2013.02.19

ビブリア古書堂の事件手帖 6 感想

ビブリア古書堂の事件手帖 第6話 感想


んー謎だ。


気になってしょーがない。


何が?って?それは…


栞子は何者かに石段の上から

けり落とされて足首骨折。


たまたま通りかかった藤波が、

救急車を呼んでくれて…。


病室のシーンへ。


文也、志田、藤波が病室を出て、

病室に大輔と二人っきりになると、

栞子は、おもむろに、病室の金庫から

太宰治の『晩年』を取り出して大輔に見せる。



えーっと、、、

その本、どうやって持ってきたんですか?



石段から蹴り落とされて病院に運ばれて、

救急車を呼んでくれた藤波が帰った直後に、

すでに金庫には本が入っていた事になるけど?




栞子は、大輔に見せた本は、レプリカだと言っていたが、

本物も金庫に入れてあると。

ドラマ後半に大輔が言っていた。




昭和11年に砂子屋書房から刊行された初版本で、

300万円以上の価値がある本を、病院の金庫に、

いつ、持ってきたんですか?

お腹に本を巻きつけていたとか??



ストーリーより、そこが気になってしまい、

私の見落としか?と自分を疑い、

夫にも聞いてみたが、

「えー、わかんないよ」と夫。



あと、先週の予告で、

石段から落ちる栞子が映ったとき、


どう見ても、スタントマンは男の子?では?

と思えたけど、第6話を見ると、


落ちるシーンが途切れ途切れになっていて、

予告のときより、スタントマンが見えなかった…ような?

予告より、うまくぼかしてあった?ような…。

私の見間違いでなければ。




ドラマのラスト。

本物の初版本を持って、病院の屋上へ逃げる栞子。


あぁー、屋上へ行くより、

ナースステーションへ行くほうが安全だよ。。。


そんなことばっかり考えて見ていた私。


しかも続くだし。


本はスカートの中に隠し持っていた…とか?

ストールの中に背負ってた…とか?

誰か分かる人いたら教えて。。。








にほんブログ村

テーマ : 2013年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR