FC2ブログ
   
08
15
16
17
   

あまちゃん 129話 感想

鈴鹿ひろ美との疑似親子生活も

まる1か月を迎えようとしていた。


鈴鹿スペシャルジュース、

ザクロの実のような色だったね。ワイン


アキほど喉を使わない正宗も、

ジュースを飲まされて、


うわーーっ!!


かなりマズそう。


映画の撮影は順調?のようだ。


モニターの前で話し込む鈴鹿ひろ美と太巻が、
夫婦みたいに見えるアキ。


演技をする鈴鹿ひろ美が、

夏ばっぱに見えた、とアキが言うと、

「歩き方とか姿勢とか演技の参考にした」と、

鈴鹿が言う。


天然ボケなところがある鈴鹿ひろ美だけど、

さすが大物女優、演技に関しては研究熱心だ。


鈴鹿に参考にされた夏ばっぱは、

もうすっかり元気になったようで、

家でじっと養生していることが我慢できない。


春子はそろそろ潮時かなと思い始める。


うに丼も再開することになった。

組合長に連絡を取るのに、

春子に買ってもらった携帯電話を使う夏。携帯

ウニのストラップ付き。


夏が元気になるということは、

春子にとっては嬉しい反面、

寂しいことでもあった。


遠くの不良娘より、近ぐの他人。


東京へ戻ろうと思い始めた春子に、

水口から電話とFAXが。FAX


映画『潮騒のメモリー~母娘の島』
PRプロジェクト企画
第1弾 主題歌もリバイバル!!!
   「潮騒のメモリー」
天野アキfeat. GMT&アメ女


featuring
特定の人物などを際立たせること
音楽では「ゲスト出演」の意味で使用


太巻は所々に、

英語を使うのがお好きなようで。


and

with

returns


そういう所にもイラッとして、

落ち目のアイドルと抱き合わせなんか

絶対ダメ!と言う春子。


主題歌の企画案について話す太巻は、

緊張のためか、荒っぽい関西弁になり、

「ぶらり途中下車の旅」の滝口順平のような

口調になっていたけど、

あれって、太巻(古田新太)のアドリブ?


「巻かれない。

ダンサー崩れの踊りヤクザに」と言う春子。


「お宅のお嬢ちゃんがなんぼになるか
もう1回よー考えてみますわ」と言う太巻。


予告からすると、春子が歌いそうだけど、

そこへ行きつくまでは、まだ時間がかかりそう。


朝早く、夏には何も告げずに、

東京に帰ってしまった春子。


うに丼作りを再開した夏。


春子が今日、東京へ帰ると、

何となく分かっていた夏は、

うに丼を1つだけ家に持って帰り、

「うに丼作ったぞ。ほれ!」と、

春子の部屋に入るが、

もうそこには春子はおらず、

布団がきちんとたたんであるだけ…。



「せわしねえな。
誰に似たんだか。ハハハハ…なあ?」

と笑うが、少しさみしそうな夏。


春子は夏の口から聞きたかった、

おかえり、ありがとう、すまなかった、

という3つの言葉も聞くことが出来た。


もちろん、夏の体のことはまだ心配だろうが、

それよりも、アキのことが気になってきたかな?


ママに守られ、彼氏に守られ、

アキちゃんは幸せだ、

と言ったユイの何気ないひと言の、

「彼氏」という言葉に、

春子はガツンとやられてたもんね。

契約違反になるかもしれないしー。注意


ねえ、何?彼氏って?
もしかして板前?


そう聞かれたら、

ユイも頷くしかないよね。

春子は水口に電話したが留守電。


春子の性格からして、急いで戻って、

自分で確かめなきゃ気が済まないね。


アキ…、ママに怒られるぞ。。



『潮騒のメモリー~母娘の島』の公開日は、
2011年3月5日に決まったようだけど、
あの、東日本大震災のほんの少し前だね…。





theme : NHK:朝の連ドラ
genre : テレビ・ラジオ

スターマン~この星の恋~ 第8話 感想

えーーーーーー!!! 祥子も宇宙人!?


でも、重田と星男のように、

自分が宇宙人だという、

ハッキリとした自覚がないのはなぜ?


重田と星男が目で会話しているのを見た節が、

言葉で話すように注意した時のように、

宇宙宇宙船に例えて、

私なりに祥子の仮説を立てると…。


祥子が船で島を出たときは幼かった。

たぶん、親と一緒に船で島を出て、

途中で船の調子が悪くなって、

この町にやってきた。


そして、本物の祥子が亡くなった時に、

祥子の体に入った。

こんな感じかな??


幼い宇宙人だった祥子は、

人間の体に入って成長するにつれ、

宇宙人としての記憶は薄れたけれど、

いつか宇宙からお迎えが来るような気がして、

その思いが日に日に強くなった。

以上、私が考えた仮説でした。



溝上先生から、

15年くらい前に、往診に行った時、

祥子は医学的には一度死んだのに、

突然、まるで命が新しく宿ったように

目を覚ました、という話を聞き、

自分の中でモヤモヤしていた気持ちが

スッキリした祥子。

モト冬樹って、カツラかぶるとけっこうイケメンな顔立ちだ。



15年前の新聞には…。


富士山麓に巨大発行体 UFO墜落!?UFO


日付けは…。


1998年(平成10年)4月17日(金曜日)


追加の記事には…。


25年前にも同様の巨大発行体が出現!キラキラ



節が、yamazonで買った

宇宙人探知機?も、

祥子が店に近づいたら、

MAXに反応してたっけ。ロボット

ただの痛い女だと思ってたけど、祥子も宇宙人だったとは驚き。



ところで、宅急便の配達の女の人、

佐和子と重田の古女房が入ったお店で、

ウエイトレスもしてなかった?

前にガストの店員とかもしてなかった??

もしかして、あの女も宇宙人???



古女房から、宇宙人の妻としての

助言を求めた佐和子。


古女房の話によると、重田や星男は、

傷ついた生き物を治す能力を持っているが、
その能力を使うと、ダメージを受ける。

人間のように、相手が大きい生き物だと特に、
寿命が縮まるぐらいのダメージを受ける。



重田が古女房の病気を治した時は、

「死んじゃうんじゃないかと思うくらい
ダメージ受けてた」と。


だから止めなきゃだめ、どんなに苦しくても。


そう忠告を受けた佐和子だったが、

片頭痛で寝ている時に、星男は手を当てて、

佐和子の頭痛を治してしまった。

猫の傷も簡単に治してたね。


あせる佐和子。


星男と一緒にいたい、いなくならないで、と、

そのことばかり考えてしまう自分が、

みっともなくて嫌になる佐和子。


でも、明るい佐和子はすぐに前向きになる。


面白いね。この星の恋は。
楽しいもんなんだよね。恋は。


佐和子は幸せだ。

星男と可愛い息子たちがいて。


息子たちが作ってくれた、

治る治る坊主を、

大切に箱にしまう佐和子。

いろんな治る治る坊主があって可愛かった。



重田は、孫が彫刻刀で、

手にケガをした時に治してあげたけど、

「ありがとう、おじい様と、

孫が言ったのが印象的だった。


ところで、古女房の名前は何て言うんだろう?

相関図にも書いてないし。

こんなに登場する予定がなかった?もしかして古女房も…。


しかし、古女房はすごい食欲だったな。

佐和子がおごってくれると聞いて頼んだのは、


溶岩定食 ラーメンラーメン 味噌田楽。

溶岩定食って味付けが辛いとか?メラメラ



重田の星の人たちは、納豆が体に合うらしいけど、

納豆に佐和子がネギを入れたら、

星男の顔色が変わった。ネギは嫌い?


ドラマのラストで、星男が、

「考えてることがあるんだけど」と、

佐和子に言った。


次回の予告を見ると、

星男は幸平たちと一緒に、

林業の仕事をするようだから、

たぶん、そのことかな?




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR