2015.06.30

美女と男子 12話 「本番は一度だけ」 感想

料理番組で一子がアシスタント(◎_◎;)


それは無理~。


一子はこれまでホントに料理はしてなかったのね。


右京はせっかく恋がうまくいきかけたのに、

恋メロの芝居はうざいとネットで叩かれてしまった。

逆に遼の芝居の評価は良かったから、

うまく力を発揮できなくなった。


打たれ弱い右京は、

可哀想なくらいに自信をなくしてしまった。


気持ちは分かるけど、

そんなの気にしてたら芸能人は続けられないよね。


予告では、

右京はかれんをかばって車にはねられてたけど、

あれはお芝居?それとも、

お芝居だけど、本当にはねられたのかな?


台湾出身の歌手としてデビューした小暮亜衣は、

大門の筋書きどおりに、日本人だとバラされて、

謝罪までするはめに。


だけどアイドルグループを

続けられるのが嬉しい亜衣。


右京のことも、亜衣のことも、

うまくリードできないことに、イラつく一子。


そんな一子に、

今回もボケたじいさんがうまいこと言ってたね。

「お前はお前のままでいいんだ。

リレーで一番にならなくてもいい。

お前にはパン食い競争がある」


例えがちょっぴりズレてるけど、

そのほうが一子も気持ちが安らぐだろうね。


遼は、一子のことをよく分かっていると

梨花に言われていた。そのとおり!

最終的には一子と遼は恋愛関係になるのかな?


そうそう、遼はいい奴だったね。

右京とライバルだけど、

右京が芝居をもう一度やり直したいと言ったとき、

やり直しは嫌だと言う中里麗子に、

遼は頼みに言ってくれた。


これからもいいライバルを続けられるといいけど、

次回右京がどうなっちゃうのか心配だ…。


亜衣の謝罪会見を見てたら

キンタロー。のものまねを思い出しちゃった。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.28

SPドラマ 永遠のぼくら 感想

有村架純の笑顔が可愛かったね。


NHKの朝ドラ出演メンバー大集合みたいな

豪華な顔ぶれだったから、期待も大きかった私。


もっとはじけた展開になるのかと思ったら、

私の予想とは全く違う感じだった。


ラストはうまくまとまって良かったけど、

最後まで見続けるのが、けっこうしんどかった。


柳沢慎吾の漁師役、似合ってたね。

でも、柳沢慎吾のあの明るさが

うまく生かし切れてなかったように思った。


山崎賢人が演じた…誰だっけ…永田は、

あおい(有村架純)が幸せになることをだけを

願っているというのが、深イイ話だったね。


そうそう、浅香航大がトーク番組に出演したときに、

すごい潔癖症な話をしていたから、

役柄みたいに少しチャライ感じのほうがモテるのに、

とか思いながら見てました。


あおいと航汰の恋は、まあ良かったけど、

その他のストーリーは、

私はほとんど頭に入ってこなかったわ。


せっかく出演者が素晴らしいメンバーだから、

もっと青春ぽい明るいドラマが私は良かったなぁ。


永遠のぼくら…正直なところ、ちょっとつまらなかった…という感想でした。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.25

ドラマ 恋愛あるある 感想

3つの恋愛あるあるでしたが、

最後の同棲あるあるは

共感した人も多いのでは?


恋愛している間は、素敵に見えた彼も、

一緒に住み始めてしばらく経つと、

え~こんなはずじゃなかった、てことはよくあるある!?


脱いだ服や靴下が脱ぎっぱなし、

冷蔵庫開けっ放し、

納豆は中粒がいいと言い張る、

こういったささいなことで

相手が嫌になることはあるあるかもね。


2人の経済的負担の割合が、

男性のほうが多い場合、

家事は全部女性がするものだと、

勝手に思い込んでいる人もよくあるあるかな。


逆に男性の立場から見ると、

仕事でトラブルが発生して、

帰りが遅くなる連絡ができなかった、

心の余裕も、時間的な余裕もなかった、

ということは、あるあるかもしれません。


芯太(ムロツヨシ)の上司はいい人だったね。


仕事でトラブルがあっても、

上司のことより、お客様のことを考えろと注意したり、

チームワークを大切にするためには、

自分のことだけ考えていたらダメだ、

相手のことも考えなくてはいけないと教えたところとか。


この上司がいたから、

芯太と真理(戸田恵梨香)は婚約までこぎつけた。


芯太は、お客様相談室にいる真理に電話をかけたけど、

あの会話、全部録音されてるよね?

それは大丈夫だったのかな?


社内恋愛あるあるは、

これからはこういうことも、

あるあるかもなと思いながら見てました。


恋愛相手の女性が自分の上司というのは、

男性したら、会社の中ではやりづらいだろうね。


清美(黒木メイサ)は今後は仕事だけに生きるのかな?

謙一はこれからどうするんだろう?


シングルマザー恋愛あるあるでは、

黒田(千葉雄大)がボイスレコーダーに

自分の思いを吹き込んで送ってきたけど、


私なら封を開けた瞬間に、

「なんじゃこりゃーΣ(・ω・ノ)ノ!」と驚いちゃうかも。


ラストは大好きからスタートする結果になって良かったけどね



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.24

かもしれない女優たち 感想

全体的には面白かった。


さーっと楽しく見るならいい感じ。


でも、感想を書くとなると、

これといって思いつかないのがつらい。


主演の3名の役柄名や

経歴が重なるのが面白かったかも。


ラストのオチが素敵な選TAXIを

ほうふつさせる感じだったけど、わざとかな?


そういう方向で、と頼まれたなら仕方がないよね。

本当のところは分からないけど。


ドラマの最初のあたりは、

バカリズムの心の内側を見せたのかな?


例えば、


有名な俳優さんに、よろしくと伝えておいてと、

ちょっとした知り合いから頼まれたことが、

バカリズムもあるのかな?


もしくは、


「バカリズムさんによろしくと、

どこどこの○○さんが言ってました」


と伝えられて、

誰だよそれ?どーでもいいよそんなこと、

と思ったことがあるとか?


てなことを考えながら見ていました


真木よう子が2人出てきて、

心の中で葛藤するシーンも面白かったね。


軽い感じで見やすかったけど、

ホント、感想を書くとなると難しいわ。

どうしてかな…。


ドラマを見るのが、なんだかめんどくさい今日この頃。

こうなると感想も浮かびませんわな~。(-_-;)


でも、


れならドラマなんて見るなよ、とかいう批判は受け付けないからなー。

そこんとこ、よろしく。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.24

美女と男子 11話「あっちもこっちもスキャンダル」感想

かれんと右京は付き合うのかな?

それとも、マスコミに注目させるかれんの手段?


かれんはなかなかの女優ですね。


石野もやり手だ。


かれんと遼が強烈なキスをさせる台本に書き換えさせたりね。


右京の恋が今後どうなるかは別にして、

右京も遼も知名度が上がったのは、

石野の狙いどおりだ。


スキャンダルに巻き込まれたら、石野の対処法は、

1.真っ向から否定する。

2.認めてしまう。

3.煙に巻く。


でも遼はマスコミの取材をスルーする方法を取った。


遼は子供からの人気も落ちるかと思ったけど、

子供は意外と寛大だったね。一子の息子にしても。


IKKOさんのネバーギブアップな料理と、

たどころ晋也のネバーギブアップの歌詞はリンクしてた?


ロードを右京に歌わせるとは、嫌味親切なことだ。

このドラマを見ていると高橋ジョージは

意外と心が広いんだなぁと思ったわ。


今回も一子のじいさんがボケて「夫婦喧嘩は犬も食わない」とか言ってたけど、

うっかり「そうだな」と思ってしまった。私もボケてきたかもしれない…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.21

アイムホーム 最終回 感想

アイムホームも、ハッピーエンドでよかったね。


前回、恵も久の顔が仮面のように見えると言ったときが、

私の中では最高に面白しく感じました。


だって、夫婦でお互いの顔が仮面に見えるなんて、

えーー!って感じでしょ?


でも、恵は久と同じように

仮面に見えていたわけではなかったのね。

まあそれが普通だけど。


家族全員、お互いの顔が仮面に見えたら、

それはもう超常現象だろうね。


久は元々それほど悪い男でもなかった。

会社の企みにうまく利用されただけだった。


久の見張り役だった部長も、悪い人ではなかった。


そうか、みんなそれほど悪い人ではなかったんだ…


と思ったあたりで眠くなってきて、

意識が戻ったら、恵の仮面が少しずつ消えてゆくシーンだった。


どうも近ごろ1時間以上のドラマになると、

途中で眠くなってしまう。集中力な~し。


アイムホームは顔が仮面に見えるというアイデアが斬新だったね。

仮面夫婦というのがあるけど、本当に仮面に見えたら怖いと思う。


上戸彩の顔が、気のせいか優しい感じになってきたように思った。

つわりとか大丈夫だったのかな?

キムタクは接し方が紳士だと言ってたから、

撮影中はすごく気遣ってくれたのかもしれないね。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.20

ラストコップ(金曜ロードショー) 感想

唐沢寿明が演じる刑事・京極が面白かったね!


30年間も昏睡状態が続いていた京極が

いきなり目覚めたら、

周囲の人もそりゃビックリするわ。


原始人が暴れてる、と言われても

仕方がないようなヘアスタイルだったけど、

あれでも30年の間に何度かは

髪の毛をカットしたんだろうな、と思いながら見てました。


愛していた妻も30年も経つとオバさんになっていて、

自分も年を取って体がうまく動かない。

でも、気分だけは若いまま。


もどかしいだろうなぁ。


取り調べも「太陽にほえろ!」ふうになっちゃう京極。

…と言っても、太陽にほえろ!を知らない人が読んだら、

何言ってんだかわかんないだろうね。


京極の娘が綺麗な女性に成長していて良かった。

でも、娘が悪い奴らに狙われることになったら大変。

特にシーサーに狙われたら…。


ふなっしーも登場して、笑っちゃった。

すんごい飛んでったね、ふなっしー。


楽しいドラマだから楽しみ~と思ったら、

つづきはhuluでしかやらないのね。残念。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.19

恋愛時代 最終回 感想

元サヤでハッピーエンドでしたね。

理一郎とはる、喜多嶋先生と奥さん。


婚姻届が紙飛行機だから、

ほのぼのとした話になるけれど、

離婚届が紙飛行機で飛んできたら

シャレにならんよ~。


「はじめまして」とお互いに挨拶したはると理一郎。


これからまた2人の新しい人生が始まる。

良かったね、運命の王子さまが迎えに来てくれて。


多実子は仕事が大好きだから、

レシピを出版しないかという話がきたら、

理一郎と一緒にいることにもイライラしてしまう。


家事や育児を全部任せられる主夫となら、

多実子は結婚してもうまくいったかもしれないけど、

いや、それでもダメかもなぁ。


理一郎は子供が欲しいから、

子供ができたら大喜びだろうけど、

多実子は仕事に集中したいときに妊娠したら、

イライラしてヒステリーになるかもしれないし。


婚姻届に自分の誕生日を書き間違えた多実子。

多実子がひどい女なのか、

理一郎が気づかないのが悪いのか。


役所の人は誕生日が違っていたことによく気づいたね。


だけど多実子の気持ちもちょっとは分かるなぁ。

やり方はちょっと間違っていたように思ったけどね。


テレビで見ていると、

理一郎とはるは、お互いの気持ちに

早く気づけばいいのにと思ってしまうけど、

現実の世界も、客観的に映像で見たら、

ああいう感じかもしれないね。


はるの先輩は、海江田のことが好きだったとは!

海江田は超がつくほど鈍感だったね。

お店の人がイラつくぐらいに(笑)


恋愛時代は野沢尚の小説が原作でしたね。以前見た

野沢尚が脚本を書いた「水曜日の情事」も面白かった。

「水曜日の情事」では本木雅弘と天海祐希が元夫婦で、

お互いにまだ好きな気持ちはあったけど、

結局うまくいかなったから、恋愛時代もそうなのかな?と

ちょっぴり心配していました。


やっぱりハッピーエンドは気持ちがいいね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.18

Dr.倫太郎 最終回 感想

るりちゃんも幸せになれそうで良かった。

高畑淳子の演じたるり子のバカ母ぶりが、

最後まで興味深かった。


明良は母親に自分の気持ちをはっきり言うことができた。

いつの間に、2つの人格を統合できたんだろう?


倫太郎先生の愛の力なの?


明良は倫太郎のプロポーズを受けるのかと思ったけど、

そこは、なーなーではなくて、凛としていたね。


円能寺理事長も心を病んでたのか。

この人も親に愛を求めていたんだね。

置屋のおかみさんが、

円能寺の心の支えになっているようだ。

そのことに円能寺自身が気づいたら、

顔のひきつりも治るかもね。


小日向文世は朝ドラにも出演しているし、超多忙だなぁ。


宮川先生は論文を書くことに重点をおいているのかと思ったら、

倫太郎のように、患者に好かれたかったようだ。

倫太郎に嫉妬してたんだね。

そんな宮川先生のことを、愛してくれる人がいるから幸せだ。早くそのことに気づくといいな。


結局、ドクター倫太郎は、

皆が認めるスーパードクターだったということかな。


蒼井優の夢乃と明良、そして

人格が統合したときの演じ分けがうまかったね。


わーおもしろいってほどでもなかったけど、

印象に残っているのは、私は1話のハリセンボンの春菜かなぁ。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.16

美女と男子 10話「危険なヒロイン」 感想

一子もお母さんも、酒癖が悪いわ~。

似た者親子だね。


石野もこの家族にかかっちゃ、

どう対応していいのか悩むよね。

じいさんもいいタイミングで出てくるし。


一子が「やめなさいよ、もう」

寝言をつぶやいてたころ、

遼はかれんにキスされたところを

写真に取られました~。ヤバイヨヤバイヨ。カメラ


かれんちゃんは好みがハッキリしてるね。

右京とはキスシーンでも、唇をくっつけないのに、

遼には自分からキスするなんてさ。キスマーク


遼はダンスのレッスンを受けたけど、

遼を演じている町田啓太は

本気で踊ったらすごい上手だから、

ダンスの初心者のような演技をするのは

逆に難しかったんじゃないかな?


右京にしたら面白くないよね。

自分は主役なのに、

かれんは遼と演技するときのほうが

楽しそうなんだもん。


かれんは清純派女優なの?

自由奔放だね。楽しそ~。


女優である前にひとりの女、なのか、

ひとりの女である前に女優なのか?


女優の仕事をしているときは、

やっぱ、ひとりの女である前に女優だよね?


小暮亜依は台湾出身のアイドルとしてデビュー!?

ちょっと無理があるような気がするけど…。

そのうちバレてしまいそう。


たどころ晋也のロックスナックも再び登場。

斑目社長と中里麗子が来店するなんて、

遼もビックリだ。


亜依の所属する台湾のアイドルグループの中に、

金城武の姪っ子がいると、

ヤフーエンタメニュースで読みました。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.16

銀のスプーン(ドラマ) 12話 感想

前回の11話で

路加が髪の毛をカットしてすっきりしたね。


大人でも子供でもそうだけど、

ヘアスタイルを変えるだけで、

その人の雰囲気が

ガラッと変わることもあるよね。


路加は髪の毛をカットして、

少年ぽくなったと思う。


調が律兄とお母さんが何かを隠していることに気づき、

ひとりでブツブツ言ってるのが面白いよね。


奏は女の勘で何かおかしいと気づいている。

調も言ってたけど、女の勘は鋭いよ~。


髪の毛をカットして、新しい服を着せてもらった路加。

真也にも子供に対する愛情があると信じたい律だけど、

何度も裏切られてしまうんだろう。


お母さんは真也に

律を生んでくれてありがとう、と言った。


心の底からそう思っているんだと思う。

だって律は恭子に笑顔をいっぱい与えてくれた。

あんないい兄弟に、興味がない真也はどうかしてるよね。


路加を演じている山口祐輝君のことを、

ちょっぴり知っているという方から

メッセージを頂いたのだけど、

昼ドラは撮影が大変だから、

祐輝君は幼稚園も通えないぐらいに大変なんだって。


考えてみると、今まであんなに小さな子が、

昼ドラのメインで演技することって、なかったのでは??

私が昼ドラを録画して見るようになったのは

この数年のことだから、はっきりとは分からないけど。


昼ドラの撮影も大変だけど、

これから祐輝君がどんどん有名になったら、

賛辞もあれば、批判も受けるし、

周囲から嫉妬をされたりもすると思うから、

本当に大変なのは、

ドラマが終わった後かもしれないね。


原作と違ってドラマに夕子が出てこないことを、

私がいろいろと書いたものだから、

原作と比べて見ないようにというメッセージも頂いたけど、

なにせ2011年ごろからの愛読書だから、

思い入れが強くって…。


でも、このドラマの出演者を応援している立場なら、

ドラマを見ないほうがいいかもしれない、というのは、

言ってはいけない言葉だと思うよ。

だって、初めはいまいちだと思っているドラマも、

見ているうちに次第に好きになることもあるのだから。


現にドラマに夕子がいないことにも慣れてきた。


ま、こんなことはドラマの感想には

関係のないことだけどね。


路加を演じている山口祐輝君、

どうか体調に気を付けて頑張ってね!


昼ドラに子役が登場する場面が多いということは、

周囲のスタッフも何かと大変だろうと思う。

子役の場合は撮影時間に制限もあるだろうし…。

付き添いの保護者もハードだろうね…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.16

ようこそ、わが家へ 最終回 感想

終わってしまいました~。もやもやした感じで…。


もしかして、ラストの様子からすると、

続編を作るつもりでしょうか?

怖い余韻を残しただけなのかな?


猫ちゃんが少し大きくなったよね。にゃー


健太の毅然とした態度を見たニット帽の男は、

思ったより簡単に謝ったので、拍子抜けでした。


太一の出向は終わり、真瀬との対決も終わり、

優秀な部下、摂子ともお別れになりました。

真瀬の詐欺のからくりは、ややこしかったね。そう思うのは私だけ?


明日香は本を出版するのかと思ったら、

1冊だけ本にして、倉田家に進呈。


自転車のサドルを明日香が傷つけた部分は、

いらなかったようにも思うけど、

最終回で時間を延長した分、

何か付け加えないといけなかったのかもね。


七菜はアナウンサーになれて良かったね。

七菜だけはスツキリ!



原作のほうがスッキリ終わった感じでした。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.12

恋愛時代 11話 感想

銀一お父さん、泣かせてくれるわ~。


ずっと前からラジオの恋愛相談に、

はるが電話をかけていたことを、

お父さんは気づいていたのかもしれないね。


「その人ば好いとっとね」と長崎弁が出たときに、

ん?どうした?と思ったけど、


「好きならその気持ちを大事にしなさい。

そのことで誰かが傷ついたとしても、

他の人の気持ちまで、
お前が全部背負う必要はない。 な、はる」


うわ~ん、涙がちょっと出ちゃったよ。

長崎弁よかよか。


でも結婚式はすぐに始まってしまう。

理一郎は結婚してしまうよー。


はると理一郎の赤ちゃんが亡くなった日、

理一郎は赤ちゃんとずっと一緒にいたことを、

はるには言わずに過ごしてきたけれど、

はるの気持ちが落ち着いたときに

話せばよかったのにね。


もしも海江田が話さなかったら、

理一郎はそのことを永遠に胸に秘めていたんだね。


喜多嶋先生の奥さんは、

離婚届がまだ提出されていないことを知って

泣いてしまった。


この2人は元サヤだな。

そしたらはるがひとりになっちゃう。


理一郎は多実子と結婚しても、

また離婚して、はると一緒になるのかな?


はるが2人の婚姻届を提出しなかったら、

理一郎は多実子とうまくいかなくても、

離婚しなくても済むのに…。


前回の感想で、

次回が最終回と書いたような気がするけど、

違ってました~。まだありました~。すまん。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.11

美女と男子 9話「戦いの始まり」 感想

遼と右京の対談が面白かったね。

一子は止めようとしていたけど、

取材する側はもっとやれって感じで。


この2人はライバルとして、

これから競っていくんだろうね。

遼はゴーグルファイターの役で人気が出始めたけど、

初めのうちはオーディションでも、

右京のほうがいい役をもらえるんだろう。


たどころ晋也は「ロックスナック ハロー」で、

楽しそうにやってたから安心したわ。


昼はランチもやってるそうだけど、どんなメニューかな?


たどころが遼のために歌ってくれた歌が、

どっかで聞いたような歌詞ばっかりだったね。

前はハローハローマイラブ♪と歌っていたのに、


今度は「グッバイマイベイビー♪、

あほやけど好きやねん♪」

笑えるわ。


ひのでプロの社長は鹿児島県で何してるんだろ?


「咳をしても一人」と書かれた葉書が、寂しさを表していた。


一子は尾崎放哉とすぐに言い当てた。物知りだね。


忙しい一子は必至でお母さんもやろうとしていた。

やっと一子の母親らしい顔を見ることができたわ。


梨花は夫とうまくいってないのかな?

そんな感じが少し漂ってたような気がした。


IKKOさんが演じる料理研究家、新見正之も

オフィスイシノに所属しているから、

これかも出るのかな?

「料理はLOVE」がモットーみたいだけど。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.11

心がポキッとね 最終回 感想

白神先生の横に写っていた女性が、

まさかあの人だったとは!


「白神君」

「かよっち」


元カレから今カレになった2人。

白神先生の声が聞けてスッキリしたね。


心さまは旅に出たのかと思ったら、

結婚指輪の石を自分で掘りに行ってたのか。

なんか心さまらしいエピソード。


前回はみやこのおじいちゃんの代わりだった春太は、

最終回では静のお父さんの代わりになって、

静を送り出す父親のような気持ちで泣いてしまった。


妙な関係の4人だったけれど、

春太もみやこと結ばれたし、

涼も恋が始まりそうだし、

ストーカー女の恋の相手も見つかったみたいだし、

み~んなハッピーエンドで良かったね。


春太もお酒が入っても、

りの感情が爆発しないようになって何よりだ。


生きているということは、

泣かせてくれる人がいたり、

怒りを感じる人がいたり、

めんどくさい人がいたり、


そして、ドキドキさせてくれる相手いたりして、

時には心がポキッと折れてしまうこともあるけれど、

人と接することで、

また立ち直ることもあるってことだね。


…な~んてそれらしくまとめてみましたが、

実は寝る前に急いで早送りで見ました…。

急いで書いたので、どこか間違っていても許してちょ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.10

戦う!書店ガール 最終回 感想

閉店後の書店を頑張って開けるのはいいとして、

吉祥寺店の店員さんは、いつ寝ていたんだろうね?


交代で寝ていたふうでもなかったけど、ま、ドラマだし…。


普段は読めないような本も、あんなふうに書店の中で寝泊りして、

思い存分読むことができたら、参加する人は多いかな?


理子と田代は結局結ばれることはなかった。

そのほうが理子のお父さんも安心かもね。


三田君が理子さんに認められるような男になるまで、

果たして理子さんが待っていられるのか分からないけど、

余韻を残したラストではありました。

ブーケも受け取ったしね。


で、亜紀と小幡の結婚式が行われた。


いきなり!?  と私は思ったけど…。


吉祥寺店は存続できなかったね。

皆頑張ったのに。

志保さんがガツンと言ってくれてスッキリしたわ。


1話で亜紀の態度にイラッとして、

見るのをやめた人も多かったみたいだけど、

私はそれほどイラッとしなかったので最後まで見られた。


でも、最後の最後でまた

亜紀が理子の新しい職場にやってきたので、

ちょっとイラッとしてしまったのも事実。


理子さんは何の仕事をしていたの?

本の出版の仕事をしていたの?

自費出版の人の手伝いとか?

私はよく分からなかったけど、

書店を辞めても、

本に囲まれて幸せそうだった。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.09

ようこそ、わが家へ 9話 感想

陶芸教室の先生は民子の作った作品も好きだった。

民子に脅されていたのに、民子をかばった先生。


先生は初めから民子と付き合っていればよかったのに。


でも、民子にその気がなかったらダメか…。


珪子は八木(高田純次)とホテルの部屋へ入って行った?

それとも何か相談しに行っただけ?

この2人の関係はいかに?


健太は駅でニット帽の男を見つけて追いかけた。

でも、ドスドス蹴られて駅の階段から落ちてしまった。

殴り返さなかったのは正解だったと思うけど、

何とかして犯人に食い下がる方法なかったのかな?


その仕返しか、カラフルなペンキが

門のところに思いっきりかけてあったね。

監視カメラはどうした?


そして、ニット帽の男と一緒に写真に写っていたのが明日香!?


明日香はニット帽の男と連絡を取っていたということ?

健太の一家に復習したかったのは明日香?

どうなってんだ~。


太一は真瀬部長とバトルが続いているが、

ナカノ電子部品の出向が終わるまでに、

摂子と協力して頑張ってほしいもんだ。


七菜は今度こそ就職先が決まるといいね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.08

銀のスプーン 6話 感想

路加は、ごはんがアイスクリーム!?

路加の母親はろくに子供の世話もしていないようだ。


律の作ったハンバーグ、きっと美味しかったろうね。

優しいお兄ちゃんが毎日お弁当を持ってきてくれたら、

路加のお腹も心も満たされそうだ。


だけど路加は、あんなお母さんでも好きなんだろうね。


律は実の母親・真也と話をした。

路加が「おにいちゃんはお父さんと似ていた」と話したことで、

真也も律のことを自分の息子だと気づいたようだ。


でも、路加にも律にも興味がない真也。


実の母親に会えたのは良かったが、

息子が会いに来てくれたというのに、

あんな態度を取られたら、

律は相当ショックだったと思う。


でも、可愛い小さな弟と出会ったことで、

律の気持ちが弟にお弁当を作ることに向いたから

ほんの少しだけ救われたかもしれない。


6話は路加のセリフが多かった。

最近の子役はみんなすごい。

小さな子でも長いセリフをすらすら話せる。


ドラマの銀のスプーンは律と路加を中心に、

ドラマは続いていくのかもしれないね。

最後まで夕子は出てこないということかな?



6話はドラマを見るのが深夜になってしまいました。

ちょっとバタバタしていて、毎日感想を書くのがつらいので、

昼ドラの感想はとびとびになるかも…。




続きを読む

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.06

恋愛時代 10話 感想

婚姻届 離婚届


自分と関係ないとは言えないけれど、

はるが提出するのもおかしな話だね。


しかも、多実子からは牧師役まで頼まれちゃってさ。


「はるさんにも結婚式に出席してほしい」

という程度なら分かるけど、牧師って…。


はるは理一郎のことがまだ好きなんだよね?


鍵を返し忘れていたにしても、理一郎の家に

勝手に入るというのもなんだか…て感じだけど、

はるの気持ちは分かる。


理一郎との出会いの記念の本、

「ルドルフとイッパイアッテナ」は、

はるにとっては大切な本なんだね。

やっぱり好きなんだなぁ、理一郎のことを。


多実子は海外へ行く話はなくなったことを

きちんと理一郎に話した。


理一郎も初恋の人と再び出会ったのだから、

多美子のことは、同窓会のあった日からずっと

気になっていたと思うし、結婚できて幸せだと思うけれど、


でも、理一郎もはるのことが、

心のどこかに引っかかっているんだと思う。


はるの大学時代の先輩も海江田も、

理一郎とはるがもう一度やり直すことを

心から願っているのにね。


喜多嶋先生も、初めは変わり者だと思ったけど、

はると付き合い始めてからは、そうでもないね。


でも、前の奥さんと一緒に暮らしていたころは、

喜多嶋先生は家でも変わり者だったのかな?


はるのお父さんのラジオはおもしろ~い。


お父さんのことを知っている牧師さんが、

お父さんの気持ちを代弁してくれた。


お父さんの大胆な発言は、

お父さんは元気だよと、

娘たちに知らせるため。ホントか?


「ど~んとぶつかって壊れたら、

小さな女の子になって慰めてもらいなさい」

てなことを、お父さんはラジオで言ってたけど、

はるは理一郎にもど~んとぶつかってみればいいのに。


結婚すると、その人の役割も

その時々で変わってゆく。なるほどね。


だからはるは、理一郎には、

一番いい理一郎でいられる結婚をしてもらいたい、

そう思っているんだよね?


理一郎は多実子と結婚して幸せになれるかな?


はるは喜多嶋先生と結婚して幸せになれるかな?



喜多嶋先生の奥さんも、

まだ喜多嶋先生のことを好きみたいだし…。



次回は最終回。←間違ってました。次回は11話


理一郎とはるが元のサヤに戻るのだったら、

周囲の人を振り回しただけの

恋愛ストーリーになっちゃうね…。

まあ恋とはそういうものかもしれませんが。



先週は途中で意識が飛んでしまいました。しかも、

録画していたのに、うっかり自分で消してしまいました。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.05

銀のスプーン(ドラマ) 5話 感想

環がお母さんの職場でパート!?


環って、バレエで留学していたけど、

腰を痛めて帰国したんだよね?


お母さんの職場を悪く言うわけじゃないけど、

環のキャラからして似合わないような…。


お母さんが退院して、キッチンで料理を作っている。

包丁の音がトントントントン。


調の嬉しそうな顔。


「やっぱ母ちゃんいるといいなーと思ってさ」


調は素直ないい子だなぁ。

律のようなイケメンではないけど、

中学生の男子って感じがいいね。


律が早川家にやってきたのは、

両親の結婚7周年の記念日。


子供がなかなかできない早川夫妻に、

いーっぱい幸せを運んできた律。


調がお母さんのお腹にいるとき、律は、

「生まれてくる赤ちゃんは僕が守る」と言った。


それを聞いたお母さんは、

律も調も分け隔てなく育てられると思った。

奏ができたときには、お母さんは

律が養子だということさえ忘れていた。


養子だということは、

律の20歳の誕生日に伝えるはずだったのに、

みつ子おばさんがうっかり話したばっかりに…。


ホントにみつ子おばさんは、うっかりが過ぎるわ。


律はお母さんと向き合って話したけど、

また泣いちゃったね…。


「口に出したらお母さんの子じゃなくなるような気がして…」


私なら律をぎゅーっと抱きしめちゃう。


律はお母さんの作ったオムライスをおかわりしたけど、

オムライスのおかわりって初めて聞いた(笑)


調も律が養子だと知ってしまったから、

これから苦しむことになるよね。


律は実のお母さんに会いに行った。

お母さんは不在だったけど、

そこで小さな実の弟に出会った。早い、早すぎる展開。


自分が幼いころとそっくりの実の弟が、

2階?から落としたのは、



銀のスプーン!



ドラマでは弟との関係をメインにやっていくのかな?




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.05

心がポキッとね 9話 感想

白神先生も髪の毛がふさふさの頃があったのね。

ふさふさ髪の白神先生の横に写っていたのは誰?

あの写真が気になるわ~。


みやこみたいな患者ばかりきたら

白神先生も商売あがったりだ。

宅配のピザまで注文されちゃって、

白神先生もお人よしだね。


最終回では、ひと言ぐらいしゃべってくれるかな?白神先生?


心さまは「旅に出ます」と書置きしてとんずら。

ちょっと待ってちょっと待って心さま~。

逃げるのはずるいよ。


静は心さまの地雷を踏んじゃったもんね。

自分からプロポーズしたかっのに、心さまは。


心さま、どこへ行ったんだろう。。地下鉄


涼まで心が折れちゃうとは、男性陣が次々アウトか?


春じいこと春太とみやこは微妙な感じ。

「うにょうにょしてなさい」って静に言われてたけど、

最終回はどうなるのかな、この2人…。


みやこは春じいにアドバイスされて、

モデルに挑戦したけど、つらかったんだね。

今が楽しい生活がしたいみやこ。


将来のことを考えて、若いうちから

つらくても我慢して頑張るほうのがいいのか、

毎日楽しく楽しく暮らす道を考えるのがいいのか、

私にはよくわかんないけど、

自分を認められるような仕事を持つことは、

生きがいにもつながる気がするけどなぁ。


みやこが好きな仕事が見つかるといいね。


みやこはストーカー女とも、向き合えるようになった。

春じいのおかげかな?


最終回はみんなが幸せになれるといいね。

心がポキッとならずに、

シャキッと幸せになるといいね。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.03

戦う!書店ガール 8話 感想

理子のお父さんは勘が鋭いなぁ。


田代のことを何か知っているのかと思ったら、

勘で、あの男はやめとけと言ってたとはね。


田代は初めは理子を引き抜くつもりだったけど、

いつしか本気で好きになってしまった。

だけど戸籍上は奥さんもいるしなぁ。


奥さんも勝手な人だ。


奥さんだけなら離婚できるかもしれないけど、

子供も東京へ出てきたし…。

そう簡単に別れることはできないよね。


田代に詰め寄った三田君。

手がぷるぷるしてた。


三田君は今は理子さんが好きだけど、

三田君には理子さんよりもっとお似合いの人が

どこかにいるように思うんだけど…。


亜紀は小幡と付き合っていくみたいね。

小幡とちゃんと話せたのは理子のおかげ。


理子は亜紀のやる気に救われてきたが、

亜紀は理子の優しさに救われた。


吉祥寺店もピンチを切り抜けたけど、

新たな企画はうまくいくのかな。

うまくいくに決まってるか、次は最終回だし…。


理子は田代とうまくいくのかな?

まさか三田君と!?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.03

美女と男子 8話「君こそヒーロー」 感想

遼がひのでプロの救世主になりそうだったのに、

詐欺事件が足を引っ張ってしまった。


ひのでプロが倒産したら、

たどころ晋也はどうなるんだ!?


…そこじゃなくて。


一子は夫を妹に取られてしまった。


でも、一臣が梨花についていかなくて、

一子は気持ちが救われたと思う。


「お母さんは強いけどホントは弱いから、

ぼくがママを守らないと」


とか言ってたけど、

一臣君、それはおじいちゃんに教えてもらったの?


「女は弱い生き物だから、男が守らにゃいかん!」

とか言ってそうだよね、おじいちゃん。


遼はオフィス・イシノに移籍して、

ライバルの右京と戦っていくことになる。

たどころ晋也もオフィス・イシノに入れてあげて。


IKKOさんが売れっ子料理研究家として出演するようだ。

どんだけ~。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.01

ようこそ、わが家へ 8話 感想

退院祝いのパーティーの最中に、

刑事がやってくるなんて…。

さすがのお母さんもびっくりだ。


明日香が冷静に対処してくれたおかげで、

警察まで行かなくてすんだお母さん。

任意同行は自宅で話をすることもできるんだね。


陶芸教室の先生が逮捕されちゃったけど、

盗みをしていたのは、先生だけではなくて、

民子も盗んでいたってこと?

民子の家の庭は酷かったな。


倉田家は泣きっ面に蜂が何匹も刺してる。可哀想。


民子がヤバイと健太は気づいたけど、

家を燃やされる前にお母さんを助けなきゃ。

どうやって助けるんだろう?

民子は灯油をまき散らしていたね。


もしかしたら、民子も盗聴してたのかな?


民子は先生からもらった時計に

盗聴器が仕掛けられていた事に気づいて、

皆にはそのことを話さずに、

自分も盗聴してたとか?


で、ニット帽の男はどうなった?


倉田家をじっと見ていたニット帽の怪しい人物は、

後姿が女性だったような気がする。民子?


太一は会社で相変わらず大変そうだ。

真瀬に書類を取ってくるように頼まれた社員はいい迷惑だね。





テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2015.06.01

銀のスプーン(ドラマ) 1話 感想

コミックの印象が強かったせいか、

私の中では律はもっと大人のイメージだったけど、

高杉真宙の演じる律もイケメンでいいね。


律の母親役は、原作のイメージでは、

バイト先の小川さん(藤田弓子)のほうがピッタリだけど、

年齢的に合わないから仕方ないか。


お母さんが入院することになり、

家族の料理を作ることになった律。


手つきがまだぎこちないけれど、

これから回が重なるごとに、上手になっていくのかな。


愛情がこもった律のオムライス。

お母さんのレシピを見て、これからも律は奮闘するんだろう。


律のようなイケメンのお兄ちゃんに

心をこめてオムライスを作ってもらえたら幸せだ。

奏と調のイメージは原作とピッタリかも。


1話でいきなり路加もチラッと見られた。

話が進むのが早いね。


期待しすぎたせいか、原作に思い入れがあるせいか、

まあこんなもんかな…と思ったことはここだけの秘密。

秘密になってな~い。。


関連記事→銀のスプーン原作コミック感想


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR