FC2ブログ
   
12
6
   

2015年 秋ドラマ 感想

私がそう思うだけかもしれないけど、
ドラマの人気って、
一時期より全体的に落ちているような…。


秋ドラマの中では、コウノドリは好きでした。
命を雑に扱うドラマが多い中、
コウノドリは、命を大切に扱ってくれた。
それだけでも私は嬉しかったなぁ。


最終回だけ見逃したのが、結婚式の前日に
最後を見ないとすっきりしないね。
結婚できたのかしら…。
このドラマの感想は1話は書いたと思ったけど、
そのあとは、感想を書きたいと思うほどの
思い入れはありませんでした。


途中から見なくなったのがオトナ女子
篠原涼子が出るというだけでも期待してたのに、
ちくわという猫も可愛かったのに、
見ているうちに眠くなってダメでした。
つまらなかった。私は。


遺産争族は期待していたのに、
昼ドラに毛が生えた程度のオチだったね。
一応全話見たから、まあまあ面白かったのかも。
向井理って、どのドラマ見ても表情があまり変わらないね。
そういう役柄が多いのかな?


無痛~診える眼~は、最終回に向かうにつれて、
どうなるのー!?と思ったのに、
ラストがいまいちだったわ。


偽装の夫婦は見やすいドラマだったけど、
これもラストがいまいちだった。
ヒロを一番大切に思っているなら、
浮気はよくないでしょ?そう思わない?


エンジェルハートはまあまあ面白かったけど、
このドラマも途中から見なくなってしまった。
録画したのをわざわざ見るほど、私は興味がわかなかった。


おかしの家は好きでした。
ほのぼのとした空間に、ゆったりとした時間が流れてて、
RCサクセションの「空がまた暗くなる」という歌も、
ドラマによく合ってたよねぇ。


下町ロケットは、力作だとは思うけど、
私はそれほど楽しみでもなかった。
なんでだろ??


サイレーンは1話は見たけど、
続けて見たいと思わなかった。
この手のドラマは私は苦手。


デザイナーベイビーも秋ドラになるのかな?
まあまあ楽しめたけど、
感想を書きたい!というほど面白くはなかった。


5→9~私に恋したお坊さん~
このドラマはけっこう人気があったのかもねぇ。
ブログ村のバナーのクリック数から考えると、
人気があったんだなぁと。


私のブログを読んで頂けるだけでも
ありがたいことだと思いつつも、
バナーをクリックしてもらうのって難しいんだなぁ…と。


私のブログはテキトーな感想だからさておき、
昔からドラマの感想を書いているブロガーさんは、
もっとクリック数が上がってもいいように思うけど、
「ドラマの感想」のブログはバナークリック数が低いよね。


自分のことを考えてみると、
まだブログを始める前は、
お弁当ブログとか、絵日記ブログとかは、
読んだ後にブログ村などのバナーをクリックしていたけど、
ドラマの感想のブログは読み逃げしてたかもなぁ。


あさが来たはいいねぇ。
朝から爽やかな気持ちになれるのが嬉しい♪


ドラマの感想を書き始めて3年ほど経つかしら。
3年前は深夜眠くても、
どうしてもドラマの感想が書きたい!と思ったりしたけど、
このところ体の劣化が激しいせいか(?)、
夜眠くて眠くて…。
感想を書きながら寝てしまったことも。


だからといって朝に強いかというと、そうでもなく…。


ブログは仕事ではないけれど、
1日書かないと、それだけ読んでくれる人も減ってゆくから、
なんとか気力を振り絞って書いているけど、
果たしていつまで続けられるだろう…と思う今日この頃。


そんなことを何度も思いながらも続けているのは、
やはり書くことが好きなんだと思う。
そして書いたものを誰かに読んで頂ける快感を味わうのが。


その快感より眠気や体のだるさが上回ったとき、
ブログの更新頻度が落ちてゆく…というわけでした。


いつも読んで下さる皆さま、
ホントにあんがとね。(^-^)/

にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

あさが来た 77話 感想 「乱れ髪のイケメン五代様に抱き付かれたあさ」

加野屋の前をウロウロしていた男は、
おふゆちゃんの縁談のお相手だったのか。


おふゆちゃんの実家も乗り気で、
お相手の家は草履屋から洋傘屋に店をかえて、
儲けてるという話だけど、
これは亀助兄ちゃんピンチ!


亀助はおふゆちゃんに告白しないの?
せっかく新次郎が背中を押してくれたのに。
ダメモトで勇気出さないと、後悔するよね。


でも、相手の男が新次郎に似たイケメンなら、
おふゆちゃんは恋に落ちちゃうかもな。


77話は新次郎の三味線から始まったけれど、
なんだか唐突に思えたわ。


あさが東京へ行っている間、
気落ちしている新次郎に、
よのが気を利かせて、正吉に三味線を
聴かせてあげてと言ったのかなぁ。


三味線の弦が切れたのは、
大久保利通暗殺を示唆しているのか、
それとも、あさが五代に抱き付かれているのを
それとなく新次郎に知らせているのか…。


あ、そういえば思い出したけど、
三味線を弾く」という言い回しは、イコール、
人を惑わすような言動をとる」ことを表す言葉だ。


てことは、あさの行動が、
五代を惑わすような行動だと、
それを表現するための三味線?深読みし過ぎ?


乱れ髪の五代さまが、また色っぽかったな。
そんなことを考えるシーンではないけれど、
きちんとしたヘアスタイルより、いい男に見える。


五代が抱き付いたとき、
あさのことだから、反射的に体が動いて、
相撲のワザで投げ飛ばすかと思って心配したよ。


そんなことしたら、あのシーンが台無しだから
心配する必要なんてないのやけど。。。


結局、うめだけ先に帰ったが、
あさが一人で五代のところへ戻ったことを
新次郎が知ったら…


またあの虚ろな表情になるやろねぇ。


「あさが来た」は面白く見ているけれど、
このところ、なぜか初めのころのような
明日も楽しみ~というほどでもないのはなぜかしら。
私だけかしら?


77話なんて、乱れ髪の五代さまも、
三味線を弾く新次郎はんも見られたのに、
贅沢言うてすんまへん。


いやしかし、新次郎はんが可哀想。
五代にあさは抱き付かれただけ、とはいえ…。
何もしらないで三味線を弾く新次郎はんが。ね?


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR