FC2ブログ
2014.06.01

BORDER 第8話 『決断』 感想

8話は、じらしたね~。


石川が死者と話すタイミングを伸ばす伸ばす。


比嘉も、立花も、

石川を邪魔しないで早くのいてよー、と、

思わずテレビの前でつぶやいたわ。


「トイレに寄るから先に行っててくれ」

と石川が言うと、


今回は「あっ俺も行く」と立花。


後で行けよ~、と思ってしまった。

いつもなら、

石川が「トイレに寄るから…」と言うと、

すぐに死者と話せるのに。


赤井も、「1人だけ知っています」と、

情報を出し渋りする。


でも、そうしないと、

すぐに犯人が分かってしまうから、

ドキドキ感がなくなるもんなぁ。


市倉も悪い奴?と私も疑ったよ。

だって、すごく立派な家に住んでいるんだもん。


「でもゴミを出してる班長を見て

信じる事にしました」


奥さんの実家が裕福なんだね、

市倉さんちは。幸せそ~。


8話で石川を撃った犯人が、

鴨川管理官と判明した。


鴨川管理官はよくぞ簡単に、

仲間を何人も殺したよね。

逮捕されて良かった。

石川の頭の中の弾丸は、

頭の中に残ったままだけど…。


ここまで感想を書いても、

次に書くことが、ちっとも思い浮かばない。

私は8話は、いまいちだったわ。


小栗旬の演技は、

相変わらず魅力的だったけど。


初めの10分ほどで、

死者から犯人を石川が聞き出して、

とっとと終わってもらっても良かった、

なんて思ったりして。

私の集中力が欠けているせいかもしれないけど。


次の9話が最終回?


石川の兄は遺書もなく自殺しているから、

私は最終回で、石川は兄に会って、

真相を聞くのか?と思ったけど、

そうでもなさそうだし。


石川は頭の中の弾丸を

取り除く手術をするのかな?


最終回は『越境』というサブタイトル。

いったい、何を越えるのか!?





にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.06.01

土曜ドラマ 『ファーストクラス』 第7話 感想

ファーストクラスのライバル雑誌

『プエルト』の創刊が決まった。


編集長は八巻小夏(三浦理恵子)。

ファーストクラス編集長・大沢留美と小夏は、

ついにライバル関係に。


そして、プエルトの副編集長は…


吉成ちなみ!


なんというシンデレラストーリーベル


レミ絵じゃないけど、

「ピーピピピピ ロックオン」

と言いたくなるような、ちなみの変化。


安っぽい服装を注意されたちなみは、

編集長の小夏よりも目立つ服を

シャキッと着こなして、メイクもバッチリ。

喋り方だって、昨日までとは大違い。


ついに、エリカ様ちなみの本領発揮だ。


「だから何?」


ちなみは、レミ絵のひっかけにも、

ちょっとやそっとでは騙されない。


泣き真似して、ちなみを揺さぶるレミ絵にも、

「違います、それは違うと思います」とキッパリ。


これほど急激に変化する女、

私の周囲では見たことがないわ。


『気をつけよう 暗い夜道と 吉成ちなみ』


だけど、さすがのちなみも、

樹にレミ絵がキスしたことは

ショックだったみたいね。


「はい注目~。薄汚いシンデレラ」

レミ絵ほくそ笑む。


レミ絵のやり口は相変わらず汚いけれど、

あそこまで腹黒いと、

なんだか見ていてスカッとするわ。


ちなみに迷っている時間などない。

自分の仕事を思いっきり成功させること、

それがちなみの役割だ。


なんてったって、ファーストクラスと、

創刊されるプエルトは、

詢香社の中で同じ系統のファッション雑誌。

勝ち残ったほうが残る。

負けたほうは廃刊!?


プエルトの創刊号の企画は、

世界的に有名なクリエティブディレクター、

樫本潤×ERENA


樫本潤は昔、詢香社で

エディターとして働いていた。

そんな彼女のサクセスストーリーを

記事にしたいちなみ。


一方、ファーストクラスの企画は、

MIINAの独占告白

思いっきりスキャンダラスに、

タブロイド


※タブロイドとは、タブロイド判の略

普通の新聞紙1ページの半分の大きさ。


ちなみがいきなりピンチに!

撮影時間になっても、

樫本潤がスタジオにこない。


今までのちなみなら、

パニックになっていたかもしれない。

だけど副編集長になったちなみは違う。


レミ絵から、潤には隠し子の女の子がいて、

父親はスタイリストの拓海と聞いたちなみは、

あせったりせず、

拓海に潤の居場所を聞き出した。


潤には息子がいることは知られていたが、

娘がいることは隠していた。

その話を、潤本人から、

聞き出すことに成功したちなみ。


10年前、拓海と大恋愛した潤は、

娘・若菜を産んだ。

ちょうどそのころ、潤は、

ロンドンのデザインコンクールで優勝した。


そんな潤に、拓海は

ロンドンへ行けと言ってくれた。

娘の若菜は、父親の拓海と、

その両親が育ててくれた。


「多くのことを犠牲にしないと

女は成功しない。

でも、そうとばかりは思わない。

それをあなた達に見せてもらいたい。

期待しているわ」と樫本潤。


新刊雑誌「プエルト」の企画は大成功。


「MIINAが可哀想…」と、

ちなみの痛いところを突いてくるレミ絵。


しかし、ファーストクラス編集長の留美は、

レミ絵をたしなめた。さすがだ。


留美は次号のファーストクラスで、

編集長を辞めるという。


では、ファーストクラスの

次の編集長は誰?


ちなみ!?みたいね…。


副編集長より、編集長のほうが、

ランクが上だもんね。やるよね?


どんだけトントン拍子なんだ、ちなみ!

シンデレラもビックリだぜ


それより驚いたのが、

ちなみにラブな女の存在。

あれは静香だった??


白雪はファーストクラスを辞めて、

フリーライターになったけれど、

まさか、これにてドラマから退場~??

また何かの形でからんでくるのかな?



ドラマを見ながら、メモしながら、

感想を書いていますが、間違ってるところがあるかも。

最近、録画してても、見直すのが面倒で…。

展開がはやくて、感想書くのが疲れるドラマです。






にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR