2014.10.31

ディア・シスター 3話 感想

2400万円貯めるのが、

美咲の次なる目標。

何のために2400万円も貯めたいのかなぁ。

中途半端な額だよね?


美咲が病気で、

あまり長く生きられないと仮定して、

生まれてくる赤ちゃんを、

葉月に育ててもらうとして…


美咲の赤ちゃんが小学校にあがるまで、

お姉ちゃんが働かなくてもいい額?

年間400万×6=2400

う~ん、違うかなぁ。


葉月は美咲のおかげで、

わくわくドキドキな毎日になって、

良かったのか悪かったのか分からないけど、

つまらない毎日よりずっといいね。


公務員という安定した仕事を辞めた葉月。


葉月が陽平と結婚すれば、

2人でお店をやっていけばいいけれど、

そう簡単にはいかないようだ。


陽平が勇気を出して葉月を食事に誘ったのに、

宗一郎からのメールでおじゃん。


「ずっと連絡できなくてすまない。

もう悩みは解決したか?」


宗一郎は葉月でもOKなのかな?女たらし?

それとも、本当に葉月のことを心配して?


美咲の壁ドン、迫力あったね。

でも、あのままでは済まないよ。怖~。


お店で美咲に迫ってきた男は、

清水とかいったっけか?

ドクターのようだけど、

なぜ美咲の事を知ってるんだろう?


美咲はたくさんの名刺を持っていた。

これまでも、お水の世界で

働いた経験があるのかな?


感想がハテナマークだらけになってきた。


永人は美咲のことが好き。

美咲は永人は女性に興味がないと思っている。

ホントに?

あれだけキャバクラで男の人を

うまく扱える美咲なら、

永人の嘘に、気づいているように思える…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.30

ファーストクラス2 3話 感想

廣木リカは間宮充と組んで、

何をしようとしているの?

竜子も蘭子も裏切るつもりなの?


『TATSUKO YANO』はもうダメなの?


ファーストクラス2は、前作よりもつまらない。

と私は思う。


なんかドラマ全体の雰囲気が前作より暗い。

脅し、脅され、だまし、だまされ、

狂気の世界。


『トイレを制するものは会社を制す』


トイレでのんびりできない会社なんてイヤだー。


『バタフライハニー』に情報を流したのは誰か、

そんなことは、もうどうでもよくなってしまった。


凪子よりも、ちなみのほうがピンチ!

廣木リカの笑い方が不気味。


大五郎は強くなったけれど、

周囲の誰も信用できなくなってきた。

大五郎は、ちなみだけは信じられる?


本日は放送時間がズレたので、

裏番組の『きょうは会社休みます』の感想を書きながら、

ファーストクラス2を見ていたせいもあり、

ちなみの立場が悪くなった原因がよく分かんなかったわ。

言い訳…ぶつぶつ。。


ちなみの服が盗作されて、

訴訟を起こそうとしたけど、

ちなみの服に使われている生地に

人体に有害な化学薬品が使われていて、

自主回収することになって、

結局、ちなみは奈落の底に?


充は工場のせいにすれば、

ちなみは被害者として

デザイナーを続けられると言った。


でも、ちなみは工場の人たちに

責任を押し付けるようなことはできない。

で、ちなみのデザインした商品は全品回収。


最初から全部仕組まれていた?


う~ん、よく分かんない。

でも、今から録画したのを見直すのも面倒だ。


ちなみはピンチ。

それだけはよく分かったけど。

大五郎はちなみをこれからも助けていくんだろうね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.30

きょうは会社休みます。 3話 感想

『遊びだったら早めにリリースしてあげてね』


こんなセリフを田之倉に言うなんて、

朝尾は余裕だねぇ。


田之倉は落ち着いた雰囲気だから、

大学生というのを忘れそうになっちゃう。

福士蒼汰は役も実年齢も21歳。

いや~、落ち着いてるわ。


キスもうまくなったよね、福士蒼汰。

広末涼子とキスしたころと比べると。


『くれぐれも重い女にならないで』

と朝尾から忠告された花笑。


このドラマでは、玉木宏もいいわ~。

のだめカンタービレの時の玉木宏が

私は好きだったけど、

その時よりも、男の魅力全開。


「この際彼とは別れてさ、

俺と付き合わない?」


花笑はイケメン2人からモテモテ。


瞳はボーリングの点数が残念だったな。

朝尾は191点だっけ?うますぎ。

花笑も運動音痴かと思ったら、158点。


田之倉の部屋でシュシュ見つけて、

ピンチになった田之倉と花笑だったけど、


「こんなんで別れると思った?」


…と、田之倉から部屋のカギを握らされて、

抱きしめられる花笑。

田之倉、うまくフォローしたなぁ。


お母さんは気づいちゃったよ。

花笑のキーホルダーに、

201と記されたカギが加わったことを。

田之倉は2階に住んでたのか。


花笑のお母さんは冷静だけど、

お父さんは彼の話が出そうになるたびに

ドキドキしてどうでもいい話題を、

話し続けてしまう。


近いうちに、青石家でも、

田之倉の話は出るよね。


だけど、相手が大学生じゃ、

結婚相手としては賛成できないか。

ね、お父さん?


加々見は瞳さん狙い。

千葉雄大は可愛いタイプのイケメンなのに、

ドラマではいつも妙な役柄ばっかりだ。

ちょっと可哀想。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.29

素敵な選TAXI 3話 感想

やっぱり竹野内豊がバカリズムと重なってしまう。


バカリズム独特のセリフのしつこさを、

バカリズムのような口調で

竹野内豊が話すからだろう。


麻里奈(木村文乃)が、

妊娠は嘘だったと、枝分に話した時の、

竹野内豊のわざとらしい演技が、

けっこう鼻についた。


竹野内豊がバカリズムを演じるのをやめて、

竹野内豊の演技で枝分を演じてくれたら、

もう少し楽しめるかも(私はね)。


麻里奈は選TAXIで時間をさかのぼって、

不倫相手と別れるという人生を選択したけれど、

選TAXIで誰かが時間をさかのぼる度に、

同時進行でいくつもの世界が

存在することになる。

それって、どう処理されるんだろう?

放ったらかし?

それとも最後に選んだ選択肢だけが残るのはてなマークはてなマーク



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.28

信長協奏曲 3話 感想

今川義元を演じた生瀬勝久、

おもしろ~い。ばかばかしくていい!

ああいう役をやらせたら、ホントにうまいわ。


前田敦子がお春の役で出演したけれど、

村の娘を演じたら、前田敦子と言われても、

ピンとこなかったなぁ。普通の子っていうか。

それだけ役になりきっていたってこと?


小栗旬はボサボサのヘアスタイルでも、

どこかキラッと光っていて、イケメンだ。


サブローはタイムスリップしなかったら、

『天下を取る』ことなど、

これっぽっちも考えなかったと思う。


戦国時代は夢を追いかけるのも命がけ。


もうちょっとで首を斬られるところだったけれど、

辞世の句という言葉を

サブローが知っていたのが驚きだ。


『夏風に 揺れる生首 いとをかし』


ドラマだから笑えるけれど、

そうでなかったら、シャレになんねぇ~。


帰蝶はサブローにキツい。

だけど、自分が悪口を言うには許せても、

他の者がサブローを

うつけ扱いするのは許せない。

そういうことってあるねぇ。


キリッとした帰蝶の眉毛が印象的だ。

戦国時代の後半になると、眉を剃らず、

眉を残して整える化粧に変わっていったようだ。

帰蝶のような眉の描き方をしたかどうかは分かんないけどさ。


戦国時代は男も化粧をした!?

身だしなみを整えて、

気合いを入れるという意味と、

万が一、さらし首になっても、

醜態をさらさないようにという意味でも。ホンマでっか!?

ちょいと検索したら、そんなふうなことが書いてあった。


桶狭間の戦いは、少数の軍勢で

信長が今川義元を討ち取った。

花火のおかげか?

花火がしけってなくて良かったね…。


信長協奏曲はカラッとしていて、

それでいて考えさせられるところもある。

高校のころに、信長協奏曲を見ていたら、

私はもっと歴史を気合い入れて勉強してたかも。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.25

マッサン 24話 感想

「日本人はのう義理と人情を大事にするんじゃ!」


『義理と人情』という言葉を

久しぶりに聞いたような気がする。

昔と比べるとずいぶん薄くなってるよね?

近頃の日本人の義理と人情。


義理と人情を大切にするマッサンは、

住吉酒造に残ることを決めたけど、

私がマッサンでもたぶんそうすると思う。


だけど、冷静に考えると、

鴨居と組んだほうが、うまくいくような気がするよね。


このところずっと、

私は早送りで『マッサン』を見ていたのだけど、

今日はめずらしく普通に見た。


早送りで見いていたせいか、

エリーがごはんを炊いているのと、

歌っているのが頭に残って、

その他のことで思い出せるのは、

鴨居が明るく前向きで、

アイデアマンで、いいなってこと。


鴨居の作ったポスターは、見覚えある…

と思って検索したら、思い出した。


大正11年の『赤玉ポートワイン』のポスターだ。


当時にしたらものすご~く斬新なポスターだ。


鴨居はエリーもポスターに使いたいのね。

マッサンにしたら、エリーを裸にされると

思い込む気持ちもわかる。

それに、エリーと鴨居は気が合うから、

嫉妬心もあるよね?


鴨居が出てくるシーンは、雰囲気が明るくて好き。

しん気臭くないっていうか。


私がエリーなら、

マッサンがあんな態度だったら、

鴨居のことが好きになっちゃいそうよ。

エリーはマッサン一筋だと思うけど。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.24

ディア・シスター 2話 感想

美咲(石原さとみ)のお腹の子の父親って、

櫻庭先生(田辺誠一)?


2ヶ月半前、偶然お祭りで先生と出会った美咲は、

先生とラブな一夜を過ごしたんだよね?


でも、先生には妊娠したことは言わず、

櫻庭先生のことを好きなお姉ちゃんに、

先生と一緒になって欲しいとも思っていない。


櫻庭宗一郎は、美咲のせいで

高校を辞めて静岡に行って、

誰かと結婚して離婚して。

ということになっているけれど、

本当に美咲だけが悪かったのかなぁ。

離婚した原因も、櫻庭に問題があったのでは?


美咲はオーガニックカフェ、

「APPLESEED」の店長・萩原陽平(平山浩行)を、

葉月(松下奈緒)の彼氏にしたいようだけど…。


真面目で不器用な店長。

葉月と同じく天然。

案外お似合いかも?


美咲から葉月が婚約破棄されたことを

聞かされた店長だけど、

葉月は櫻庭先生にポワ~ンとなってるから、

そう簡単にはいかないだろうなぁ。


キャバクラでドレスを切り裂かれるいじめに遭っても、

臨機応変に服をアレンジして笑顔で接客する美咲。


お腹の赤ちゃんのために、

接客中もジュースしか飲まない。

それなのに、お客には、

『甘くてしゅわしゅわしててピンク色の』レティーザを

オーダーさせちゃう。

レティーザってそんなに高級なの??良く知らなくてごめん。


働いていることを葉月には言わず、

次なる計画にとりかかる美咲。

葉月にしたら、迷惑な話かもしれないけど、

案外、美咲の敷いたレールの上に乗っかったほうが、

葉月は幸せかもね。


美咲は見た目とは違って、

しっかりしてる。葉月よりも…。


1話では美咲のきゃーきゃーはしゃぐ声が

うっとうしかったけれど、

2話は少し落ち着いたから見やすかったわ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.23

きょうは会社休みます。 2話 感想

田之倉君、大学生なのにグイグイくるねぇ。

バイトなのにおごってくれるし。


メールの返信がこないと不安になる花笑。

そんな花笑の様子を見て、

お母さんは平常心だけど、

お父さんは花笑に彼氏ができた…?と思うだけで、

お味噌汁こぼしちゃって。可愛い。


小さな女の子から、男の人へのメールは

疑問文にして送るといいと教えられる花笑。

今の子は、生まれた時から

スマホが家にある時代だもんなぁ。


朝尾(玉木宏)もぐいぐいくるねぇ。

田之倉も大学生にしてはしっかりしているけど、

朝尾は一歩ひいたところから

花笑を見守ることができる大人だ。


傷つくのが怖い花笑に朝尾は、


「傷つくことを恐れるよりも

変化できない自分を恐れるべきだね」


きゃー。かっこいい~。


「あの…、保留にしてた県なんですけど…

よろしくお願いします」


ついに花笑は田之倉と付き合うことに。


これでマモルも深夜に散歩に

無理やり連れ出されることもなくなるかな?わんわん

マモル抱っこしたら重そう…。


正式な恋人として田之倉と初めてのデート。

ラーメンを半分ずつするの?ドキドキだ。

好きな人だからこそできる半分こ。

餃子も食べちゃうの?

2人で食べたら、ニオイも気にならないか。


9つ年下の彼氏が出来た花笑。

まあね、9歳ぐらいの年の差なら…

でも、飽きやすい年齢かもなぁ。

年上の人に恋することに恋しているとか。


田之倉にふられても、

朝尾が受け止めてくれそうだからいいけどさ。

花笑はモテ期到来だね。


最近見ているドラマでは、

『きょうは会社休みます。』が私は今のところ1番好きかも。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.23

ファーストクラス2 2話 感想

金髪カラス VS バケモンたぬきメラメラ


いや~しかし、さすが金髪カラス。

ちょっと顔を出しただけで、

ちなみ(沢尻エリカ)がデザインした服を

作ってもらえることになった。


間宮充(青柳翔)は、ちなみに惚れたな。

ちなみのキッとした顔がたまらんとは、

ちょっとM系か?


「TATSUKO YANO」を救うために雇われた

廣木リカ(木村佳乃)は、間宮とつながっているの?

どういう関係?


バケモンたぬきの手下?

それとも、間宮と廣木の2人で、

もっと壮大な計画を立てているのかな?


凪子(ともさかりえ)が、この2人の会話を聞いたら

「ゲロゲロ」て言いそう。


冴木大五郎(中村倫也)は、廣木と寝たみたいに、

写真を加工されて凪子にバラまかれたけれど、

ちなみのおかげで、踏ん張れそうだ。


だけど、なぜに大五郎はおばさま達と?

そのきっかけは?

強いお酒を飲まされて、凪子にはめられた?


ちなみは強くなったけれど、

次から次へと難問が立ちはだかる。

やっと服を作ってもらえると思ったら、

今度は盗作疑惑。

もしかして、凪子も間宮や廣木とつながっている?


ナミ絵とレミ絵は、似たもの姉妹だねぇ。


ナミ絵とレミ絵で、お金の力を使っても、

ちなみは強敵。


ゾンビのように何度でも立ち上がるちなみ。

ナミ絵とレミ絵によると、

ちなみに感染しているウイルスは…


「頑張っていきまっしょい菌でしょ。

それからネバーギブアップ菌。

仕事とは責任を全うすることよ菌。

プライドを持つ、プライドを捨てる、

両方できなきゃ駄目なんだ菌。

その傷跡誇りに変えて菌」


こんな菌なら、感染してみたいもんだ。


「じゃあそろそろ本気出そっか」と、

廣木リカと間宮充。


「徹底的に戦います」とちなみ。


火花の散る職場。

こんな職場は嫌だー。

それにしても、

すがすがしいくらいに皆、腹黒いね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.22

素敵な選TAXI 2話 感想

はあと岩というのは、

ハート岩ドキドキと書くのではなくて、


歯跡岩!?怖い~。


「その昔交際相手の女性と別れることを

岩にかじりついてまで拒み続けた

男の執念がその岩に宿ったことが由来」だそうで。


おみやげのお菓子まで、

歯でかじったような跡が…。

作る時、マジでかじってんじゃない?

こんなの食べたくないよー。


ほのぼのとしたストーリーだったけど、

やっぱり長いわ、1時間は。


ショートショートの読み物か、

30分ぐらいのドラマならなぁ。


それと、星新一が好きな私は、

もうひとひねり欲しくなってしまう。

だって途中でオチが分かってしまったから、

最後のほうは眠くなっちゃった。


それと、枝分(竹野内豊)がセリフを喋ると、

やっぱり2話でも、私の頭の中では

バカリズムが喋っているように感じてしまう。


主演が竹野内豊だから、

ドラマとしてはいいんだろうけど。


平野(仲村トオル)は権力と経済力に、

彼女を取られちゃったのねぇ。違う?


どうせなら、平野が宝くじにでも高額当選して、

選TAXIで過去までぐ~~~んとさかのぼって、

彼女にプロポーズして欲しかったわ。

でも、案外フラれたりしてね…。


で、結局、平野はどうなったの?

何事もなかったまま?

若い2人は知ってるのに?

逮捕された平野は、未来が変わったから、

何事もなく選TAXIに乗って…?

それとも、メビウスの輪のようにずっと?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.22

ドラマ『すべてがFになる』第1話 感想

「博士またお会いできますか?」と、

西之園萌絵(武井咲)に聞かれて、

天才プログラマー・真賀田四季(早見あかり)は

こう答えた。


「あなたへの興味が失われなければ。

あるいは…、全てがになったら」


て何?

すべてがF?

フリーになったら?違う…。


調べてみたら、

天才プログラマーらしい答えのようだ。


『Fとは?』という問いに、

賢い人がヤフー知恵袋で答えていた。


なるほど~。


ぜんぜんわからない。

日本語で説明してあるのに、全く分からない。

最近、そういうことが増えてきた私…。


『すべてがFになる』は、

ゲームにもなっているの?

ゲームの画像がミステリアス。


原作を読めば、私も興味が持てるかな?


ドラマを見た私は、冒頭から意味が分からず、

Fの意味も理解できず、

もう頭がフリーズしたの状態



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.21

信長協奏曲 2話 感想

そうきたか。

斉藤道三(西田敏行)も、

タイムスリップしていたとはね。おもしろ~い。


サブロー(小栗旬)も、道三も、

元の世界では行方不明ということになってるの?

それとも、元の世界には、

別の時代からよく似た人がタイムスリップ?


1972年からタイムスリップしてきた道三。

ポテトチップスを懐かしそうに食べていたけど、

ポテトチップスと聞いて、

私の頭にすぐに浮かぶのは、カルビー。


カルビーのポテトチップスを調べてみたら、

1975年から本格的にじゃがいも事業を展開している。


それじゃあ道三が食べたのは…?


日本で初めてポテトチップスの量産化に

成功したのは湖池屋

1962年に湖池屋ポテトチップスを発売している。


てことは、元の世界で道三が食べていたのは、

湖池屋のポテトチップスだね。


歴史の教科書の本能寺の変のページを、

信長のために破った道三。

だけど、サブローも本能寺の変ぐらいは知ってるよね?


道三の死は、教科書どおりだったけれど、

信長はどうなるんだろう?


タイムスリップして歴史を変えたら、

違う2つの世界が同時進行することになるのかな?


本屋へ寄ったら『信コン初の公式ガイドブック』を売っていたので、

つい買ってしまったけれど、

ページを開いたら、びっしり細かい字と漫画で解説してあった。

ちょっと読むのめんどくさ…。

でもこのドラマに興味がある人にはいいかもね。



信長協奏曲 天下布武之帳 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 天下布武之帳 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2014/09/12)
石井 あゆみ、キャラメル・ママ 他

商品詳細を見る


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.19

世にも奇妙な物語 2014秋 感想

ファナモ

次世代排泄物は、ファナモという

臭いのない黒い棒のようなものに!?

ストーリーとしては斬新だった。


恋人に早くファナモにとせかされていた

温子(戸田絵梨香)が、

複合型のファナモの手術を受けた。


複合型は、排泄物だけでなく、

男女の交わりも、未来型にはてなマーク

マギナスとファニスというのは、

コンセントみたいなはてなマークはてなマーク


超短編ドラマ

捨てられない女 大久保佳代子

部屋に座っていた男たちは、

昆虫採集みたいに集めた男たちだったの?

ずっと前に買ったという、

ペアのコーヒーカップも、

男の人が部屋に来るたびに、

毎回使っていたということかな?

短すぎて、意味がよく分からなかった。

大久保さんが演じたからか、何となく不気味だったけどね。


サプライズ

サプライズというより、

嫌がらせみたいなストーリーだった。

お腹の中から指輪って…。

気持ち悪くなったわ。


未来ドロボウ

大学生の白井直輝く(神木隆之介)と、

大脳生理学者・大葉(吉田鋼太郎)が、

人格交換して入れ替わるという、

ありふれたストーリー設定だけど、

2人の俳優が入れ替わったあとの

演技が良かった。


オチも予想できたけれど、

舞台を見ているようで、いい感じだった。

見終わったあと、温かい気持ちになれたのは未来ドロボウだけだった。


冷える

スーパーでパートをしている主婦、

志倉頼子(若村麻由美)は、

残業で大型冷蔵庫の中に閉じ込められてから、

35度を超える夏でも寒い。

すんごい冷え性…とかいうレベルではなく。


人のために何かを成す人になってほしいという、

親が願いをこめてつけてくれた名前が頼子。

火事で火が燃え盛っていても平気な頼子は、

火災現場で子供を助けてヒーローに。

…かと思ったら、

現実は大型冷蔵庫の中に閉じ込められて

息絶えていた。嫌な感じのラストだった。


後味が悪い話が多いよね、世にも奇妙な物語。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.17

ディアシスター 1話 感想

美咲(石原さとみ)は

ャピキャピしているだけの

バカみたいな妹か?と思ったけれど、

そうでもなさそうだ。


母親の七重(片平なぎさ)も、

今はさておき、昔は娘2人を女手一つで

育て上げるのに苦労している。


1番しっかりしているように見える

長女の葉月(松下奈緒)は、

仕事ではしっかりしているけど、


男を見る目はないから、

美咲が現れなかったら、

もう少しで、浮気者の男と、

結婚するところだった。


美咲は高校卒業と同時に行方不明になったのに、

なぜ突然、葉月の前に姿を現したのか?


『死ぬまでにしたい10のこと』を

書きだしていた美咲。


もしかして、美咲は病気で、

あと数年しか生きられないとか?


お姉ちゃんと彼氏を別れさせることは成功。

次はお姉ちゃんに新しい彼氏を見つけること。


美咲が今までどこで何をしていたのか

分からないけれど、

お姉ちゃんの前に現れた途端に、

就活まで始めたのはなぜ?


お姉ちゃんの部屋をあちこち見て回って、

通帳とかも見ていたけれど、

もしかしたら、お姉ちゃんのために、

お金を貯めようとしているのかも?


美咲は妊娠しているようだけど、

葉月は妊娠しにくい体質のようだ。


ん?仮に美咲が長く生きられないとすると、

お腹の子が生まれた後のことが心配だ。


そうなると、お姉ちゃんのためではなくて、

自分のお腹の子をお姉ちゃんに託すために、

父親にふさわしい人を、

お姉ちゃんと結婚させたいのかな?


自分は長生きできないけれど、

お腹の子には幸せになってほしい、

そのためには、お金も必要(深読みし過ぎ?)。


ともかく、見た目ほど美咲はバカではない。


永人(岩田剛典)は美咲のことを好きなようだけど、

兄の宗一郎(田辺誠一)のことを、

美咲は好きだと思い込んでいるから、

ゲイのふりをしているの?

本当に美咲は今でも宗一郎が好きなのかな?


ところで、ドラマでも

スマホがメインになってきたね。

固定電話から、携帯電話、そしてスマホへ。

スマホさえあれば、PCはいらないという人も、

けっこう増えてきたようで。


このドラマでの、スマホの使い方が面白いね。

私のようにボーッと見ていると、

よく分からなかったりするけど…。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.16

きょうは会社休みます 1話 感想

単に私の好みですが、

イケメンのヘアスタイルは、

ショートでふわっとした感じが好き。


このドラマでは、福士蒼汰も、玉木宏も、

私好みのヘアスタイルでドキッとしちゃうドキドキ


綾瀬はるかは、わざとダサい感じのファッションと

メガネをかけて、髪の毛もくくって、

モテない女を演じているけど、

メガネをはずすと田之倉(福士蒼汰)もドキッ!?


田之倉がキザと思えるほどに、

気が利く男なんだよね、若いのに。

あちらのかたにカクテルを、みたいな雰囲気で、

バースデーケーキをご馳走するなんてさ。


しかし、同じ会社の同じ部署の田之倉と、

これといった前置きもなく、

いきなりホテル行っちゃうとは、

花笑(綾瀬はるか)も思い切ったなぁ。


「長年にわたっていろんな角度から研究を

繰り返して来ましたから、

想像を超えてくるほどの

驚きはありませんでしたよ、ええ」

そうなの~~??痛くはなかったの~~?


あした会社休みます、ではなくて、

「きょう会社休みます」というところが、

ポイントなんだろう。

予定外~てところが。


田之倉君はバイトからスタートして、

あの会社に正式に採用されるパターン?

そうなると、花笑にとってはけっこうつらい。


朝尾侑(玉木宏)からも、

花笑は興味をもたれている様子。

私は朝尾がいいわ。

今回の玉木宏は、

のだめカンタービレふうのイメージで、

ビシッとしていて、いい感じ。


花笑のご両親は、

真面目ないい人たち。

いい人過ぎるよね、

特にお父さんなんて。


お母さん役の高畑淳子は、

どのドラマ見ても、違うイメージで、

演じ分けるのがうまいなぁ。

ドクターxの看護師役では迫力あるよね。


私は原作コミックは読んでないけど、

エレベーターの中で、

田之倉の壁ドンからのキスは、

原作にもあったのかな?


壁ドンは、やっぱイケメンだよね。

朝尾侑(玉木宏)にもやってもらいたい。


なんたって、朝尾はCEO(最高経営責任者)だし、

花笑が30歳で、朝尾が35歳。

年齢的にはちょうどいい感じ。

でも、花笑は田之倉とつきあっちゃうの?


ドラマの初めのほうで、

花笑が朝尾と、相席になった時、


『見た目の優れた異性と

2人きりになるのが何よりも苦手だ』


…と、花笑の心の声がしたけど、

その気持ち、分かるわ。


私もイケメンは遠くから見ているのがいい。

イケメン慣れしていないから。


例えば、ドクターがイケメンなのもイヤ。

歯医者さんがイケメンだったりしたら、

緊張しすぎて、よだれだらだら出そう。

美容師さんがイケメンだと、

ハサミが頬をスッとなでるだけで、

ブルブルッと震えそう。

イケメン慣れしてみたい。田舎では、めったにお目にかからない…。


素の綾瀬はるかは、

イケメンはぜんぜんOKだろうけど、

花笑はこれからどうなるのか、興味津々。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.16

ファーストクラス(2) 1話 感想

帰ってきました吉成ちなみ(沢尻エリカ)ビックリマーク


ファーストクラス(1)を全話見た私の感想は、

ブログで感想を書くのがしんどかった。

だって展開が速い上に、心の声のセリフが多い。


だから、ファーストクラス(2)も覚悟して見たけれど、

今度は出演者の数まで増えてる。ドクロ

テンポよく話が進むのはいいけど、

誰が誰なんだか、

即座に理解するのは大変。私はね。


雑誌『ファーストクラス」』辞めたちなみは、

ファッションブランド『TATSUKO YANO』に入り、

いきなりチーフデザイナーになっちゃいました~。


TATSUKO YANO』を25歳で立ち上げて、

業界のゴッドマザーと言われた社長の矢野竜子(夏木マリ)も、

ここのところ業績が冴えない。


その状況を打破すべく、矢野社長は、

クリエーティブディレクター廣木リカ(木村佳乃)を雇った。

なかなかやり手のようですね、この女。

苗字が難しいや。ひろきと読むようだけど。


リカは着任後すぐに秋冬コレクションを

1週間後に発表すると宣言。

以下の5名の中からチーフデザイナーを選ぶことに。


多武峰凪子(ともさかりえ)デザイナー

川島ナミ絵(シシド・カフカ)デザイナー

須賀さくら(倉科カナ)アシスタントデザイナー

冴木大五郎(中村倫也)アシスタントデザイナー


そして、入社したばかりの吉成ちなみ(沢尻エリカ)


いや~、女性陣は皆、意地悪な役がうまいな。


ファーストクラス(1)では、

描いたデザイン画を捨てられて

泣いたこともあったちなみだけど、

もうそんなことではビクともしない。


だけどあの川島レミ絵のお姉ちゃん、

ナミ絵がいるから手ごわいぞ。


「すなわち妹よ、

お前が息の根を止めなかったゴキブリが

生き永らえて今私の目の前に

トランスフォームし現れ、

何とこの私の頭の上に止まっているような惨状」


言いますな、ナミ絵さん。レミ絵よりも怖さUPアップ


しかし、ちなみも負けてはいない。

NGSホールディングスの間宮充の金と人脈を使って、

コレクション用に作ったちなみの服を、

新作映画のジャパンプレミアで、有名な女優に着せた。


この勝負、ちなみの勝ち。


…のような形にはなったけれど、

充(青柳翔)は『TATSUKO YANO』を、

NGSホールディングスが買収するようだという噂を

わざと流したみたいね。


充はちなみのことを、

経済学的にも、生物学的にも、性的にも、

魅力を感じている様子。

そう簡単にちなみは落とせそうにないけれど。


ところで、セカンドデザイナーに選ばれた大五郎は、

おばさま達にもて遊ばれた写真を撮られ、

自分のやりたい仕事ができないような状況。


おばさまにもてあそばれるパターンは、

ファーストクラス(1)でも、あったけど、

中途半端だった。意味もよく分からなかったし。

今度はどうかな?


ちなみとの出会いが大五郎を変えてゆく予感だ。


篠原ともえがパタンナーの新堂吹雪の役で、

出演していたね。

パタンナーも大切にするちなみは、

タグにパタンナー2人の名を入れた。

人の使い方も心得てきたちなみ。


はたして、ちなみの服は生産が間に合うのか、

それより、『TATSUKO YANO』は大丈夫なのか!?


「ブランドがブランドであるために大切なのは

有名であるということ。

何より必要なのは利益を上げるデザイナー。

あなたがもしそうなれないとしたら?」


「そのときは私から消えます。

地球からはるかかなたへ」


ちなみは消えない。

消えたら話にならないもんね。


今回はマウンティング=格付けが、

スピーディーに決まったね。

これからまたぐちゃぐちゃするのかな?


登場人物の名前。間違ってなかったかな?

私はよく間違えるから、違ってたらごめんよ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.15

素敵な選TAXI 1話 感想

ラストはハッピーエンドでホッとしたけど、

ちょっと長すぎたなぁ、初回。

30分ぐらいが適当だったかも。


タクシーに乗ったのは、

村上と、村上の彼女だけだったけど、

もう少しタクシーに乗る人を増やして、

その人たちをリンクさせたら面白かったのに。


バカリズムの脚本と分かった上で見たせいか、

枝分(竹野内豊)のセリフも、

売れない俳優、村上秀樹(安田顕)のセリフも、

バカリズムが話しているような感じに聞こえた。

ちょっとしつこく感じた。


いっそのこと、

バカリズムがひとりで何役も演じたら

面白かったかも?


素敵な選TAXI=「素敵な選択肢」だとしたら、

毎回、ハッピーエンドかな?


バカリズムが、世にも奇妙な物語の

脚本のひとつを手掛けていたとは驚いたけど、

素敵な選TAXIは、連ドラだからなぁ。


コントのネタとしてなら、

テンポよく進んでいい感じになりそうだけど、

1時間の連続ドラマとなるとどうかな?


次回に期待しよう…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.13

月曜から夜ふかしSP 桐谷さんバンジージャンプ

月曜から夜ふかし 2014.10.13 秋のご当地問題大収穫スペシャル


『浮かばれない観光施設』に桐谷さん登場ビックリマーク


ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド 

大人2800円(フリーパス)


ブラジリアンパークのアトラクションは、

人気のないものが多いが、その中で、

スカイサイクル(人力のサイクル)は怖いと評判に!


スカイサイクルは、地上16メートル、

ビル5階に相当の高さ。


そのスカイサイクルに

桐谷広人さん64歳が挑戦!!


乗った人の感想によると、

ギコギコ音がして怖い…。


しかし、桐谷さんは、さすが見事なこぎっぷり。

余裕の表情の桐谷さん。速い!


「(漕ぐのが)軽い。自転車よりレールの上だからかな」


しかし、景色を見た途端、


「ちょっと怖い」

「怖い、あぁ」

「あぁ~気持ちわるい」

「下が…、うわぁ~」


でも、「遠くを見てればそんなに怖くないですね」

景色が綺麗だと話す余裕も。


「外側に乗ってたんで、

はずれて外に落ちそうな感じがして怖かった」


事前に死んだ人はいないと聞いていた桐谷さん。

絶叫するまでには至らず。


『桐谷さんがバンジージャンプに初挑戦で絶叫』


「今まで外れて落ちた人は何人ぐらい?」

と係りの人に聞く桐谷さん。

死んだ人はいないと聞いて安心。


「ちょっと心の準備がねぇ…。

でも怖いですよこれ…」

心の準備をする間も喋りまくる桐谷さん。

桐谷さんは心の準備もせわしない。


いよいよバンジー。

3、2、1、バンジー!!


「あ~ぎゃ~~」


桐谷さんナイス絶叫。


「ぎゃぁぁああ」叫び


バンジーの怖さはどれくらい?


「怖さからいってA゜」と桐谷さん。

飛ぶ前は怖かったけれど、

飛んだらどうってことはなかったそうだ。

やはり桐谷さんにとってはリーマンショックの急降下のほうが…。


カメラがはずれて、

桐谷さんの絶叫の表情は見られず…。残念。


だけど、はずれたカメラが

桐谷さんの顔に当たったりしなくて良かった。

バンジージャンプで、桐谷さんは

ものすごく上下に飛び跳ねていたよね?

若い人でも腰がゴキッとなりそうな勢いだったよ。

元気だなぁ、桐谷さん。すごい!


いつも思うのだけど、ヘルメットにつけられたカメラって、

ガムテープで固定されていたりして、

けっこう危なくない??

桐谷さんのバンジーが安全に終了して良かったわ。


テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.13

信長協奏曲 1話 感想

マンガだったら面白いのかなぁ。

それとも、ドラマでは、原作の内容が、

かなり変更されているのかな?


つまらなくはないけど、

なんだか安っぽい感じがするのはなぜかしら?


サブロー(小栗旬)は戦国時代にワープした後、

着替えなくていいの?

ヘアスタイルは?

あのままだと、偽物とバレバレじゃん。


帰蝶(柴咲コウ)がサブローをビンタしたシーンでは、

「思い切りやらせていただきました」と、

インタビューで柴咲コウは答えていたけど、

ホントにビシッと決まってたね。

小栗旬のお尻、可愛かったね。フフッ。


信秀の家臣の池田恒利の子、

池田恒興(向井理)に、

サブローは、時には厳しく、

時には優しく支えられて、

何事からもすぐに逃げ出していたサブローが、

戦国時代で成長してゆく物語なんだろう。


向井理はドラマのかつらがよく似合うね。

クリみたいに短いヘアスタイルより、かつらのほうが…。


ドラマにしては、エキストラもたくさん使っているのに、

いまいちなのはどーしてだろう?

中高生がターゲットのドラマ?


柴田勝家を演じる高嶋政宏。

こういう役にピッタリの顔だね。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.13

マッサン 13話 感想

種子(濱田マリ)さん、あなたはいったい何者!?

英語が少し話せるようだし、

日本人のマッサンよりも、

外国人のエリーのほうがお気に入りのようだし…。


おせっかいな種子さんのおかげで、

家を借りることができたマッサン&エリー。


てっきり種子さんが大家さんだと思ったら、

大家さんは違う人。

大家さんは、家賃さえしっかり払えば、文句はなさそうだけど。


マッサンは毎日録画予約してあるのだけど、

今朝、うちのテレビは録画が入らなかったわ。

マッサンマジック?

しかも、ネットにもつながりにくい朝なの。

まさか、台風の影響??


マッサンとエリーと、借家で2人きりの生活スタート。

やっと新婚さんいらっしゃ~いな生活ができるのかな?

そうだといいけどなぁ。

たぶんそうはいかないよね?


ごはんを炊くエリー。

おかゆになっちゃったけど、

胃腸にはいいからさ。

でも、たくさん炊いたから、

食べきるまでに腐らないように気を付けてね。

ん?ドラマの中の季節はいつ?


マッサンは、とりあえず見ているのだけど、

なかなか話が前に進まないね。

回想シーンが意外とうっとうしいわ。

もう分かっとるわ、と思ったり。

ぼんやり見ている私にとっては、

しつこく説明してくれて親切なドラマだけどね。


このドラマ、マッサンとエリーの恋の物語…

ではないんだよね?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.12

東京にオリンピックを呼んだ男 感想

1964年に開催された東京オリンピックから

ちょうど50年。


東京オリンピックは1964年10月10日に開幕した。


10月10日?

体育の日だ。


私はこれまで体育の日の由来を

考えたこともなかったが、

オリンピック東京大会の開会式にちなんで、

1966年に制定されたそうだ。


しかし、2000年から体育の日は、

10月第2月曜日に変わった。

そのほうが連休になって好都合かもしれないが、

本来の意味あいが変わってしまったよね…。


東京にオリンピックを招致するために、

ロビー活動に奔走した男たち。


日系アメリカ人のフレッド和田勇(大沢たかお)は、

まだ一般の日本人の海外渡航が

認められてなかった時代に、

全米水泳選手権に出場する日本人選手たちの

受け入れ先を申し出た。


アメリカの新聞には日本人のことを、

侮辱してジャップと書かれていた時代。


日本水泳連盟の田畑会長(西田敏行)が

マッカーサー元帥に直談判して、

やっと認められた全米水泳選手権出場。


ユニフォームに堂々と日の丸を

付けることさえ許されない。


そんな環境の中、選手たちは

何と9つの世界新記録を出した。


その日から、ジャップと書く新聞はなくなった。

どの新聞も、ジャパニーズという表記で

日本人に対しての敬意を表してくれた。


スポーツって素晴らしい!


それで終わらずに、

日本にオリンピックを招致しようとした男たちが。


言葉で書いてしまうと簡単だけれど、

ドラマでも数時間のお話だったけど、

実際は本当に大変だったと思う。


フレッド和田勇(大沢たかお)は、

国籍が日本ではなかった。

それがネックになることもあった。


ロビー活動の途中に、

アメリカのスパイと間違えられて、

もうだめか…と思う場面もあった。


妻・の和田正子(常盤貴子)も、

何かと夫の力になった。


ドラマの中では語られなかったけれど、

ロビー活動を続ける間、

和田は本業の仕事はどうしていたんだろう?


最後は平沢重和(橋爪功)のスピーチが、

決め手となった。


「私はこういうように言える日が来ることを

心から待ち望んでいます。

すなわち『オリンピックがアジアにやってまいりました、

これでオリンピックの輪がアジアにもつながりました』と」


当時、日本は遠い国「Far East」と思われていた。

しかし日本はもはやジェット機が

飛ぶようになった、と平沢は話す。


「国際関係や人間関係の上での

距離をなくすためには

人と人とが直接会うことが一番。

お互いを理解するところから世界平和が始まります。

西洋で咲いたオリンピックという花を、

今こそアジアで開かせるべきときです。

西洋で開いたオリンピックという花を、

今こそアジアで咲かせてほしいのです」


オリンピックはそれぞれの国の選手たちが、

各競技で優劣を競うわけだけれど、

勝ち負けだけではなくて、

そこに国を越えた心の交流がなければ、

意味がないのだと思う。


50年前に、日本を元気にしてくれた東京オリンピック。

無理だと思われたオリンピック東京招致を、

可能にした男たちの熱意が、

次のオリンピックにもつながっているのだと思う。


日本人選手を応援するのはもちろんだけど、

他国の選手の頑張りにも、

拍手を送れる日本でありたいね。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.10

マッサン 11話 感想

鴨居商店の大将、おもろいわ~。


金魚占いはてなマーク


「よっしゃ、胸びれ3回たたきよった。今日は北や」

「新地だすな」


金魚占いなんて昔からあるの??


「金魚占い」で検索したら、

あなたを金魚に例えます、というのがヒットしたけど。


鴨居は「方角」を金魚で占っているの?

鴨居の性格からして、

金魚が胸びれを3回叩こうが、4回叩こうが、

自分がこうと決めたら、

自分の勘で行動しそうだけど。


新しいもの好きの鴨居。

それに商才もありそうだ。


マッサンは当たって砕けろタイプだけど、

鴨居は原価計算や、誰をターゲットに売るか、

きちんと考えている。


マッサンは鴨居と組んだらうまくいきそう。


今回の朝ドラは、

鴨居の明るさと、エリーの爽やかさがいいね。


優子さんのいじわるは、明日も続きそうだ。

エリーの作った料理に、今度は何を入れるのかな?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.09

ナカイの窓SP 感想

ナカイの窓SP 2014年10月


ヒロミは長くTVに出ていなかったけど、

最近はちょくちょく出演するようになったね。

奥さんの伊代ちゃんもよく出るようになったし。

お金には困ってなさそうだから、単なる趣味?


所さんは司会をするとき、

リラックスしている感じだから、

何の用意もなくやっているのかと思ったら、

頭の中でシュミレーションをして、

その通りにやると言っていた。へ~そうなんだ。


所さんのおうちでは、夕方に夕飯を食べて、

深夜にも食べて、お腹をいっぱいにして寝る、

と言ってたけど、1番太る食べ方なのに、

所さんはどーして太らないの?


中居君と爆笑問題の田中は、

この先も結婚は無理そうだなぁ。

田中は猫がいれば幸せそうだからいいけどね。


居君は好きになった人に

自分の通帳を預けるのは無理?

別居結婚ならできる??

そこまでして結婚したくなさそうだ。

いったいいくら貯金を持ってるのかしら?


ロンブーの淳は、もっと神経質かと思ったけど、

奥さんが淳の服を洗濯して縮ませてしまっても、

「こんなに縮む?」と怒ったりもしないで、

子供ができたら、縮んだ服を着せようかな?と。

ん?淳って誰と結婚したんだっけ?一般の人だっけか?


サポートMCの山ちゃんは頭のいい人だから、

個性の強い豪華なメンバーに番組は任せて、

山ちゃんは前に出ようとせず、

目立たないようにしてたよね?


ところで、

箱の中身を手探りでテルゲームでは、

所さんはでっかいイグアナだったけど、

ぜんぜん平気だった。

触り方もうまかった。

中身を知ってたのかもね。


中居君の番では、

箱の中身は森脇健児だった。

中居君は完璧に知ってたな、箱の中身。

だって森脇をバシバシ叩いてたもん。


今回のナカイの窓SPのゲストさん達は、

経済的に余裕がある人たちばかりだった。

他の番組で、ダウンタウンの松本人志も、

「もうお金の心配はないから…」と話していたけど、

私もそんなふうに言ってみた~い。


人って、どれくらい貯金があったら、

どれくらい才能があったら、

どれくらい人脈があったら、

どれくらい自分に自信があったら、

将来の経済的な心配をしなくなるんだろう?



テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.07

聖女 最終回 感想

入水自殺しようとしていた基子に、

晴樹の「先生!」という声が届いた。

その時の広末涼子の表情が何ともよかった。


最後の最後に、

基子は聖女になれたということか。


晴樹は基子を無罪にはできたけれど、

基子の命を助けることはできなかった。


中途半端なラストだったなぁ。


克樹は週刊誌に基子と晴樹の

昔の情報を流したけれど、

基子のほうが一枚上手だったし。


これからあの兄弟はどうなるんだ?

一生、仲よくなんかできないよね?


克樹は晴樹ばっかり可愛がる母親に、

弟より出来の悪い自分のことも、

愛してほしいと願っていたのだと思うけど、

それも今まで以上に無理になってしまった。


で、結局、基子は誰も殺してなかったの?

千倉を殺そうとも思ってなかったの?

千倉の家でタバコを落とした件は??


千倉の奥さんが基子を刺したのには驚いた。

千倉に頼まれて、飛び降り自殺させたのも、

奥さんだったというのも、意外。ホントに?


基子の周辺をウロついて取材していた連中も、

あっさりと消えてしまった。誰かひとりくらい、

基子を追い続けている記者がいそうなものだけど。


そして、世間の人は基子のことなど

いつしか忘れて…。


晴樹と泉美は基子のことを

忘れないとは思うけど、

それほど気にしているふうでもなく。


なんじゃそりゃ。。。


最終回は、「先生!」と呼ばれたときの、

広末涼子の聖女の微笑みだけが

私は印象に残りました。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.07

マッサン 8話 感想

アホの意味を聞かれたマッサンが、

『「おう」とか大阪では挨拶みたいなもんじゃ』

…とエリー話したとき、


すぐにエリーは「アホ」という言葉を使うなひらめき電球と、

みんなピンときたよね。


「アホ」という言葉は時と場合によって、

ぜんぜん意味が違ってくる。


嫌な奴に言われたら、

メッチャ険悪な雰囲気になるけれど、

大好きな人に言われたら、

時としてキュンとしたりして…。


鴨居も、エリーのような可愛い人に、

キョトンとした顔で「アホ」と言われたら、

この子、「アホ」の意味を知らないなと、

分かったと思う。


鴨居は英語が少ししゃべれるんだね。


しかも、エリーをハグするとは!


マッサンがあわててエリーを鴨居から離して、

抱きしめたけれど、


私はマッサンがエリーを抱きしめるたびに、

サザンの「いとしのエリー」が頭の中で流れるよ。


エ~~リィィ~~~ラブラブ


私の住んでる田舎では、

人前であんなに抱き合ったら、

ビックリされちゃうよ。

マッサンとエリーが生きてた時代の人たちなら、

もっとビックリしそうだけど、

皆、それほど驚いてないのが不思議。


マッサンのウイスキー修行の留学は、

優子さんをお嫁さんにするということも

了解したことだったのね。


毎日、大作と優子に接していたら、

そういう空気が流れていることは、

普通の人なら気づくことだったのかも。


じゃあ、マッサンは空気読めないタイプ?


エリーを演じる女優さんが、

もしも、う~ん、たとえばローラだったら?

全く違う感じになっていそう。

ちょっとそんなことを思ったりした。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.06

ボーダーライン 1話 伊藤さーん!

伊藤(徳井優)さん、大丈夫なの?


「どんな状況であれ市民の命が優先なんや」


それは頭では分かっているけど、

伊藤さんみたいにいい人が、

刺されたうえに、助け出されるのも最後なんて…。


けれど実際に火事の現場で、

詳しい事情も分からない一般市民が、

救急隊員を先に救助しているのを見たら、

「なんで?」と思ってしまうんだろうなぁ。


ボーダーラインの撮影には、

現役の消防車、救急車を使い、

大阪市消防局の全面協力を得ているそうだ。

ドラマの内容も、実際の救助活動に

近いものになっているのかな?


ちょっと熱が出たり、

ちょっとケガしただけで、

救急車を呼ぶ人も増えているらしいけど、

ホント、やめてほしいね。


そういうとんでもない人がいるから、

死ぬほど容態が悪化している人が、

救急車を呼べなくて、

命を落とすこともあるんじゃないかな?


私の記憶に残っているのは、

ひとり暮らしの大学生の男の子が、

もうだめだと思うぐらいの容態になって、

救急車を呼んだけれども、

とても我慢強い人だったようで、

しばらく様子をみるように言われて、

亡くなられたという…。


ところで、川端明(小池徹平)は、

コネで消防士になれたの?

消防士は公務員資格はいらないの?それとも持ってた??


川端はいやいや消防士になったけれど、

1話で幼い女の子の命を助けた。

これから成長して立派な消防士になるんだろう。


救急隊長の楓(藤原紀香)の娘さん役の子の目が、

なんとなく紀香に似ていて、

親子の雰囲気がよく出てた。


ドラマはよく作られているのだと思うけれど、

全体的にく~らい感じが漂っていて、

1話だけ見た限りでは、ちょっと私は苦手かも。


だけど、このドラマを見ていると、

救急隊のお仕事の大変さや、

大切さが伝わってくる。


アメリカでは消防士は英雄として、

映画などでも描かれているけれど、

ボーダーラインはどうだろう?


救急隊員の皆さん、日夜、安全と安心を、ありがとうございます!



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.04

有吉反省会SP 秋吉久美子 美川憲一

秋吉久美子、話の内容はイタいけど若いなぁ。


だって、1954年7月29日生まれってことは、

60歳だよーーー!!


さすがにライトが当たってないと、

顔に陰りができて、

若いころと比べたら…とは思うけど、

還暦とは思えないわ。


12月24日に結婚した理由が、

2×2=4 でロックだから。

意味がよく分かんない。。。

ロックなら8ビート。

24日の数字をかけて2×4=8でロック、

と言うほうが、ロックっぽくない??


美川憲一が蛭子さんふうの

おじさんぽい恰好をさせられたけど、

さほど違和感なかったなぁ。


顔が白塗りだから、少し変な感じだけど、

化粧を落としたら、普通におじさん。

見た目よりも、歩き方が特徴あるね。


大渕愛子は、ふなっしーのファンになってから、

よくテレビで見かけるようになった。

「行列のできる法律相談所」で初めて見たときは、

きつい感じがしたけど、

ふなっしーのおかげで、

大渕愛子もゆるキャラに?


結婚しても、家事は一切してないようだけど、

それでOKと言ってくれる人でないと、

本職&テレビ出演で多忙だから無理だろうなぁ。

ふなっしーの追っかけもしなくちゃいけないし。


だけど、有吉が言うように、

結婚生活が長続きするとは思えない…。

どうか大渕先生の幸せが長く続きますように。



テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.02

マッサン 4話 感想

和尚(神山繁)の読経、いい声だなぁ。

本物の和尚になれそう。


4話では、和尚がエリーを認めてくれたけど、

私もエリーの大ファンになったよ。


千加子の子供たちのケンカを、

ごく自然に仲裁したエリー。


きちんと理由を説明して、

子供に納得させて謝らせたエリー。


今の日本にエリーが来たら、

ショッピングセンターやファミレスの中で、

他のお客の迷惑も考えずに、

走り回っている子供に、

さらっと注意してくれるかもしれないなぁ。


新幹線や特急の中で騒いでいたり、

ゲーム音がうるさい子供を見かけることもあるけど、

注意しない親が多すぎる。


和尚さんに「ええ嫁もろうたのう!」

と言われたマッサンはうれしかったろうね。


マッサンの母だけは、

エリーを絶対に認めたくないようだ。

泣くほどに嫌なんだね。


子供たちはエリーと蛍の光を歌って、

すっかり打ち解けたけれど、

母を説得するのはまだまだ先のようだ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.10.01

聖女 6話 「あなたは聖女なんかじゃなかった」

晴樹よ、甘いぞ、甘すぎるぞ。

君は弁護士なんだぞ。

肘井基子を弁護するのが仕事だぞ。


たとえ基子に疑わしいところがあっても、

本人が無実だと言うのなら、

リーガル・ハイの古美門弁護士のように、

何が何でも基子を無罪にするのが

弁護士ってもんじゃないのか?


ブレてないのは基子のほうだ。

自分は女としての幸せをつかむんだと、

ず~っと夢見てきた。


そんな女が、千倉との貧乏な結婚生活で

納得できるはずがない。


「タバコの臭いが消えない…消えないよ…」


やっぱり基子は千倉を!?


殺そうと思う気持ちを持ったとしても、

どんな事情があれ、

殺してしまう人間と、そうでない人間では、

決定的に圧倒的に違う。


「人はどんなにそう思っても、

ほんとに殺したりしないんだ!」


晴樹の言うとおりだ。

でもだからといって、

基子の弁護をしている晴樹が、

法廷で基子を罪人にしてはいけない。


晴樹は弁護士に向かないね。


恋人の泉美に、

基子との一夜を聞かれた晴樹は、

キスしてしまったことを、

あっさり認めてしまった。


ホント、弁護士には向かない性格だ。


ところで、基子は2億もお金を持ってるの?

そのお金は、阿川や坂東や千倉から?

少しは自分で稼いだお金も入っているとは思うけど。


2億も持っているなら、

もうお金目当てで男を頼る必要もないだろう。

基子がお金以外でほしいものは


晴樹は基子にフラッと気持ちが揺れたけど、

すぐに泉美に戻った。

手のひらを返すような態度に、

ちょっと私もイラッとしたなぁ。


「結婚、年始に決まったんですってね。

おめでとう」


「ありがとうございます」


「それで…私たちはいつから暮らそうか?」


ひゃ~、怖いよ~。

違う人と結婚するとわかっている相手に、

「私たちはいつから暮らそうか?」って聞くか?


晴樹は男としても、弁護士としても、

もう少ししっかりしてほしい。


基子を好きと思ったこともあったのだから、

基子が今度こそ聖女になれるように、

力になってやるのが晴樹の役目では?


「あなたは罪を犯したんです。

あなたは聖女なんかじゃなかった。

さようなら」


そんなのあんまりだぁ。


弟が弟なら、兄も兄だ。

「肘井と弟はこれだけじゃ

終わらないと思うんですよ」


こんなの世間に知れたら、

晴樹も弁護士をやってらんないよ。


皆の気持ちが揺れている中で、

基子が求めているものだけは変わらない。


そのまっすぐな思いが怖い…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR