FC2ブログ
   
10
   

デザイナーベイビー 5話 「核移植」 感想

優子の息子が釣り針で指をケガした瞬間に、

「ヤバイ」って思ったよね。

白血病の子は感染症を起こしやすい。

ただでさえ、ノゾミの誘拐事件で大変なのに、

こんな状態が続いたら、

優子は気が変になってしまうよ。


病院長の息子・峠則孝(柿澤勇人)は、

ノゾミを殺してなかったね。ホッとした。


則孝からノゾミを預かった久美(臼田あさ美)が、

崎山典彦(渡辺いっけい)にノゾミを返して、

事件は無事に解決~かと思ったが、

そう簡単にはいかなかった。


解決したらドラマは終わっちゃうもんね。


崎山が死んでしまった。

誰かに殺されたの?


崎山は卵子の核移殖の研究を

全力でやってきたのだから、

自殺するわけはないよね…。


誰が犯人?

犯人はノゾミを連れ去っている。

つまりノゾミが必要な人ってこと?


今回も速水は大きなお腹で頑張った。

則孝が足を怪我していたから、

速水は無事でいられたが、

そうでなかったら…。


則孝は漫画を持っていた男の子を

殺してしまうのかと思ったが、

そうならなくて良かった。


男の子に今からでも遅くない、

医者になれると励まされた則孝。

でも、誘拐犯で逮捕されてしまっては、

メッチャ努力しても、

医者の道は険しいと思うな。


則孝は足に木が刺さったときに、

木を抜いてしまい、血が噴き出した。

ヘタに抜いたらダメだよ。

医者を目指したこともあったのに、どーして抜く?


則孝は罪をつぐなったら、

どんな職業でもいいから、

真面目に生きてほしいもんだ。


乳児院からノゾミを連れ去ったのは誰か。

崎山がすべてを暴露して困るのは誰か。

そう考えると犯人はあの人かな…?


風邪がなかなか治りません。

さっさと感想をUPして寝ます。皆さんも風邪ひかないようにね。

励ましの↓ポチして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村


theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

サイレーン 1話 途中まで 感想 「前半がつまらなかった」

船越英一郎が出てくると、

違うドラマみたいに思えてしまうな。


木村文乃と松坂桃李か恋人役なんだね。

木村文乃の前髪が

ちびまる子ちゃんみたいだけど可愛い。


板尾創路が白いソックスいっぱいもってるぅ。

うわぁ~こいつが犯人か…。

板尾創路が出てきた時点で

何かありそうな予感がしたもんな。


女性を殺して口に白いソックスを突っ込むなんて、

自分勝手で悪趣味で酷い男!


ドラマの冒頭で「命乞いしてもいいんだよ」と

言われていたのは菜々緒ではなく、別の女性?


と考える暇もなく、逆に菜々緒が板尾創路を

吊り下げちゃったよ。菜々緒怖いよー。


で、また船越英一郎が出てきて、

違うドラマみたいに思えてきたわ。


やっと少し面白くなってきたけど、

前半がだらだらしすぎてつまんなかった。

やっぱり10時からデザイナーベイビー見よ。


なんか見ててもスッキリしないし。


前半だらだらしすぎーと思った方、

ポチ↓していただけると嬉しいス。





theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

月曜から夜ふかし 変わったツアーに同行してみた件 感想

月曜から夜ふかし 2015.10.19 感想


●変わったツアーに同行してみた件


いくつかのツアーが紹介されたが、

「え゛ー!そんなツアーが?」と思いつつも、

何となく申し込む人の気持ちも分かると思ったのが、


ぬいぐるみ専用ツアー


持ち主に代わって愛着のあるぬいぐるみが旅をする。

観光地を回る。

ごはんも食べる。

(実際は食べられないが食事のセットとぬいぐるみの写真が撮られる)


時には醤油蔵や工場見学も。

その様子はTwitterでリアルタイムでアップされる。

持ち主は旅を疑似体験できる。


料金は日帰りツアー2000円から。

3泊5日ハワイツアーは14800円から。


定員があるため人気のツアーは即完売。

今では海外からの参加者も増えている。


ぬいぐるみと一緒に旅をして、

FacebookやTwitterに載せる人もいるけど、

このツアーにぬいぐるみを参加させたらネタに困らないね。


もしくは、お気に入りのぬいぐるみに

自分の代わりに旅をさせたいと

心から思っている人なら楽しめるかもね。


Twitterでリアルタイムでぬいぐるみが

どうしているのか確認できるのがいいね。

でもさ、写真を撮らない間、例えば次の場所に

ぬいぐるみを移動させるとき、

箱に全部ぎゅーぎゅー詰め込んで運ぶ…ってことは?


ツアーを回る社員も、ぬいぐるみが好きな人ならいいけど、

「あー、やってらんねえ」と思ったりする人だったら…と、

ちょっと心配になった。



横浜市交通局が行っている、 

バスの廃車作業立ち合いツアー 料金4580円


バスオタの人にとっては、

願ったり叶ったりのツアーだろうね。


長年使ったバスを引退させることに立ち会う。

毎回応募が殺到しており、競争率約2倍。。


行先表示の撮影 1時間ほどで100パターンを撮影できる。

ナンバープレートやつの銭機などの取り外し作業見学。

車体番号や文字を塗りつぶす廃車作業体験。

最後は取り外したあれこれの特売会。



田中さんしか参加できない田中ツアー


京都の観光会社が行っているツアー。

京都の街を散策して親睦を深める。

一つだけ参加者にミッションが課せられる。


それは、他の参加者さんとコミュニケーションをとって、

ニセ田中を探す。参加者の中にひとりだけ田中でない人が!


同じ苗字とか、同じ名前の人って、

やっぱり親近感がわくから、

すぐに仲良くなれそうだけど、

ニセ田中も募集しているってことかな?

ニセ田中はツアー料金格安?



マッチョバスツアー


カメラを手に待ち構える参加者たち。

タンクトップ姿のマッチョ軍団が現れて、

お姫様抱っこでバスまで運ぶ。

とにかく写真を撮りまくる。


どのマッチョがどの参加者をお姫様抱っこするのか、

決まってなさそうだったけど、てことは、

マッチョはお姫様抱っこする参加者を好みで選ぶの?

そうなってくると、美人で細い女性でないと参加しづらいね。


もしも私がツアーを企画するとしたら、

テレビのドラマやバラエティー番組の感想を、

参加者とお話しするツアー。


そういうツアーがあったら

参加してみたいと思った方、

↓クリックお願いしま~す↓




theme : お笑い/バラエティ 全般
genre : テレビ・ラジオ

あさが来た 20話 感想 「井の中の蛙と、ど根性ガエル(蛙)」

あさの力強い宇奈山藩への取り立てに

朝から笑ってしまった。

「もっと、もっと腰…」と応援するうめ。

子供のころから遊びの相撲で、足腰を鍛えてきたあさだけど、

さすがに相撲の技で門を突破するのは無理だったね。


その直後にふゆに会ったあさ。

中番頭の亀介は、ふゆの可愛さにすっかり惚れたな。ふふ。


あさは亀介に矢立て(携帯用の筆記用具)を借りて、

はつに手紙を書いてふゆに言付けたが、

山王寺屋の番頭は、その様子を見て菊に言いつけてしまった。

山王寺屋の男は、み~んな菊に牛耳られている。


菊、恐るべし。


ふゆはあさからの手紙を井戸の中に落としてしまったが、

それで良かったと思う。

もし手紙が見つかっていたら、あの菊のことだから、

ふゆを叩いたかもしれないし、

そうでなくても食事抜きにされたり…。

はつもまた、蔵に閉じ込められたかも。


はつは自分のことを井の中の蛙(かわず)だと言ったが、

外のことは何も知らなくても、幸せに暮らせたるのなら、

それもまた、あの時代の女の幸せだったかもしれない。


しかし、世の中は激動の時代を迎えて殺伐としている。

はつもいずれ、否応なしに

その流れに巻き込まれていくのだろう。


あさは手紙がはつに届いたと信じているけが、

いったい何と書いたのかなぁ。

あさの威勢のいい字を見たら、はつも元気が出たのにね。


何度追い返されても、宇奈山藩に取り立てに行くあさ。

ふゆが井の中の蛙だとしたら、

あさはど根性ガエル(蛙)かな?


あさは当主が帰るまで待たせてもらうと言って、

藩の中に入れてもらうことはできたが、

男衆の集まる部屋に通されてしまった。


でも、あさなら頑張れる気がする。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


蛙は、「カエル」という読み方と「かわず」という読み方があるなと、

今朝の「あさが来た」を見て、改めて思いました。

「かわず」と読む場合は、俳句の季語や能面の面で使われるようです。

芭蕉の「古池や蛙(かわず)飛び込む水の音」という俳句は有名ですね。

季語としては「春」だそうです。




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

5→9~私に恋したお坊さん~ 2話 感想 「花言葉は早くキスして」

2話はテンポが良かったね。

潤子の意思は無視して、

潤子の家族と高嶺で話は弾み、


そこへ追い打ちをかけるように、

高嶺の祖母・ひばりでやって来て、

寺での花嫁修業が決定~。


潤子の荷物を運ぶことは、

寺の修行僧たちに「まかせなさ~い!」とばかりに、

潤子んちの狭い家に次々にお坊さん達がやって来た。


わざとらしい展開でも、

あのテンポでトトトーンと話が進むと

思わず笑ってしまいますな。ハハハ。


朝の5時から9時まで寺で花嫁修業。

寺ではごはんの時間は

音を立てること、話すことは禁止~。


たくあんは音を立てて食べてはいけない、

というのは、全く音を立てないという意味ではなく、

がさつにボリボリバリバリ食べるな、といういうことだろう。

食べ物に感謝して、心して食べなさいという意味で。

音を全く立てないのは無理だもん。

それとも、そーっとそーっと噛むの?


「三黙道場」という言葉を思い出したわ。

一橋寺でも食事、トイレ、お風呂は

人と話しをするのは禁止かな。


潤子は寺をすごく嫌がるかと思ったら、

案外と馴染むのが早かった。

三休さんも可愛いし。


高嶺の言動はいまいちおかしいが、

潤子に宛てたメッセージの文字は素晴らしく美しかった。


「ハナキリン」について潤子は高嶺に質問したが、

あの花は潤子の部屋に飾られていたんだっけか?

よく見てなかったわ。


高嶺が言うには、ハナキリンの花言葉は…

「逆境に耐える。冷たくしないで。早くキスして」

高嶺の願望そのものだ。


潤子が寝ている隙に、

キスしようとした高嶺だけど、

一橋寺の雇われ住職、

まあ言うなれば高嶺の父親がわりの

寺田光栄(小野武彦)に見られていて残念した。


黙っていればいいのに、

そのことを正直に潤子に話すあたり、

バカ正直というのか、なんちゅーか。

そのお詫びが『滝修業』とは、高嶺っぽい。


2話では高嶺はそれ以外、

お坊さんらしいことはしてたかな?

ただのコスプレ坊主のようにも見えた。


潤子はゼネラルマネジャー推薦の

特別な昇格試験を受けて、

正社員&ニューヨークへ行ける

ビッグチャンスだったのに、

1番で合格したにも関わらず、

高嶺が檀家のコネをつかい、

採用をもみ消してしまった。

すごい人たちとコネがありそうだな、高嶺…。


清宮にしてみれば、潤子と一緒に

ニューヨークへ行けるチャンスでもあった。

清宮は高嶺が裏から手を回したことを、

ELAの重役から聞いて

知っているかもしれないよね。


高嶺はわざと不採用にしてもらったことも潤子に話した。

黙っていれば、プレゼントしたハイヒールも、

素敵なプレゼントになったのに…。


高嶺は言う。


「言ったでしょ。私はあなたから離れないと」


えー、そうだっけか?


一週間の花嫁修業の結果、

祖母のひばりが不合格と言い渡したのだから、

つきまとわない、というのが正解では?


ま、これで高嶺は潤子に嫌われちゃったね。

最終的にはどうなるのか分からないけど。



潤子の妹が襲われそうになったとき、

潤子まで襲われそうになって、

高嶺が身を挺して助けてくれたけれど、

あのシーンは必要だったかな?

妹は登場させなくても良かったような…。

単に潤子が襲われそうな場面で高嶺が守ってやった、

というほうが分かりやすいし、定番だし。




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR