緒に仕事を始めるように見せかけて、

実は「ゴー!」が口癖の

超カッコイイ外国人の恋人がいた…とかさ。


白洲は落ち着くところに落ち着いて、

それはそれで良かったかな。


で、サンチーが住んでいた、いわく付きの家は

サンチーが自ら売って引っ越したのかな?


ところで、サンチーと課長はどういう関係?


サンチーと課長がホニャララな関係なら、

サンチーに似た可愛い小さな女の子が、

同じくらいの年齢の男の子たちに

「ゴー!」と指図しているところが見たかった。

その風景を仕事の途中にニンマリ見ている課長に、

サンチーが「でれでれ娘に見とれてないで、ゴー!」と。


そういうひねりがほしかった。
こんなふうに思う私は贅沢でしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2016.09.17

デスノート NEW GENERATION Huluオリジナルドラマ 1話 感想

映画『デスノート Light up the NEW world』に先立って、

Huluでオリジナルドラマが公開されている


デスノート NEW GENERATION


1話では捜査官の東出昌大がクローズアップされていたが、

2話はどうなるのか楽しみだ。

サイバーテロリストが菅田将暉といのうも見ものだ。

早く登場してほしい。


私はHuluを見る暇があまりないので、

解約しようかと迷っていたが、

デスノート NEW GENERATIONの配信決定したので、

解約するのをやめたのだけど、

忘れずに1話を見ることができて満足だ。


東出昌大は朝ドラに出演していた頃は、

私はそれほど興味がなかったけれど、

今回は「お、いいね」と思った。
上から目線をお許し下さいませよ~。


船越英一郎がデスノートの所有者の一人として

今度の映画に出演しているらしいが、

そのことについては、私はどっちでもいい・・・・。
失礼な発言をお許しください_(_^_)_



にほんブログ村

2016.09.11

そして、誰もいなくなった 最終回 感想

え゛ー\(◎o◎)/!壮大な事件かと思ったら、
ただの内輪もめかよー。

すべては新一の弟と母親に
周囲が振り回されただけ!?

そんなアホな~~~(*_*)

25年前、お金のために再婚した母親。
再婚の条件は7000万円を母親が受け取るかわりに、
瑛治は養子に出された。

だけど瑛治が頭は良かっただけに
困ったことを思いついた(-_-)

それなら単刀直入に新一だけを狙えばよかっのに。
回りくどいやり方だわ。
巻き込まれた新一の友達が可哀想。

それに、パーソナルナンバーとか、
それほど関係ないじゃん(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


ニセの新一に成りすましていた川野瀬猛は
瑛治に刺されて声もあげずに亡くなった。

子供がいっぱいいたのに、誰にも気づかれずに。
(=゚ω゚)ノそんなことってある?

でもって、新一に「刺せよー!」と叫ぶ瑛治。

しかし、新一は…

「みんな誰かを許して誰かと一緒に生きている。
俺はお前を殺さない」


で、最後は母さんがけりをつけました。

えええ゛ーーー (@_@)

田嶋に首をしめられて殺されそうになった早苗は、
強欲な五木によって命を救われた。

五木は早苗を殺すのかと思ったが、
早苗に頼まれて百万円だけ残して去った。

強盗殺人の罪を背負って五木は逃げ切れるのか。
無理だと思うけどなぁ。。。

小山内と新一の日常は、それなりに元に戻り、
新一と早苗には子供が生まれた。

新一は、孤独にならずに済んだ。

「俺は孤独から一番遠いところにいる」と新一。

んー、そうかな。
あれほど悲惨に次々と友達が亡くなったのに、
そう言い切れる新一も、ちょっとイカれてるぞ。

「きっかけさえあれば人間は簡単に人を裏切る」

バーテンダー瑛治の言葉。皆さんはどう思いますか?
そんな人間関係は嫌だなぁ。
だけど切羽詰まったら、
人は簡単に人を裏切るのかもしれないね。

人を信じられる世の中であってほしいもんだ。

最終回は想像していたとおり、
あんまりパッとしなかった…というのが私の感想です。
でも、藤原竜也と伊野尾慧の演技は良かった!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2016.09.04

そして、誰もいなくなった 8話 感想

ラストで新一のお母さんが、

新一を刺そうとしていたけれど、

予告映像で、新一は生きてましたからー!

これじゃあちっともドキドキしないや…。(-_-)



2億を横領したヒロミ課長の札束の隠し方が、

笑っちゃうくらいに変だったね。

「見て下さい」と言わんばかりだった。



新一は瑛治くんに裏切られたが、

瑛治くんは新一と同じくらいに頭がいいの?



新一は頭は賢いけど、

人を疑うことに関しては、かなりトロいなぁ。



小山内は敵なのか味方なのか…。



急に新一に親切になった小山内。

どういう心境の変化?

警察で新一のことを聞かれても、

だんまりを続ける小山内。



すべては新一ひとりを狙っている


と、小山内のボイスレコーダーは締めくくられていたが、

それならもっと手っ取り早い方法がありそうなもんだ。

余計な殺人事件を起こす必要はな~し! と思わない?



「さあ世界の終わりが始まるぞ」


な~んて思っていた新一だけど、

世界というほど大きなものより、

家族という小さな単位から考えるのが得策かもね。


次回が最終回。あっけなく終わったりしないだろうな…( 一一) 

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR