FC2ブログ
   
02
9
16
19
23
   

ゴーストライター 4話 感想

リサの息子・大樹(高杉真宙)は、

反抗的な態度をとっているけれど、

リサが最近出版した3作品をすべて読んでいる。

本当はお母さんのことが好きなんだ。


好きという気持ちの裏返しで、

大樹は反抗してしまうのかな?

予告で、遠野リサにはゴーストライターがいる、

と誰かがネットに書きこんでいたけど、

あれは大樹のしわざ?


リサの作品はすべて由樹が書くようになった。


編集者の真奈美(菜々緒)は、

由樹の著書「二番目のわたし」と、

リサの最近の作風が似ていると言った。

颯人(三浦翔平)より先に気付くなんて、

勘の鋭い女。ていうか、颯人が鈍感…。


由樹がリサのゴーストライターとして書いた作品は、

次々とベストセラーになるのに、

由紀が自分の名で出版した「二番目のわたし」は、

ほんの少し売れただけ。


イライラがつのる由樹。

対して、リサはハラハラ。

由樹が書いてくれないと困ったことになる。


初めはリサのほうが高慢な態度だったのに、

由樹のほうが立場が上になってきた。

由紀にひれ伏すリサ。


映画の原作「エターナルレシピ」も、

由紀が書くことに。


リサの作品をよく知っている人なら、

句読点や改行、漢字の使い方も違うと思うから、

「ん?」と気づくような気がするけれど…。

由樹はリサのファンだったから、

文章の書き方が、似た部分もあるのかな?


ワインを選ぶとき、どれくらいの人が、

ラベルを見ないで味が分かるのか?

ワインと同じで、今や遠野リサの作品は、

ラベルはリサ、中身は由樹。


由樹は多くの人に自分の作品を

読んでもらえる快感を知ってしまった。

リサというラベルがないと、

由樹はその快感を味わうことができない。


遠野リサと川原由樹。

小説家とゴーストライター。

時に私が彼女を支配し、

時に彼女が私を支配する。


「私たちもう離れられないわね」

「共犯者ですから」


予告で、由樹がゴーストライターであることを、

ばらすような発言をしていたけれど、

次回はまだ5話。ちょっと早すぎる。

「ゴーストライターがいるのでは?」という噂を、

打ち消すために、

由樹がフォローの発言をするのでは?

と私は予想したけど、違うかな??



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR