FC2ブログ
   
12
6
   

あさが来た 56話 感想 「はつ、おみかんみたいにピカピカの惣兵衛と幸せにね」

タブレットなどタッチパネルでご覧くださっている方へ。
ズーム機能を設定しました。見えづらいときは拡大してね~。


惣兵衛がすっかり尻に敷かれてしもて。くすくす…。( ´艸`)
惣兵衛は弱いところはあるけれど、
ずるいところのない正直な性根の温かい方、とはつ。

惣兵衛は嬉しかったろうねぇ。

おおきに。わしを信じてくれて

惣兵衛は、はつの手を握っていい雰囲気だったけれど、
両親が戻ってきたら、ピョ~ンと兎みたいに跳ねたのが笑えた。

菊は文句や愚痴をたらたら言うてはいたが、
はつに言われなくても、惣兵衛のことは、
母親なんだから、よ~く分かっている。

菊の旦那様も優しい人やね。加野屋の正吉に負けてないぞ。
優しい人たちに支えられて、優しくて強い嫁にビシッと言われて、
やっと菊も和歌山へ行く決心をした。

一時は家族を置いて、逃げ出したこともあった惣兵衛だけど、

今はおみかんみたいにピカピカやとはつ。

新次郎のところへお嫁に行っていたら…と、
はつは考えたこともあったけれど、
もうそのようなことで事で悩むことは、この先ないだろう。
よかったねぇ、はつ。

ところで、昨日の『女の勘』についてですが、
私には女の勘がないようですな。ハハハ。

書き終えたあとに、「ん?違うか?」と思ったけれど、
書き直す時間もなかったから、まあええか、と。

でも気になって、夕方他の方の感想を読んだら!
あ~、そういうことか。よう見てはるなぁと感心しました。

今日は新次郎が正吉の体調を心配していたけれど、
それほど重い病気にも見えないんだけど、どこが悪いんだろう?

あの例の着物は、
本当によのがお嫁入のときに持ってきたものだった。

「これ一番のときに着る着物」を、あさに貸してくれたよの。
しかも、襲名披露にあさにも出るように言ってくれた。
女が当主の襲名披露に出席するのは前代未聞のこと。

正吉の考えがあってのことだと思うが、
よのもあさのことを認めて、少しは好きになってくれたんだね。
これも山王寺屋の菊とのやり取りがあったから、かな?

襲名披露当日は、榮三郎もピシッとしてましたな~。
はつも和歌山に出発する前に、あさの晴れ姿を見られて良かった。

ところで、亀助はふゆのために、
女もんの匂い袋をちくちく縫ってたんだね。
器用なこと。

だけどおふゆちゃんは皆がいる前で、
匂い袋のお礼を亀助に言っていたから、
恋心はちっとも抱いていないようだけど、
くじけずに頑張れ、亀助!

これからはつは惣兵衛と仲良く和歌山へ。
あさは新次郎と共に榮三郎を支えて、
新しい加野屋を盛り立てていく。
あさにも、はつにも、また新しい朝がやってきたようですね。

ランキングに参加しています。
応援のクリックありがとうございま~す。(^^)/


にほんブログ村

ところで、雁助の字は丁寧な字でしたなー。

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

5→9~私に恋したお坊さん~ 8話 感想 「同棲してもままごとみたいな二人だね」

タブレットやスマホからご覧下さっている皆さまへ。
タッチパネルで拡大縮小できるように設定しました。


山P&竜ちゃんコンビ?のコントが面白かったわ。

『同棲してラブラブして、チューチューしましょう』
ネズミか!?てくらい、
チューチュー言ってたね。

『ありかとうのチュー』
『行ってきますのチュー』


なかなかキスできなかったけど、
キスしようとしたら
「熱燗でもどう?」って父さんが入ってきて、
「どうぞどうぞ」とはならなかった。(^^)\(゜゜)

お風呂で潤子のお父さんの背中を流す高嶺。
山Pは鍛えた身体つきだった~。
これも修行の成果か?

「ここすべるからね。押しちゃダメだよ」

で、押すわけでもないんだな…。

潤子の家では坊さんらしいことはしてなかったが、
それでいいのか、高嶺?

ペアルックの白いマフラーがよく似合ってた。

『ひみつの回転木馬』というコミックを高嶺は持っていたが、
そのコミックにペアルックは出てくるのかしら?
よく知らないから検索したら、
回転木馬とレモンパイ、ていうのがヒットしたけど、
パロディー?全くの別もの??

一橋寺は天音のよからぬたくらみで、
大変なことになりかかっていた。

「すべて奪ってぐちゃぐちゃにして捨ててやる」

天音はおばあさまに可愛がられなかったのが、
それほど心の傷になっていたのに、
どうして今まで戻ってこなかったんだろう。

清宮はまだ潤子のことを思っているんだね。

「泣かせるようなことがあれば私が奪います」
てなことを言っていたが、
潤子は高嶺に好きですって告白しちゃったよ。

「どうしようもなくあなたが好きです」
「私も決してあなたと別れません」


二人がラブラブでチューチューしようとしていたら、
天音か登場して、一橋寺を解体してビルを建てて、
兄さんに復讐すると、わざわざ言いにやってきた。

ん?結局、潤子と高嶺はキスしたんだっけか?
してないよね?

天音もアーサーも強引なキスをしたけれど、
高嶺と潤子は同棲しているのに深い仲にはなりませんなぁ。

上島竜兵が熱燗でも…と部屋に入ってきたとき、
山ピーが布団に突っ伏したのには笑ったわ。

次週も山ピーと上島竜兵のコントを期待してま~す。
おもろい山ピーが好き♪と思われましたら、
ポチポチ↓っと共感のクリックよろしくね~。


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR