FC2ブログ
   
08
3
25
27
28
30
   

花子とアン 125話 感想

久しぶりに安東家の家族大集合。


花子だけ、いい学校へ行かせてもらって、

花子以外の兄妹が苦労したことは、

言葉で言い尽くせないほど

大変だったとは思うけど、


考えようによっては、

おとうやんが花子だけをえこひいきして、

修和女学校に入学させたことで、

安東家の貧乏の連鎖が止まったとも言える。


花子まで貧乏な生活をしていたら、

かよだって、東京で生活できたかどうか。

ももは白蓮がなんとかしてくれたかもしれないけど。


かよのお店「カフェータイム」で、

おかしな絵を描く画家に、ももは出会ったね。

たぶん、ももはこの画家さんと結婚するんだろう。


『アンのゆりかご』を書いた

村岡恵理さんの祖母にあたる方が、

ももなんだと思う。実際の名前はももではないけど。


村岡花子さんは妹の娘を養子にしているが、

その方は画家と結婚している。


苦労をしてきたももには、

幸せな結婚をしてもらいたいね。

笑顔が似合うももだから。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

昼顔 6話 感想

滝川が仕掛けた2つ目のGPSは、
利佳子のバッグの中だったんだね。
いやらしい男。


智也はサイテー。

利佳子の夫にチクるなんて。


「あの画家のことも話した。
言えばあいつとも終わるかと思って」

てことは、智也は自分と利佳子のことも、
滝川に話したってことよね?

利佳子が離婚することになったら?


「そんときは俺が引き受ける」

バカじゃないの~、智也。
幼稚すぎるんだよ考え方も行動も。

滝川は利佳子に加藤のことを、

ストレートに聞くのではなくて、

ネチネチネチネチ。

「ちょっと掃除しといてくれないか?
砂みたいなのが落ちてんだよ。
海辺の砂かな?」

「携帯貸して。契約プラン変更しようと思って。
どうした?料金払ってんの俺でしょ?」

冷静に利佳子の弱みを突く滝川。

加藤と利佳子が海辺で楽しそうに
はしゃいでいたのを、

滝川は写していたくせに、
回りくどいやり方で、

利佳子を追い詰めてゆく。

滝川に呼ばれた加藤は、

あっさりと身を引くような態度だったけれど、
本当は利佳子に惚れてるんでしょ?


だけど彼女が何もかも捨てて
自分のところに来る覚悟がないことくらい、
加藤もわかっている。

もしも利佳子に子供がいなかったら、
利佳子は離婚して、
加藤のところへ行ったかな?

加藤の収入は不安定だ。
食べるにも困る生活になるかもしれない。
滝川はいやらしい男だけど、
利佳子に余裕ある暮らしを
させてやることはできる。

利佳子は裕福な暮らしに慣れている。
利佳子に今の生活を捨てることは、

かなり難しいんじゃない?

それに、利佳子が

加藤を完全に手に入れたら、
すぐに飽きてしまうような気がする。

皆が違う場所から花火を眺めていた。

夫が見ているであろう花火。
彼の奥さんも見ているかもしれない花火。

ド~ンッと打ちあがって、
一瞬で消えてしまう花火のように、
紗和と北野先生の恋も、

利佳子と加藤の恋も、
一時の戯れで終わってしまうの?

北野先生と、手をつなぐだけで

ドキッとする紗和。
まるで高校生みたいなデート。

でも、紗和と北野先生は、
本来なら、人前で手をつなぐことは

許されない関係。

動物園で閉演時間までいた2人。

紗和は北野先生からもらったゴリラの人形を、
捨てることはできないだろう。
北野先生は動物園の入場券を…。

北野先生の妻が乃里子だということに、
驚きを隠せない紗和。
ドラマだからなぁ。狭いよね、人間関係が。

乃里子も夫の様子がおかしいことに、
うっすら気づいている。
相手が紗和だと気づいたら、泥沼だよね。

利佳子が言ったように、

「全員壊れるわ」

紗和は北野先生に別れを告げた。
携帯の番号とアドレス削除して 、
ばったり会うことがあっても、
声は掛けない、赤の他人になろう、と。

だけど、そんなに簡単に終われそうにないね。

「不倫にゴールはありません。
ゴールはないということは、
終わらせるのも難しいということです」

だって、紗和も北野先生も、
まだお互いを好きなんだもん。

北野先生の生徒の啓太もまた、

いやらしい男だね。

「先生、あんまり俺に

偉そうにしない方がいいよ」

過去に北野先生に何か恨みでも?
彼女とイチャついていたのを、
注意されたこと?
もしかしたら、学校で彼女とイチャついたのも、

北野先生を困らせるためだったのでは?

啓太は北野先生から
お金をゆすろうとしたけれど、
お金が目的でもなさそうだ。

利佳子の娘のお姉ちゃんのほうは、
お母さんが公衆電話の中で、

泣いてたのに気付いたね。

お母さんの泣き顔を妹に見せないために、

コンビニに妹を誘った。
大人だね、お姉ちゃん。
もしかして、お母さんのこと、何か気づいてる?

利佳子も紗和も、
不倫にピリオドを打てるかな?

「振り向いてはなりません
振り向いたらそこは
本当の地獄です」

これから地獄が始まるのかもね…。

北野先生は、堅物な教師という設定だけど、
斎藤工のような洗練された雰囲気の

堅物教師なんて、 実際には存在しないよね~。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR