FC2ブログ
   
10
   

下町ロケット 1話 感想 「ピーターは素でなく扮装なんだって」

ピーターこと、池畑慎之介のブログを読んだら、

下町ロケットでのピーターは「扮装」なんだって。

ピーターも今年63歳だから、素かと思っちゃった。

中性的なオシャレをすると、年齢が分からないが、

ナカシマ工業の弁護士・中川を演じるピーターは、

もう立派な初老の紳士だったわ。


原作は誰もが知っている池井戸潤の「下町ロケット」。

発行日は2010年11月24日。

私は「下町ロケット」を図書館の新刊コーナーで見つけて、

手にとってペラペラめくったことを覚えている。


ちょうどその頃、東大阪の町工場で

NASAのロケットの部品を作っている様子を

紹介している番組を見た直後で、
こういう下町の工場をヒントに書かれた小説かな?と、

気になって手に取ったが、結局は借りなかった。


だから原作は未読です。


ドラマの下町ロケットは、

出演者の数も多くて気合が入ってたね。

だけど2時間は長かった。

1時間強で良かったかも。


池井戸潤の小説には、銀行から出向している人が

必ずといっていいほど登場するが

そうすることでストーリーが書き進めやすいのかしら?


佃航平(阿部寛)の娘役が土屋太鳳だけど、

朝ドラの「希」よりずっと自然な感じだった。


佃製作所がメインバンクとして取り引きしている

白水銀行の融資担当が春風亭昇太で、

つい笑点を思い出してしまったが、顔だけ見ていると、

ああ銀行にこういう顔の人いるわと思った。


ストーリーはそれほど面白いとは思わなかったが、

配役が、「え?この人が!?」というのが多くて、

私のブログ名である「人間観察」をするには面白かった。

ちっとも有能そうに見えない弁護士・神谷(恵俊彰)とか、

50歳になった吉川晃司とかね。


でも、1番興味深く観察したのは、やっぱピーターだな…。






theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

あさが来た 19話 感想 「不器用な性格の惣兵衛がもどかしい」

はつからあさに文が届いたけれど、

綺麗な女らしい字だったね。

元気でやっているという文の内容に、

笑顔になったあさだったが、

はつはあさを安心させるために書いたのではなくて、

ニセの手紙を書かされていたとは…。


あさははつと山王寺屋も少し気にはなるが、

「もし戦になって、もし徳川様が負けでもしたら」と、

加野屋の商いが気になって仕方ない。


現代なら、あさの考え方は当たり前かもしれない。

でも、あの時代の両替屋の若女将という立場では、

余計な口出しはしない、

というのが当たり前なんだろうね。


あさに比べて加野屋の大女将・よのは、

店の飾りつけや、正吉の御召し物は気になるが、

商いのことについては、全く気にしていない様子だ。


「商人(あきんど)が天下国家を論じたりしたらあかん」


…と新次郎に言われても、どうしても気になるあさ。


蔵の中で証文を見たあさは、雁助に

「なんだすなんだすなんだすって?」と、

まるで子供みたいに質問ずくめ。


加野屋だから許されているけれど、

山王寺屋にあさが嫁いでいたら、

菊に蔵の中に閉じ込められて、

一生蔵の中で暮らすことになったかも。


運命とはいえ、あさは新次郎に嫁ぐことができて、

本当に幸せだったと思う。今のところは…。


「この金でも銀でもないひら~ひら~の証文」を

たくさん抱えていも、ただの紙屑。

「鼻かみにしてち~ん」


でも、あさがそこまで言うのは、

加野屋の大福帳を隅から隅まで調べたからだ。


「宇奈山様は10年間の付き合いがあるのに

一遍もお金を返していない」と言うあさに、


「そこまで言うならやってみなはれ」と正吉。


「ほんまかいな…」(新次郎)


加野屋にとって、いや、大坂中の両替屋の中でも、

若女将が商いに参加するなんてことは、

前代未聞のことだろう。


「泳ぎ続けてな死んでしまう、さんまやカツオと同じや」

と新次郎に例えられていたあさだったが、


「カツオは泳いでるだけやのうて、

その間に大きな口あけて餌食べますねん」

と正吉に付け加えられた。

なるほど、うまいこと言うわ。


そのころ山王寺屋では、

あさがごはんも食べすストライキ。

もしも、菊に見られたら、

「食べんでもよろし」と言われそう…。


心配そうな様子の惣兵衛。


「お前はこの家の子産まなあかんねん。ちゃんと食べ」


惣兵衛は不器用な男だなぁ。

「何も食べへんかったら、おまえの体が心配や」

と言ってあげれば、はつも嬉しいのにね。


「うちもう笑われへん」


はつはこれからどうなるんだろう。

山王寺屋の商いも傾いている様子だし…。


あさのように「これが最後のお願いだす。

うちと相撲とってもらわれしまへんやろか」と、

威勢よく言える元気など、はつにはなさそうだ。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

あさはお金の取り立ててに向かったが、

門前払いにされてしまう。その時、

「おあささま」と声をかけたのは、ふゆ(・・?




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

エンジェルハート 2話 感想

2話はシティーハンターの説明と、

シャンインの戸惑いが分かっただけで、

これといった進展はなかったね。


私はシャンインの名が覚えられないよー。

ふと気づくと、シャンニンと書いていたり、

シャイニンと書いていたり…。


香と獠の出会いについても語られたが、

アニメらしいというか。

孤独な獠のハートを、

香が優しく包んであげたんだね。


獠がシティーハンターになった経緯は、

香のお兄さんとの出会いだった。

香のお兄さんは正義感が強い警察官で、

警察官の枠をこえて、シティーハンターになった。

獠は香のお兄さんを手伝うために

シティーハンターになった。

しかし、獠は香の兄を守り切れなかった。

それで香も兄の代わりにシティーハンターになった。

こんな感じで合ってるかな?


しかし、香も亡くなってしまったが、

香の心臓を移植されたシャンインが

獠の元に戻ってきた。

まるで香に導かれるように。


これまでは秘密結社レギオンの暗殺者として、

コードネーム、グラスハートとして生きてきた女だが、

これからは本名のシャンインとして生きてゆく。


シャンインという名は、

「宝石のように美しくて大切なもの」

という意味がある。


しかし、シャンインはこれから

どう生きていけばいいのか分からない。

そんなシャンインに獠は言う。


「生きるっていうのは、

誰かのことを思うことなんだ。

難しいことじゃない。誰かのことを思って、

誰かのために一歩を踏み出す。それが

きっと生きるってことなんだ。

来てくてれありがとな。シャンイン。

あせることはない。一緒にゆっくり考えて行こう」


そろそろシティーハンターを復活してもいいんじゃない?

と、冴子(高島礼子)が言ってたけど、

そうすると、シティーハンターは解散してたの?

いまいちよく分かっていない私であった。


キザな獠の振舞いを

実写版にするのは難しいと思うが、

上川隆也は獠になり切って、頑張っていると思う。


おしゃれイズムに出演した上川隆也は、

セリフは前日に覚えると話していたが、

一夜漬けで長いセリフをよく覚えられるよね。

セリフを覚えずにうっかり寝てしまったらどうしよう…とか思わないのかな?



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

獠という字が変換で出てこない…。

簡単な漢字、涼とか遼とか諒とかならすぐに漢字変換できるのに…。




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR