FC2ブログ
   
03
30
   

ごちそうさん 第141話 感想

竹元教授の大声再び。


「生きてはったんですか!?」

私もそういう気分…。


木の実を採取し、海の幸を食べて

無人島で暮らしていた竹元。

ず~っと無人島で、

暮らしてはったらよかったのに…。


蔵で始める座敷の設計はどうするのか?

悠太郎さんならこう建てる、というふうに

してほしいめ以子。


悠太郎らしさとは?

安全で頑丈ということには

こだわるけれど、

デザイン的な設計のこだわりはない。


竹元の考える空間は、

カレーの女神、カレーの菩薩が

見下ろす空間。

カレー色?

彼色?


め以子の彼色…

悠太郎は生きているのか?


屁理屈で面白くない

閉そく感のある男を

神も仏もそばに置きたくないから、

悠太郎は生きている、と言う竹元。


竹元は思い出していた。

若き日の悠太郎が、

コンクリートの階段を、

自分で一生懸命造っていた姿を。


安全で住みよい街を

造るのが夢だった悠太郎。


そうだったと思いだし、

涙するめ以子。


竹元にしては、

なかなか粋なはからいだったね。






theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

福家警部補の挨拶 第10話 感想

10話はいまいちだったなぁ…私は。

父親が娘を思う気持ちも、

娘が父親を思う気持ちも、

それほど伝わってこなかったし。


第一、菅村が遠藤と金沢を

刺したことを、娘の比奈が

分かっていたとしても、

遠藤の横に落ちていた刃物を、

握ったりするかな?

父・菅原が元から堅気の人なら、

比奈の行動も理解できるけど。


福家警部補は比奈に

2つの仮説を話した。

私はとどめを刺したのは、

比奈かと思ったけど、

違うようだった。


福家警部補は菅原に、

娘のために、窓際にランタンを

置いて出て行くのではなく、

「娘を抱きしめるべきだった」

と言ったけれど、

う~ん…、むずかしい。


人を刺したばかりの父に

抱きしめられて、

比奈は素直な気持ちに

なれたかなぁ…。


比奈は人殺しが嫌いで、

カッターナイフで

自分を刺してしまったほどだしね。


福家警部補は比奈に言った。

「真実に向き合い、

本当に生きて欲しいのです」


たぶんそれは、福家警部補が

自分自身に言い聞かせた

言葉だったのかもしれない。


そんな福家警部補の過去とは!?


10話で面白かったのは、

「しゃす、ちゃす」

「おしゃす」


「しゃす」は「押忍(おす)」みたいな感じ?

じゃあ、「おしゃす」は、

「しゃす」を丁寧に言った感じ??




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR