FC2ブログ
   
07
22
   

あまちゃん 第79話 感想

ユイがまたミス北鉄に選ばれた宝石赤宝石赤2連覇。


ユイはお父さんの看護で学校を休み、
学校へ行きづらくなっていた。


駅で地元のファン?にからまれるユイ。

そこへ土木科の磯野先生が!


よせよ。
彼女、嫌がってるだろ?
覚えとけよ。

覚えてるさ!

普通科の先生が嘆いてたけど、
学校さ来ねえって。

学科は違うけど、先生、ある意味、
潜水土木の生徒よりユイちゃんのことが…。


えー、磯野先生もユイのことが好きなの!?∑(゚Д゚)


後ろから吉田副駅長が磯野先生の肩をトン。


よせよ。
彼女、嫌がってるだろ?

磯野の真似をする吉田副駅長、おもしろ~い。


その間にいなくなるユイ。


一方、東京のアキは、

安部ちゃんの移動式屋台へ。
そこへお客として現れた種市先輩。


自分、まめぶ大盛り。
じぇじぇじぇじぇ!


東京へ出てきているなら、

なぜすぐに連絡しないのか?と問われたアキは、


いやすぐに連絡したら負けっつうか、

まだ恋愛感情あると思われてもしゃくだから。
めんどくせえ奴だな。
じぇ。懐かしいな先輩。

どっかでめしでも食うか?
うまいもんでも食おうぜ。
おごるよ、一応、社会人だし。

遠慮しないで何でも好きなもの…。

お寿司!


種市とアキが入った寿司屋はまた、無頼鮨

注文したのは、ランチかな?

(にプラスしてかっぱ巻きと鉄火巻)

まあ、高級なお店でも、

ランチなら、手ごろな値段で食べられるよね。


アキと種市の話題はユイのこと。


ユイからのメールを種市に見せるアキ。


【留守電ありがとう】
もう大丈夫。お父さんもずい
ぶん回復してきてるから。

ぜんぜん大丈夫。
リハビリの成果も出てるしね。
だから、私もまだ大丈夫、
頑張れる。
本当に大丈夫だよ。


「大丈夫って4回も打つなんて、
大丈夫じゃない証拠だ」と言う種市。


天野には弱いところ見せたくないんだろうな。
なんとかしてやりてえけど…。


東京へ来てから、ユイのことばかり聞かれて、

へこむアキ。


安部ちゃんも先輩も、

口をついて出る言葉は、「ユイちゃんは?」。


でも、アキは、ひがんでいる訳ではなく、

やっぱりユイはすごいと言う。そこがアキのいいところだよね。


いねえところで話題に上るって事はよ、
みんなの心の中さ、ユイちゃんがいるって事だべ?

それがスターの条件っつうか、華っつうかよ
やっぱユイちゃんは表舞台に
立つべき人間なんだなってつくづく思う。


でも、アキが1番ショックだったのは、

種市先輩が、熱くてカッコイイ男でなくなっていたこと。


種市は、羽田空港滑走路拡張工事に意欲を燃やしていたが、配属されたのは、スカイツリーの現場。
南部ダイバー魂を見せようがない種市。


しかも、高所恐怖症で、


潜るなら海底100mでも全然平気だけど
高いところは5~6mでもくらくらする。


種市は東京スカイツリーに夢を奪われたが、

東京スカイツリー建設計画を絶好のチャンスと

とらえて勝負に出た男が太巻だった。


太巻が上野に劇場を造った理由は、

2011年に、東京スカイツリーが完成したら、

(太巻は東京EDOタワーという名称にしたかったが)

東京の中心は上野に変わる、という事だった。


渋谷 お台場、秋葉原なんてもう古い!…下北沢?ふっ
演劇なんてださい!大っ嫌い!
アメ横でしょう!
スカイツリー?…のお膝元で、
私、太巻はアイドルを育成します!


東京スカイツリーはアキを曲りなりにもアイドルにし、
種市の夢を奪った。


種市は、田舎に帰って、南部もぐりの指導者になるか、
ホヤ、なめこ漁でもやるか…と言う。

すっかり変わってしまった種市に、

アキがガックリしている暇もなく、

無頼鮨に鈴鹿ひろ美と太巻がやってきた。



ところで、無頼鮨って、

めずらしい店名だね。


無頼(ぶらい)とは?

正業に就かず、無法な行いをすること。
また、そのさまや、そのような人。
頼るところのないこと。




theme : NHKドラマ
genre : テレビ・ラジオ

激流~私を憶えていますか? ~第1話 感想

京都への修学旅行の途中に、同じ班だった冬葉が、
こつ然と姿を消して行方不明のまま年月が流れる。
そして、20年という時を経て、冬葉からメールが届く。


「私を憶えていますか? 冬葉」


背筋がゾクッとするようなストーリーだ。


このドラマを私は録画してなかった。それで、

「録画したよ」と言う友人に見せてもらったが、


テレビではなく、携帯携帯での録画だった。


早見再生で見せてもらった。

そんなふうに見た私が、

唯一、覚えているセリフが、これだ!


「大切に使わせていただきます」

…だったと思う。微妙に間違ってたら許して。


さて、これは誰が言ったセリフでしょうか?


正解は、主婦売春していた貴子(国仲涼子)が
客である大林(カンニング竹山)から、

お金を受け取ったとき。


あー、そんなふうに言うんだ、って思った。
育ちのいい奥様が出向きます、という設定だから?


国仲涼子とカンニング竹山が、
一緒にシャワーを浴びるシーンは、
シルエットの映像だったが、たぶん、

裸ではなくて、ボディラインに影響しない

下着みたいなのを身に着けていたんだろうね。


でも、カンニング竹山はドキドキしただろうな…ドキドキ

男の人は、ドキドキしたら、

いろんなところがドキドキしちゃうから大変だ。


第2話では、夫がリストラされた貴子(国仲涼子)は、
娘を名門私立小学校に通わせ続けるために、
大林(カンニング竹山)と愛人契約を結ぶようだ。

可愛い奥様が、よくぞ、思い切ったことを…。


このドラマは、出演者が豪華だ。
田中麗奈、桐谷健太、ともさかりえ、山本耕史、
国仲涼子、武田真治、賀来千香子、田中美佐子。


第2回目は7月2日。

また、貴子と大林から目が離せない。
それは私だけか…。


第2回 NHK総合 2013年7月2日(火)夜10時放送
【再放送】総合 2013年7月9日(火)午前1時25分放送





theme : NHKドラマ
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR