2014.11.29

赤と黒のゲキジョー『前科ありの女たち』 感想

期待せずに見始めたけれど、

テンポよく進んだせいか、

けっこうおもしろくて

気が付いたら、最後まで見ていた。


10年前に起こした殺人の罪で服役していた

石神由紀子(安田成美)は仮釈放となり、

出所して初めて入った食堂で、

由紀子と同じ日に仮釈放となった

逢坂みのり(相武紗季)と出会った。


その時は、由紀子はみのりと、

関わる気はなかったけれど、

就職先のお弁当工場で顔を合わせる。

部屋まで一緒。


由紀子だけでは暗いドラマになったと思う。

みのりの明るさが、

バランスよくドラマを盛り上げていたね。


由紀子の元夫は、昔、闇金に借金があり、

しつこい取り立て屋を襲ってしまった。

その一部始終が花巻の監視カメラに映っていた。


花巻がその映像を警察に提出すれば、

つかまったのは由紀子の夫だったけど、

花巻は事実を黙っているかわりに、

由紀子を抱かせろと脅した。


花巻は悪代官みたいな男だよね。


由紀子は夫に、花巻の家の、

マトリョーシカを全部

持ち帰ってこいと言われて…


花巻はマトリョーシカの中に、

監視カメラの映像を録画したビデオの

隠し場所の鍵を入れていた。

マトリョーシカの数だけ、

由紀子を抱かせろと脅すなんて、

とんでもない奴だ。


だけど、自分の罪を隠すために、

妻を人身御供に差し出す夫は、

もっと、とんでもない奴。

しかも、最後には由紀子を刺した。


由紀子の息子の俊君は目が見えない。

由紀子は自分が死んだら、

角膜を俊君に譲るつもりだった。


俊君の目は生まれつき見えないのか、

病気をして見えなくなったのか、

私はしっかりと見ていなかったせいか、

よく分からなかったけれど、


目が不自由なのに、母親は殺人犯で、

養護施設で苦労したろうね。

中学を卒業したらどうするんだろう?


みのりの元カレも最低な男だったけど、

500万だけでも返してくれて良かった。

みのりは食堂を開店できたもんね。

みのりは由紀子と一生懸命働いて、

2人とも幸せになるといいなぁ。


刑務所前にある食堂。

前科者お断りの島田洋七が店主の店と、

出所した女性を温かく迎える

みのり&由紀子のお店。


細かいことは気にせず、

さーーーと流して見たので、

お店を持てて良かったね、と、

気持ちよく見終えた。


由紀子は元夫に刺されたけど、

警察には言わなかったよね?

由紀子が死ななくて良かったよ。

俊君のためにも。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.28

ディアシスター 7話 感想

美咲は陽平が好きなのかと思ったら、

実はお姉ちゃんが好きだった?

はあ?って感じ。


昔の話はさておき、

美咲が宗一郎の子を

身ごもるようなことをしたのは、

宗一郎が好きだったからではないの?


お姉ちゃんを取られたくなくて、

妊娠まではしないでしょ?


美咲が妊娠したことを、

宗一郎から聞かされた葉月は、

さぞかしショックだったと思うけど、

妹に子どもができたことを喜んでくれた。

お母さんも。

良かったね、美咲。


ハチは自分の夢を

追いかけることにしたようだけど、

あの程度では、プロとしてやっていくのは

かなり厳しいと思うんだけど…。


練習に必至なハチ。

美咲の電話に気付くはずもなく。


美咲、苦しそう叫び

流産しそうなのかな?

それとも、病状が悪化したのかな?


宗一郎は美咲が陽平といるのを見て、

イラッとしていたね。

本当に美咲のことが好きなの?

前の奥さんも幸せにできなかったから、

義務感から父親になろうとしているだけ?


美咲が無事に出産できるといいね。

でも、子どもより母体が大事。

誰か美咲を助けて!


ところで2400万円貯めるという目標は

どうなったんだっけ?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.27

ファーストクラス2 7話 感想

充と隆太郎のたくらみが明るみに。


『気をつけよう。暗い夜道とおしゃれヒゲ』


蘭子CEOは、政治家への不正献金疑惑を

株主総会で竜子に暴露されて、

CEOから、ただの蘭子さんへ戻りましたとさ。


で、予定通り充がCEOに。

蘭子さん、はめられました~。


ちなみ達の次なる試練は、Tシャツ勝負

「TATSUKO YANO」vs「TATSUKO YANO JAPAN」


NGSホールディングスの

ファッションブランドの店頭で販売して、

負けたほうのブランドをつぶす。


久々にMIINAが登場したね。

今はMIINAではなく、ファーストクラス編集部、

本名の鈴木良子(すずきよしこ)として登場。

20代の女性の読者アンケートをちなみに見せて協力した。


懐かしい白雪も登場。

ちなみにチクリとお説教。


「人は使うもんやない。

人は助け合うもんや。

それを教えてくれたのは、

あんたやなかったんか?」


気持ち新たに頑張るちなみ。

とっても素直なちなみさん。


「好きな女の子の名前に自分の名字をつけて、

それをプロポーズに使うとか」

という久志のTシャツのアイディアに、


「きもい」とちなみとさくらは言いながら、

「そのアイディア、ありかも。(笑)」


なんだかファーストクラスじゃないみたいな…。

笑うほどおもしろくもなく。


ちなみ達の「TATSUKO YANO」が勝ち、

めでたしめでたし、かと思ったら、

それは充が裏から手を回してのことだった。


充の不正買占めで、ちなみは勝った。

それを見抜い廣木リカ。


本当の戦いは、充vsリカメラメラ


不正買占めを暴けば、

充をCEOから引きずり落とせる。


でも、リカは自分はどうなってもいいから、

吉成ちなみをブランドのトップに

就任させて下さいと言う。


ちなみはクリエイティブディレクターにも

すぐに就任できたけれど、これで

ブランドのトップに就任できたら、

一見、戦っているようでいて、

メッチャとんとん拍子だね。


周りでごちゃごちゃもめているようでいて、

ナミ絵たちは何もできなかったし。

結局はちなみだけがおいしい汁を吸う仕組みか?

そして、皆、仲良し~、助け合い~みたいな?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.26

きょうは会社休みます。 7話 感想

あわわわ、バレちゃったよ大城さんに。

花笑と田之倉が付き合ってることが。


花笑が旅行用キャリーケースを

会社に持ってきているのを見つけても、

バーゲンセール行くと思い込んでいた大城。

やっと、気づいたかって感じ。


マモル+田之倉=マモ倉あせる


大城にバレたら、皆にバレちゃうね。

掃除のおばちゃんにもバレちゃうよ。


だけど、田之倉は大学院へ進学するつもり。

花笑は一般職から総合職へ転職しませんか?と

課長の立花から言われて、昇進のチャンス。


同棲する計画も、なくなったし。


田之倉は大学院に行くからいいとして、

花笑は会社でつらいかもね。

会社の皆に、「私たち結婚します」と言えないのはね。


でも、2人の恋の炎はメラメラと!?


熱が下がった田之倉君に、

無意識にキスする花笑。

ちょっと前の花笑からは想像できない。


そして田之倉がひと言。


「今からする?」きゃ~。


熱が下がってすぐに大丈夫?

若いからできるか…。


花笑のお父さんは意外にあっさりと、

2人の同棲を認めてくれたね。

保証人にもなってくれたのに、

田之倉が大学院に進学すると分かったら、

お父さん、がっかりしないかな?


「人生には限りがある。

もう後戻りはできない」

と一度は思った花笑だけど、

どうするのかなぁ。


朝尾が言ってたように、

犬を飼ってる人は婚期が遅い?

そんなことないよね。

早い人だっているよ。


加々見は瞳とデートに誘うことに成功。

でもさ、瞳にどこが好きか聞かれて、

「顔が好き」、「初恋の人に似ているから」

と言うなんて、絶対モテないよ、加々見は。


瞳は朝尾の「生命力が強い」ところが好き。

花笑に言わせると、

「図太い」太巻きみたいに、だけど。


朝尾はCEOを解任されても、

すぐに次の仕事に着手して、

再び帝江物産とも取り引きするとは、

確かに生命力が強い。

それは花笑からパワーをもらったせいもある?


朝尾となら、花笑はすぐにでも結婚できるのにね。

だけど花笑に好きという気持ちがないから無理か。


大城が誰を好きになるのかも見守りたいね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.26

素敵な選TAXI 7話 感想

7話は面白かったビックリマーク


これまでは途中で眠くなってた私。

7話は最後までぜんぜん眠くならなかった。


OLの真理(貫地谷しほり)が、

元ヤンだろうなというのは、

すぐに分かったけれど、

それだけで終わらずに、

細かいひねりが効いてたね。


貫地谷しほりの元ヤンメイクや演技も、

きっちりしていて、楽しめた。


枝分さんが、真理を乗せて過去に戻り、

再びレディースに囲まれたシーン。

初代総長の真理は、

バスで婚約者とバスで…。


どうなるんだろうと思ったら、

カンナちゃんは6代目総長だったとは!


苦露悪惨(クロワッサン)の初代総長の真理と、

6代目総長カンナが、

地元に同じ日に帰省するなんてね。


7話では枝分さんは、

真理に過去へ戻ることより、

この時点から始めることを勧めた。

それも新鮮だった。


婚約者の内藤彰(葛山信吾)は、

真理が元ヤンだということに、

何となく気づいていたというオチも良かった。

さすがCEO。人を見抜く力がある!?


「雑魚」とか、「よろしく」とか、

言葉の端々に使ってたことを、

真理自身は気づいてなかったのかな?


そうそう、真理が内藤に、

自分の過去を初めて話したときも、

再現ドラマふうになっていて楽しめた。


きっちりと作られた7話は、

すんごく楽しかった。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.23

リーガルハイスペシャル 2014 感想

古美門研介(堺雅人)の喋り方が、

日本エレキテル連合のおじさんみたいと思ったら、

黛真知子(新垣結衣)は、

うっすらあけみちゃんメイクだったね。

その他もいろいろモノマネがあって面白かった。


あの古美門が盲腸の手術であたふた。

さすがの服部さんも、

外科医はやったことがなかった。

料理が上手だから、料理包丁を

メスに持ち替えても服部さんならできそう。


新薬での治療で死亡した患者の妻(古瀬美智子)は、

赤目院長(古谷一行)の医療過誤と決めつける。

まあそう思う気持ちも分かるけれど。


今回の古美門の対戦?相手は、

たかり弁護士の九條和馬(大森南朋)だった。


古瀬美智子は昼顔に出演していたせいか、

たかり弁護士の九條と、夜はきっと…

などと、よからぬ想像をしてしまう私。

ダメよ~ダメダメ。


赤目院長は新薬の危険性を分かっていて、

製薬会社からの賄賂欲しさに

患者に新薬を投与して死なせてしまったのか!?


赤目の次女(剛力彩芽)の婚約者の

若手内科医・広瀬(東出昌大)は、

危険性は分かっていたと法廷で証言。


しかし、赤目院長は死ぬ寸前まで、

新薬のデータをまとめていた。

決して、患者の死が無駄になったわけではない。


「医は仁術」か「医は科学」か?


う~ん、むずかしいところだ。


難病にかかり、もう治らないかもしれない、

でも、この薬を飲んだら、助かる可能性もある。

さて、どーしますか?と聞かれたら、

私はお願いしますと言ってしまいそうだ。


古美門の受けた盲腸の手術でさえ、

うまくいかない可能性だってある。


私も手術を受けた経験があるけれど、

術後に悪化する可能性はわずかでも、

「まれに…」と医師から説明を受けると、

少し不安になるものだ。


手術を受けるとき、本人と、

そして家族にも説明があるが、

私が以前、手術を受けた時は、まず私だけに、

担当医が優しい笑顔で説明してくれた。


しかし、「悪くなる可能性もあるんですよね?」

と手術前の説明で改めて家族が聞くと、

「だ・か・ら、それは最悪のことを

話しているのであって」と大変機嫌が悪かった。


医者も人間だから、

手術を何件もかかえていると、

疲れて機嫌の悪いこともあるのだ。

と分かっていてもドキドキした私。

私が受けた手術は、その時はまだ保険適用外の手術だったし。


医は科学であるから、

何件もの実例をふまえながら、

データを集めて、その結果保険適用になり、

安くで治療が受けられるようになったりもする。


赤目院長の医は科学。

それは理解できるとしても、

患者が死亡すると、

早くベッドを空けるように言ったのは、

そんなこと、今言う必要ある?と思ったわ。

それに、院長が言う必要ないし。


赤目と広瀬を足して割ったら、

ちょうどいいかもしれないね。


今回も古美門は最後まであきらめず、

和解はせず、弁護士として戦うことを選んだ。

たかり弁護士も頑張ったけど。

古美門先生は鋭い観点から突っ込んだね。


医者が患者の名前を憶えていないというのは、

よくあることだ。

1度きりの手術なら分からないこともないけど、

患者としては、ちょっちゅ寂しく感じるね。


ドラマを見るのは楽しかったけど、

感想はどう書こうか迷って時間がかかったわ。

それに、一夜明けてから感想を書いたら、

役名とか、忘れちゃってるし…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.21

ディア・シスター 6話 感想

葉月と陽平はうまくいきそうな雰囲気。

陽平は横断歩道を挟んで、

プロポーズしたけれど、

葉月はOKするのかな?


たぶん美咲は陽平のことが好きだ。

お姉ちゃんの結婚相手に、

陽平を選んだという時点で、

美咲は陽平を好き♪ってことだもんね。

本人は気づいていなかったかもしれないけれど。


美咲は20歳のときに、

全身性エリテマトーデス(SLE)と診断された。

今は体調が安定しているが、

まだ薬を少し飲んでいる。

そして、心配なのは、

妊娠や出産で悪化する可能性があること。


私の電子辞書によると、

若い女性がかかりやすい病気らしい。

良くなったり悪くなったりしながら

慢性化していくと書いてあった。

自分自身の体の組織に、

障害を与える抗体ができて、

さまざまな臓器に炎症を起こす病気。


美咲が病気のことを隠しているのは、

ノートに書いた目標をクリアするため?


葉月とお母さんも仲直りできて良かったけど…。

お父さんが事故に遭った原因は、

お母さんがお父さんに買い物を頼んだからではなく、

葉月がアイスを買ってきてと言ったから。


そうだったのか…。と思う前に、

あのお喋りな美咲が、これまでずっと

そのことを黙っていたなんて、

どう考えても不自然だ。

お母さんに口止めされても、

美咲の性格ならお姉ちゃんに言うよね?


永人は就職先を探しても、

なかなか見つからなかったけど、

就職しようと思ったのは、

美咲を守ってあげようと思ったから?


美咲はルックスとセンスがいいという理由で、

アパレル関係の就職の面接に即決で合格。

妊娠しててもOK。

運が良すぎるぐらいにいいね。


お父さんの二十三回忌には、

永人と陽平も誘って温泉へ。

お母さんと葉月は仲直りできて、

陽平も葉月の浴衣姿に、

ドキッとしていい感じに。


あとはお姉ちゃんを結婚させること。


宗一郎は美咲のお腹の子が自分の子なら、

一緒に育てたいと言った。

だけど、美咲が好きなのは…。


予告からすると、やっぱ陽平だよね?違う?


美咲は宗一郎をなぜ避けるの?

信用できない男なの?

でも昔は好きだったんでしょ?

好きだから、妊娠するような事もしたんでしょ?

私の頭の中は「?」が飛び交ってるわ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.20

ファーストクラス2 6話 感想

レミ絵とナミ絵。

この姉妹の戦いが怖い。ドクロ

ナミ絵のほうが怖いと思ったけど、

どっちもどっちか。


結衣のほうがもっと上?

久志も結衣の毒牙に!?


男に首輪つけてもて遊ぶのが好きだね、ファーストクラスは。

前作のファーストクラスでも、そういうシーンがあったよね?


廣木リカは窮地に追い込まれつつ。

ファッションでは血みどろの戦い宣言。


そして、セーラー服反逆同盟メラメラ


ちなみ達は、YURINAの通う高校の

制服を作ることになったけれど、

YURINAが生徒会長のせいか?

ご学友もみんな怖い。


「ちょっと派手目なのをお願いします。

おばさん


デザイナーをおばさん呼ばわり。


でも、ご挨拶は「ごきげんよう」。


どのような制服なら、

お嬢様方のお気に召すのか?


YURINAこと、山内友梨菜(中川可菜)。

廣木リカの隠し子として育った身の上で、

性格までひねくれちゃったの?


でも、ちなみ達の仕事ぶりを見て、

母・廣木リカを見る目が

少し変わった友梨菜。


リカも娘を捨てたわけではなかった。

育てることを認めてもらえなかっただけ。

あらまあ。ファーストクラスにしては、

きれいに話がおさまったな。


さて、理事長が新しい制服に求めるものは…


皇室や歴史あるホテルの従業員の

制服に共通していることは、

お辞儀したときに、

下着のラインが見えないこと。


でも、サンプルで作った制服では…

下着のラインが見えちゃう。


明日までに作り直すには時間がない。

凪子のデザインか、ナミ絵のデザインか。

どちらを選ぶか。

凪子はナミ絵のがいいと。

ナミ絵は凪子のがいいと。

自分を主張するのではなく、

愛情をもってデザインを選ぶナミ絵と凪子。

2人に変化が?


制服は凪子のに決まった。

理事長もお気に召したようだ。


この学校の制服を、

40年前に作ったのは、

なんと竜子だった。

理事長が竜子ちゃんと呼ぶ仲か。


ちなみは凪子の指名により、

クリエイティブディレクターに。


株主総会は、何やら怪しい雰囲気。


充と隆太郎は何をたくらんでいるのか!?

一緒にビジネスしない?と充は言ってたけど。


今回は比較的、真面目に見たけど、

疲れるなぁ、ファーストクラスは…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.19

きょうは会社休みます。 6話 感想

大城さん、ケチャップかけ過ぎ~あせる

田之倉もギョッとしてたね。


そんな大城さんだけど、

同僚の観察力は鋭い。


花笑は人が良すぎて、

いつも失敗していることを

見抜いている大城。


頼りになる大城先輩がいて

良かったよね、加々見。

お掃除のおばちゃんにまで、

加々見が瞳を好きなことは筒抜けだけど。


花笑は、あきらめることを、あきらめた。

朝尾のアドバイスもあったからかな?

自分から仕掛けることも、時には必要だ。


花笑と田之倉と仲直りできてホッ。


「青石さんのどこがいいの?」と。

ひろ乃に聞かれた田之倉は、


「人として信頼できるんだ。

俺と誠実に向き合ってくれる」


確かに誠実さにかけてはピカイチだ。

ちょっぴり昭和な感じだけど。

ひろ乃もいい子で良かった。


「俺たちさ、一緒に住まない?」

ひゅ~ひゅ~。いいぞ田之倉。


田之倉は今のアパートより

少し広い所に引っ越して花笑と…。


嬉しいとは思うけど、

戸惑うだろうなぁ、花笑は。

それに、花笑のお父さんは、

結婚前に同棲することを許すかな?

結婚までは遠い道のりかもしれないし。


朝尾はマジでカッコイイわ。

私は朝尾派。

でも、私が20代前半だったなら、

田之倉派だったかも。


田之倉は焼きそばも、チャチャッと作れて、

部屋もきれいにしているし、

服装もヘアスタイルもいい感じだし、

清潔感があるよね。


加々見も壁ドンして頑張った。

少しずつ瞳の気持ちも動くのかな?


パトラッシュならぬマモルっシュも

悲哀に満ちて良かったわ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.19

素敵な選TAXI 6話 感想

6話は漫画のような背景の表現や、

漫画のコマ割りのようなシーンがあったりで、

よく考えられているなぁと感心しつつも、

やっぱり途中でうとうとしてしまった私。


ゴーグルを着用したり、

効果音もステレオになり、

ガムテープで貼ってあったね。


漫画もわざわざドラマのために作って、

創意工夫してあった。

漫画はドラゴンボールかワンピースみたいな??

どちらの漫画もよく知らないので…。


なのに、どーして眠くなるんだろう私?

BGMもシャレているのになぁ。


漫画家と編集者が、

焦点になっているのかと思いきや、

実はあの女が皆を不幸に陥れていたのか。

ふ~む。と感心できるところは多い。


なのに私は途中で飽きてしまう。

間延びした感じがする。なぜかしら?


枝分さんは後ろの座席ばかり振り返って、

危険な運転だと気になったけど、

時間を移動しているタクシーだからいいのか…。


月曜から夜ふかしの感想を書こうか…

と迷ったけれど、結局、ドラマの感想を書いた。


昨夜の夜ふかしでは、

お年玉年賀はがきの1等が

現金1万円になったと言っていた。

ちょっとうれしい。


年賀状もメールですませる人もあったりで、

売る側も大変そうだね。

契約社員でさえ、ノルマがきびしそうだ。

年賀はがきが売れなくて、自腹で買い取っても、

使い道もないもんなぁ。。。


中途半端な感想になっちゃった。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.18

信長協奏曲 6話 感想

「信長協奏曲 6話」を見ていた私は、

途中から授業に飽きて、

消しゴムで遊んでいる

学生みたいになっちゃったよ。

さっさと話を進めてくれ~みたいな。せっかちな私を許して。


「袋のネズミ」を暗示した、

「袋の小豆」の話は、

朝倉家記に載っているそうだけど、

ホントか否かは分からないみたい。

それだけお市が、兄・信長を

思っていたということは真実なんだろう。


信長と長政も時代が違えば、

親友になれたかもしれないのにね。


今日の味方は明日の敵。手裏剣


古田新太の演じた松永弾正(松永久秀)は、

信長とは因縁深い関係になるようだ。

でも、6話ではよく分からなかったね。

サブローと「笑っていいとも!」の話で、盛り上がっていたのは笑えた。


弾正(だんじょう)は刺青を見せびらかせて、

皆を怖がらせていたけれど、

あれほど華美な入れ墨は、

まだあの時代には無かったということかな?

そりゃ驚くわ。


ところで、サブローは、

織田家のために一生懸命なのはいいけど、

元いた世界のことは気にならないの?

「母さん、心配してないかなぁ?」とか。

そういう余計な考えを挟むと、話が横にブレるから、

わざとはぶいているのは分かるけどさ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.15

マッサン 42話 感想

久しぶりにマッサンの感想を。


「お誕生日おめでとう…お母さん」


やっと幸子が由紀子を

お母さんと呼ぶことができて、

めでたしめでたし。

だって土曜日だも~んの回でしたが。


エリーは歌がうまいねぇ。

それはいいのだけど、

なぜあのタイミングで蛍の光?


英語と日本語の歌詞は違うとはいえ、

英語の訳を知らない日本人が聴くと、

もうこれで終わり、さようなら~、

みたいな気分になってしまう。

そう思うのは私だけ?


結果的には幸子がお母さんと呼べて、

うまくいってよかったけど。


違う回でも、エリーが蛍の光を歌った時に、

同じように感じた事があったような…。


お誕生日の歌ではダメだったのかな?ケーキ


マッサンはウイスキーではなく、

パンの窯を庭に造って、何してんねん!?


予告を見ると、

「チチ キトク」の知らせを受けて、

実家に帰って、しばらく暮らすようだけど、

結局は実家でウイスキー造りを始めるの?




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.14

銀のスプーン 10巻 感想

銀のスプーン10巻 2014年9月発行

ちょっぴりネタバレあり。


10巻では奏(かなで)がいじめに遭った。

何でもないような事が発端になって、

しかとされた奏。


でも、奏には浩太という、

頼もしい彼がいて良かった。


好意で接すれば、好意が返ってくる、という

浩太のアドバイスに従った奏。


まあ現実的には、必ずしも、

好意に好意が返ってくるとは限らないけれど、

奏はその方法でみゆという友達ができた。


ところが、お次はみゆがいじめの標的に。

あるあるな展開だ。


みゆがうそをついて、

見栄を張っていたのはよくないけれど、

奏のクラスのいじめが怖いところは、

皆が悪いことをしている意識がなく、

正しいことをしていると思い込んでいるところ。


奏はその事をお母さんと話したことで、

みゆの気持ちを直接聞いた。

早川家はいい家族だね。


10巻は律の恋が描かれてなくて、

ちょっぴり私は残念だった。

デートへ行く律を、友達の斎木と優が

見送るシーンはあったから、

きっとうまくいっているんだろう。


イラッとするのはルカのママ。


美人なのに、なぜだかダメ男を

好きになってしまうのね。


ルカのママは、

まだ夜の仕事は続けているものの、

不動産関係の昼の仕事にもつき、

これからは、ルカと親子らしい生活が

できると思ったのに。


ルカの運動会に、

早川家の皆は行かないほうが良かったのかな?

そしたら、ルカのママは、

仕事を休んで運動会に来る予定だったでしょ?


運動会の日に仕事を休んでいたら、

年下のイケメンと付き合うこともなかった…かも?

う~ん、違う日に出会っても同じことになったかなぁ。


決してルカのことを嫌いではないのに、

男ができると、ルカは放ったらかし。

私には信じられないよ。

素直で可愛くて母親思いのルカ。

わがままも言わないいい子なのに…。

彼女の心が弱っているのは分かるけれど。


斎木と優は、律がいなくても、

仲良く?やっている様子。

斎木はおもしろいよね。


10巻は優の元カノ・キリコが登場した。

優はカレーチェーン店の御曹司だけど、

キリコはワリカンでと言う。昔から。

そんなキリコに、優はもう1度恋しそうだったけど、

キリコには彼がいるようで、残念でした。


11巻の発売予定は、来年の春。

律と夕子の恋をいっぱい描いてほしいなぁ。



銀のスプーン→11巻感想

銀のスプーン→あらすじ&8巻の感想



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2014.11.14

ディア・シスター 5話 感想

ついに美咲が永人にだけ、

皆に秘密にしていた事を話す。


とっても元気そうに見える美咲だけど、

これまでの展開から推測すると、

いい話ではなさそう。


キャバクラを辞めてしまった美咲。

2400万貯める目標はどうするのかなぁ。


宗一郎は美咲のお腹の子が

自分の子だと気づいた。

宗一郎に頼るつもりはない美咲。

どうして宗一郎よりも永人に頼るんだろう?


葉月は卒業式の日に、

宗一郎から美咲に届いたメールを

勝手に削除したことを認めて、

宗一郎にも話した。

そして、ずっと好きだったことも告白した。


宗一郎に告白したことで、

葉月は片思いにピリオドを打てたかな?


陽平も葉月に自分の思いを伝えることができた。

この2人は恋に不器用なところが似ているから、

うまくいくといいね。美咲もそれを望んでいるし。


美咲はお母さんの老後を心配して、

一緒に住もうと葉月に話したけれど、

お母さんは1人暮らしを満喫している様子。


そうなると、美咲は葉月のマンションの契約を

更新しなかったから、

住むところに困っちゃうよね?


美咲の本当の目的は、

お母さんの老後のことではなく、

お母さんと葉月を仲直りさせること。


皆が幸せになればいいけれど、

それならどうして、美咲は宗一郎に、

本当のことを話さないのかな?

その理由がいまいち分からないね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.13

ファーストクラス2 5話 感想

えぐい。

そのひと言につきる。


ちなみを襲わせて、

敵だと思っていた同僚が助けるシーンも、

果たして必要だったのかな?


NGSホールディングスは

政界とも結びついている。

ちなみが戦う相手は、政界にまで及んでいるの?



わがままERENA再び。


あんな高飛車なやりたい放題の女は、

ガツンと誰かが言ってやらないと。

でも、1度ぐらい私もあんなふうに振舞ってみたい気もする。


それにしても、

部署がコロコロと変わる会社だ。

パタンナーの3人以外全員異動。


リカは「会社全体のことを考えたまでです」

そしてちなみには、

「吉成さん、あなたを学級委員長に任命します」


裏切り者がでなければ、

うまくいったはずだけど、

そうはいかなかった。


隠し子のことをリークしたのは誰?

申し訳ありませんとナミ絵は言ったけれど、

それはコールセンターで身に着けた新しい技?

土下座と書いてコールド負けと読む?


途中早送りでけっこう飛ばして見た私は、

あまり把握できていない5話。

ファーストクラス2は面白いと思う人と、

つまらないと思う人に分かれるだろうね。

果たして私は6話は見るだろうか…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.13

きょうは会社休みます。 5話 感想

花笑の周囲はいい男ばっかりだ。

私も帝江物産に入りた~い。


大城さんもイケメンで明るくていい人だなぁ。

加々見のことも、

先輩としてよく面倒みてあげるし。

ところで、大城さんは誰が好きなんだろうね?


紅岩の大将もいい人。

花笑のことを心配してくれて。

田之倉君は気が利くタイプなのに、

なぜかひろ乃のことになると、

いまひとつ、鈍感なところがあるなぁ。


ひろ乃が持っている武器は、

『愛嬌、スマホ、手に職』

そしてとどめは、

『若さ』!!


花笑にしたら、

「参りました…」て気分になるよね?


5話を見ていると、

やっぱり花笑は田之倉より朝尾のほうが、

しっくりくるけれど、

それでは普通すぎるから、

結果的には田之倉と結婚までいくのかな?


朝尾も義理堅い男だ。

大量のブルノーブル産の

くるみを買ってもらうために、

費用の一部を自分で負担してまで、

帝江物産に迷惑をかけないように動いた。


こうなると、

瞳は朝尾をなかなか忘れられないよね?


加々見はせっかく大城がお膳立てしてくれたのに、

瞳に何も言わないんだもんなぁ。


朝尾はソーセージの工房に向かう際に、

花笑に奥さんの役を頼んだけれど、

地味な奥さんの役を、

意外にも花笑はノリノリでこなした。

「ね、あなた?」な~んて言ったりして。


CEOをクビになってから、

初めて笑うことができた朝尾。

花笑といると、朝尾は楽しいんだね。


ソーセージ工房の帰りに、

朝尾が海を見てたそがれて?いる間に、

ひろ乃は田之倉と飲み会。

メールで知った花笑は、

すぐにでも駆けつけたい気分。


なのに、朝尾は車の鍵をなくしたと…。

そのウソ、ホント?


花笑ピンチ。あせる

教訓。恋敵に情けは無用!!


果たして花笑の恋は、再び、

「サルーテ」、「ヒパヒパ」

「乾杯~!」となるのか!?


マモルの恋もうまくいくといいのにね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.12

素敵な選TAXI 5話 感想

婚活パーティーの目的が、

素敵な結婚相手を見つけることより、

女と女の戦いに。


女医 VS ナースメラメラ


女医さん美佐子を演じた吉田羊の演技は、

コミカルで面白かったけど、

大手商社勤務の工藤(袴田吉彦)が、

たぶん、とんでもない男なんだろうと、

予想できたせいか、

私は途中でうとうと…。


気づいたらドラマは終わっていた。あちゃー。

でも大丈夫。

枝分さんの選TAXIに乗らなくても、

録画していた素敵な選TAXIを見たから。


知美(浅見れいな)は

あれだけ計算できる女なら、

婚活パーティーなんか出なくても、

いい結婚相手をゲットできそうだ。


美佐子はお目当てをゲットした瞬間に、

どうでもよくなったみたいだけど、

あの性格では、

例え素敵な人と結婚できたとしても…。


選TAXIを5sとか6とか、

スマホのように例えたのはうまいと思った。

そして、吉田羊の演技に花丸合格

上から目線の感想で失礼しまーす。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.11

信長協奏曲 5話 感想

サブロー&明智光秀に成りすました信長を

演じ分ける小栗旬の顔つきが、

本当に違う人みたいに見えるわ。役者やのぅ~。


お市(水原希子)と池田恒興(向井理)の

切ない思いが伝わってきて、

じ~んとしたシーンもあったけれど、


お市は明るく幸せそうに、

浅井長政(高橋一生)のところへ

嫁いだから、まあいっか。


結婚はどんな形であれ、

そこからが始まり…。


歴史上のお市も綺麗な方だったようで、

長政にも愛された。


戦国時代でなければ、

長政とお市は、仲の良い夫婦として、

ともに白髪が生えるまで、

幸せに暮らせたかもね。


好きな人と結婚するという、

ごく当たり前なことが、

当たり前でない時代。

人質としてお嫁入りするなんて。考えられねー。


戦いのない世が当たり前の時代に

生まれて育った私たちとは、

毎日の緊迫感が全く違ったと思う。

昔の姫は強いねぇ。


指輪の儀式を長政にお願いしたのは、

サブロー?それとも、恒興?


赤いカーペットのバージンロードを

お市が歩いて、皆が花びらをまくシーンも、

ごく自然な感じがして、

うまく現代と過去がミックスされてたよね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.08

嵐『15年目の告白』(NHK)感想

嵐『15年目の告白』LIVE&DOCUMENT 2014.11.07


嵐のメンバーの年齢は31歳~33歳。

精神的にも落ち着いて、

カッコイイだけではなくて、大人になったねぇ。


今年ハワイで行われた大規模ライブは、

ハワイ史上最大級。

地元紙の報道によると、

ハワイへの経済効果はおよそ22億円!


ハワイは嵐がデビューを発表した思い出の場所。

デビューから15年を経て再びハワイに戻った嵐。


ライブ終了後5人で集まり、

今だから語れる本音を告白。


ライブの演出を担うのは松本潤。

出演するだけでも疲れるのに、

すべてを自分でやらないと

気が済まない性格なんだろう。

松潤の気合いの入った豪華な演出。

オープニングは何と、ヘリで登場。


櫻井翔は気づかいの人。

現地のスタッフの心を1つにまとめるために、

Aloha to everybodyと

プリントされたTシャツを着ていた櫻井。

嵐を支える陰のリーダーは、

櫻井翔だと大野は思っている。


でもやっぱり大野はリーダーだ。

大野以外のメンバーが足元を見ていなかった時期に、

「今、目の前にある事を頑張れない奴が

何頑張れるんだ」

こんな学校の先生みたいなセリフを、

若い時にスラッと言える大野はすごい。


そんな大野智も、

嵐をやめようと思っていたこともあった。

「長い休日とってとかできないじゃん」

5年以上たっている今だから話せたこと。


そうだよね、たまにはまとまった休みをとって、

仕事意外のこともやりたいよね。


相葉雅紀は、2002年19歳の時、

サックスに挑戦する企画で練習をし過ぎて

肺に穴が開き、仕事をキャンセルし緊急入院。


「2002年にね、もう終わりだと思ったの」


相葉が復帰したのは、

ハワイで行われたファンとのイベントの時。

ずっと嵐を続けることができて良かった。


今回のライブでは、二宮和也が肉離れを起こし

足がしびれるほどの激痛に襲われた。


メンバーの判断で、ジャンプでの登場を取りやめて、

ゆっくりと立ち上がるスライドアップ登場に変更。

その時、二宮を支えたのは、大野のあの言葉。


「今、目の前にある事を頑張れない奴が

何頑張れるんだ」


ライブが終わってから、

腰の治療を受けた二宮。2日目は万全の体調で。


次なるハプニングは突然猛烈な雨。


10周年記念のライブでも大雨が降った。

ライブの天候も時折は嵐なんだね。


でも、20周年記念のライブも、30周年も…

どんな嵐がきても、

彼らはずっとこの仕事を続けていくことだろう。

相葉君と大野君の涙にはグッときたなぁ。

前を向きなさいよと相葉君に声をかけた松潤も男らしかった。


わたくしごとですが、昨年から今年にかけて

こつこつと書いた小説「占いカフェの片隅で」の中に

出てくるカフェの名が、テンペスト(=嵐の意味)でした。

あの小説にも、嵐のようなイケメンを

登場させれば良かったなぁ、な~んて思いました。



テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.07

ディア・シスター 4話 感想

櫻庭先生は気づいちゃったね。

美咲の母子手帳に。

櫻庭先生が父親だからあせったんでしょ?


清水という男は、イケメンなのに、

強引で変な男だったよねぇ。

美咲を高級クラブのママにしたい気持ちは

なんとなく理解できるけど。


ハチがいなかったら、

美咲は大変なことになってたかも。

ホントにハチっていいやつ。


ところで、葉月の通帳から勝手に

100万円を頂いちゃうなんて、

お母さん、ちゃっかりしてるわ。

それで幸せになれたなら良かったけど、

400万まるごと持ち逃げされてるし。


葉月は櫻庭先生が好きなようだけど、

櫻庭先生と美咲の関係を知ったら…。叫び


初めはいい加減な女に見えた美咲は、

回が進むごとに、しっかりした人になってきた。

それはお腹の赤ちゃんのため?


もしも美咲が病気とかではないのなら、

美咲が陽平と結婚したら、

意外と気が合いそうなのにね。


美咲の2400万円貯める目標は継続。

お次は『お姉ちゃんを引っ越しさせる』。

どこに引っ越しさせるの?


美咲は葉月のマンションの

更新手続きをしていなかったよね?


区役所もやめてしまった葉月は、

これからどうするつもりなんだろう…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.06

ファーストクラス2 4話 感想

NGSホールディングスの

受付嬢になった吉成ちなみ。


制服も着こなしちゃうちなみちゃん。

「もう1000年前から

制服着てるような似合い方」ゲロゲロ。


で、受付嬢仲間からも、いじめに遭うちなみ。

踏んだり蹴ったりだね。


『きょうは会社休みます。』の感想を書きながら、

今夜もファーストクラス2を見たから、

あんまりよく分からなかったけど、

ちなみのピンチが続いていることは分かった。


ちなみは、間宮充の

言いなりになるのかと思いきや、

引きずり落とすつもりのようだ。


『TATSUKO YANO』でやった仕事を、

廣木リカと間宮充が利用して、

職人さんたちの名誉と技術の成果を、

無駄にしたことが許せないちなみ。


だけど、ファーストクラス1とは違って、

今度は戦う相手の規模が違う。

政界までからんでいる。


「雑誌を守るのとは次元が違う」


それでも戦うつもりのちなみ。

ファッション雑誌とは動くお金の額も違う。

9兆1500億円!?


「しかもあなたには何の後ろ盾もない」(留美)


資金も武器もないちなみにあるのは?


「私の武器はハサミだけ」


ハサミは布を裁断する時だけに使ってね。

まさか、総務部倉庫で追い詰められて、

グサッとやったりしないだろうね!?


ちなみを襲おうとしていた男は誰?

弁護士バッジ付けてた?

闇献金が必要な佐野という男と一緒にいた?


だんだんファーストクラス2の興味が薄れて、

よく見てない私をお許しくだされ…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.06

きょうは会社休みます。 4話 感想

お父さんにしたら、ショックよね。

30になる娘の彼氏が、大学生だなんて。


田之倉君も、花笑が好き=結婚と、

考える年齢ではないし。


花笑の彼が朝尾なら…。


花笑の両親がそう思うのも無理はない。

だけど、お父さんは花笑の気持ちを聞いて、

最後には分かってくれた。

いいお父さん。


田之倉のいいところは、多々あれど、

先に起きて、朝ごはんを

さささっと作ってくれるようなところもステキ。


「花笑さん、ごはんだよ」


いいねぇ、料理男子ビックリマーク


ところで、花笑は朝尾に、

高級車で家まで送ってもらったけれど、

朝尾が乗っていた車は何?


朝尾はイタリアの食品会社のCEOだから、

マセラティ?車


瞳も高級車に乗っているような

CEOの朝尾に惚れたのかな?


だけど、CEOは経営実務の最高責任者で、

雇われの身だから、解任されることもある。


朝尾は花笑が好きというより、

『あの年になっても

真っ直ぐな恋をしている人が好き』

とか言ってる場合ではなくなった。


花笑の会社とのプロジェクトが、

順調に進んでいたのに、

朝尾の解任ですべてがパー?

えーーー!?うっそー。


瞳は朝尾が花笑にフラれたことも、

ボーリングの2ゲーム目は、

わざと負けてくれたことも、

ちゃんと分かっていたけれど、


さすがにCEOを解任されることまでは、

考えてなかったよねぇ。

瞳は解任された朝尾に、

魅力は感じなくなるのかな?それでも好き?


グルノーブル産のクルミ、

どうするの?

加々見君、頑張ったのになぁ。

ビンゴだったのに、残念。

ボーナスどころじゃないよね…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.05

素敵な選TAXI 4話 感想

結局、朝倉陽平(勝地涼)は、

1億円の宝くじは換金できず、

町工場で地道に働くことになったけれど、

それが朝倉にとっては良かったのかもね。


うまく1億円を手に入れられたとしても、

仮に、宝くじの元々の持ち主が、

バスの中で落としたことを申し出て、

バスの中の防犯用カメラに、

朝倉が拾ったところが映っていたら、

1億円は手に入らず、犯罪者になってしまう。


4話は、これまでの中で私は1番良かった。

枝分のセリフの喋り方も、

それほどバカリズムと重なって感じなかった。

慣れてきたせいかもしれないけれど。


最終回で枝分(竹野内豊)はどうなるのかな?

TAXIに乗ったお客様の

時間を戻すことはできるけれど、

枝分自身の時間を戻すことはできないの??


ところで、宝くじの元の持ち主さんは、

無事に1億円を換金できたのかなぁ?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.04

月曜から夜ふかし 11月3日 感想

肌色のことを、最近では

うすだいだい色と言うのね。

肌色は差別用語か。なるほどねぇ。


ニートはレイブル。

働く気持ちがあっても、

働く機会がない人もいるから、

遅咲き、大器晩成型と。


ハーフはダブル。

ハーフだと半人前という意味になるから。

ダブルだとその人の価値を肯定的に打ち出す。

テレビでダブルと言っているのを初めて聞いたような気がするけど。


雑種はミックス。

ブランド化するためには、

雑種よりミックスのほうが聞こえがいいよね。


できちゃった結婚は授かり婚。

後ろめたい結婚をいかに盛り上げるか、

ブライダル業界が中心となり考えたようだ。


蛍の光は替え歌に!?

蛍の光の3番と4番の歌詞が、

意にそぐわないことから。


マツコが替え歌のことを、

「薄すぎない?」と言ってたけど、

確かに…。


『空より高く』(蛍の光)

君の心よ高くなれ~♪

空より高く高くなれ~♪


高くばっかりだ。


言葉は常に変化しているけれど、

何となく変化する言葉もあれば、

授かり婚やミックス犬のように、

業界が仕掛けていることもあるってことね。



テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.04

信長協奏曲 4話 感想

4話で印象的だったのは、

段蔵(早乙女太一)と木下藤吉郎(山田孝之)の

大立ち回り。

早乙女太一の殺陣がカッコイイ~。

だけど、やられちゃったから次回からは見られないのね…。


サブローの教科書を、

おゆきが盗んでしまった。

教科書とは知るはずもなく、

兵法書と思い込んでいる様子。

おゆきは越後の『くノ一(くのいち)』らしい。


竹中半兵衛(藤木直人)が美しい。

「その風貌、婦人の如し」という文献が

残っているとか。ピッタリの配役。

昔の婦人と、現在の婦人とでは、

違いがあるとは思うけれど。


塵も積もれば、いつか道になる!?

サブロー頑張れ。

小さなことからコツコツと。。


サブローは本物の信長と再会したけれど、

信長が明智光秀と名乗っているとはね。


ラストでは、山田孝之がこざっぱり綺麗になっちゃって…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.01

アウトデラックス 鬼束ちひろ 内藤みか

アウトデラックス 2014.10.30


鬼束ちひろ、34歳のバースデーケーキ


前回のアウトデラックスに

鬼束ちひろが出演したときは、

私は見てないのか、忘れたのか、

とにかく覚えていない。


ネットで鬼束ちひろを検索すると、

精神異常とか、精神崩壊とか出て、


「陰でちょっと泣いて、

もう知らん!ってなるんですよ」


と言っていたけれど、

今回のアウトデラックスでは、

可愛い鬼束ちひろが見られた。


鬼束の着ていた

江頭2:50の顔ドアップのセーターは、

お値段11880円

買いますか?私は遠慮しときます。


矢部とマツコに、恋愛していることを

見破られた鬼束は、

笑顔がきらきらしていた。


子どもが出来たら?

仕事を考えると今はない、

と鬼束は言っていたけれど、

できたら産むでしょうね、と。


「子どもを溺愛する気持ち悪い歌詞とか

書いてほしい」とマツコに言われて、


『寝返りなんてもうしない』

『夜泣きmy life』


すぐにそれっぽい歌詞が

頭に浮かぶのがすごい。

天才なんだろうね。


鬼束ちひろの後に出演したのは、

内藤みか(作家)1971年1月31日43歳


私が内藤みかを知ったのは、

ツイッターの本。


4年くらい前にツイッターって?と、

ツイッターがまるで分からなかった私は、

ツイッター関連の本を本屋で探していた。

その時に目にとまったのが、

内藤みかの『夢を叶えるツイッター』という本だった。


もちろん、ツイッターに登録してすぐに、

内藤みかをフォローした。

すぐにフォローを返してくれて感激だった。


アウトデラックスで初めて内藤みかを知った人は、

「えー、43歳なのに、22~23歳の人が

恋愛対象だなんて、ちょっとイタイ」

番組的に言えば、

「アウト!」と思ったかもしれないが、


内藤みかという人は、

すごいエネルギーの持ち主だと私は思う。

それに頭がいい。


世の中の人がどんなことを求めているのか、

どういう発言をすれば、自分が注目されるのか、

ツイッターその他で何を発信すれば、

皆が興味を持ち、財布のヒモをゆるめてくれるか、

内藤みかは知っている。と私は思う。


毎日超多忙だと思うが、

ツイッターで、「@」で声をかけられると、

次々と返している。


内藤みかには、

数学がずば抜けてできる息子さんがいるが、

学校の先生にいじめに遭ったりした。

そのことについて、内藤は本も出版している。


内藤みかがすごいところは、

アウトデラックスに出演して、

若い男の子が好き、などと発言したら、

息子や娘がどう思うだろう…とか、

学校で息子がいじめにあったのは、

親もおかしいからでは?と、

悪口を言われるかも…とか、

そういうことをぶつぶつ考えないところだ。


自分が面白いと思ったこと、

自分がやりたいと思ったこと、

皆が注目してくれそうなことに、

内藤みかは、まい進するのだ。


若い男の子に触る手段として、

手相を勉強したと言う内藤は、

矢部の手を握り、ずっと離さなかったが、

矢部は「嫌な感じはしない」と。


占い師のバイトをしたときには、

3000人の手相を観た経験があり、

占い師としても人気が出て、

鑑定してもらうのに、

半年待ちということもあったそうだ。


とても多才な人。

人とのコミュニケーションがうまい人。


最後に栗原類に壁ドンをしてもらった内藤。


「俺だけを見てろ」


類君の演技もなかなかのものだった。



テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR