2013.04.03

霊能者に質問したこと

ずいぶん昔の話だが、霊能者に、

こんな質問をしたことがある。


「この前、すごく嫌なことがあったんです。

私に落ち度はなく、

相手に損害も与えてないのに、

何を勘違いしたのか、

すごい剣幕で文句を言われたんです。

そういう出来事がある日は、

私に何か理由があるのでしょうか?」と。


すると、霊能者は私をスーッと見て、

私の背後を見るような感じ。

こう言った。


「具体的なことは分からないが、

あなたがモヤモヤした気分でいたり、

体調が悪くてオーラが弱っているとき、

イライラした気をもった人が寄ってきて、

ここぞとばかりに、

相手が溜め込んでいる日頃のうっぷんを、

あなたが引き受けるはめになる。

つまり、

プラスとマイナスのような関係で、

お互いが引き寄せる」のだと。


こんなことを思い出したのは、

コンビニで損したせいだ。

ささいなことだけどね。


コンビニはどこでもそうだけど、

店員の質というのは、

店の指導というより、

その時々によりまちまちだ。


とあるコンビニで、私の会計は398円だった。

千円札を出そうかと思ったが、

コンビニに寄る前、

違うお店に寄った際に、

小銭入れの中に、百円玉が5個と、

五十円玉が2つ入っていたのを確認していた。


それで、

適当に小銭入れから出すと、

出てきたのは、

百円4つ五十円玉が2つ


私は百円玉2つを2列にして、

店員の前へ並べた。

 ●●

 ●●

こんな↑感じに並べて出した。


会計は398円だから、

百円玉4つで足りるよね?


で、残りの50円玉2つは、

自分のほうへ引き寄せた。


◎◎

五十円玉2枚はこんな感じで私の前。


ところが、

店員は何を勘違いしたのか、

並んだ硬貨をチラッと見た後、


百円玉を勢いよく引き寄せ、

レジカウンターの下で手に受けて

レジの中に収めたあと、


私が自分の前へ戻した50円玉まで、

勢いよく引き寄せ、素早くレジに入れ、

2円とレシートを私に渡した。


レシートを見ると、

お預かりは400円となっていた。


●●

●● 百円4つ



◎◎ 五十円2つ



何度計算しても、私の頭では5百円だ。


なんでやねん! ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

と、心の中で叫んだが、

私はトロイので、言葉が声にならない。


あ~あ、ただでさえ今日は頭痛がするのに、

顎の付け根まで痛くなってきた…。


こういう日に何か抗議すると、

すごく嫌な思いをするはめになる。

私は瞬間的に、

百円と嫌な思いを天秤にかけて、

百円損するほうを選んで、

おとなしく帰った。

五百円なら抗議したと思うが。


大手のスーパーのように、

お札も小銭も機械が確認するレジなら、

まず、間違いは起こらないと思うが、

つり銭切れでエラーになることはあっても。


旧式のレジを使っているお店で、

よく確かめもせず、

勢いよくレジへ小銭をしまうのは、

どうなんだ?お札なら尚更のこと。


そして思い出した。

ケーキ屋ですごく嫌な思いをしたことを。


その日、私は、

ケーキを2つだけ買って帰ろうと思い、

バックの中から小銭入れを出して、

千円札を1枚だけ入れた。


車には夫が乗っていたので、

バックは車に置いたまま、

千円入った小銭入れだけ持って店へ。


おめあてのケーキは決まっていた。

私はケーキを2つ買って、千円札を出した。

そして、おつりを待っていた。


ところが、店員は、

「ありがとうございました」と、

レシートだけよこすので、

「あのぅ、千円札を渡しましたよね?」

と私が言うと、


「いいえ、ちょうど頂きました」と、

ムッとした表情で言う。


私は財布の中を見たが、

当然、財布の中身は空っぽだ。


私が「確かに千円札を出しました」

と言うと、店員は、

「絶対に小銭だった」と言い張る。


しかし、車から降りるとき、わざわざ

千円札を小銭入れに1枚だけ入れた私は、

「千円札を出しました」と自信を持って言った。


すったもんだの挙句、店員は、

「私は間違っていないが、

おつりを渡します」と言った。


なんて店なんだヽ((◎д◎ ))ゝ


ケーキはおいしいけど、つぶれるよ、こんな店。


と思っていたら、しばらくして、

本当にその店はつぶれていた。


こんな小さな出来事も、

長い間、記憶の中にとどまるものだ…。


初めに書いた

霊能者の言葉を参考にするなら、

コンビニで雑な店員に出会ったのは、


私の体調が弱っていて、

気分がモヤモヤしていて、

相手が溜め込んでいる日頃のうっぷんを、

私が引き受けるはめになり

この出来事は、お互いが引き寄せた

…と、いうことになるのかもしれん。


そういう日は、何も考えず、

2~3分、頭の中を空っぽにして、

【無】になるのが効果的だ。


でも、深夜2時~3時頃は、

心を無にするのはやめておいたほうがいい。

過去の私の体験により。


気分転換するために、

お店で買い物するとき、

店員が爽やかだと得した気分になる。

今度はそういう店員に出会えるように、

私の体から発している【気】をプラスとまでいかなくとも、

せめてフラットにしておきたいと思う。









テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

2012.11.06

催眠術

『爆笑!大日本アカン警察』で、

11月4日放送


ネガティブモデル栗原類が

ポジティブになるという催眠術を

かけられていた。


いきなり笑いだしたり、

マイケルジャクソンの曲を聴いて、

奇妙なダンスを踊りだしたりした。


類君がんばったね・・・

がんばって催眠術にかかったフリをしたね。


というのが私の正直な感想だ。


もちろん、催眠術を

完全否定しているわけではない。


日常生活においても、

催眠術とは関係なくとも、

人は誰しも周囲の人の発言や、

テレビや本の影響を受けて、

例えば、食べ物ひとつにしても、

より好きになったり、

嫌いになったりするものだ。


だから、

催眠術がまるっきり嘘とは

思ってはいない。


でも、本番前に30分時間をかけて、

催眠術の先生が誘導していたとはいえ、

たかが30分で、あそこまで

豹変することはあり得ないと思う。


何度も何度も催眠誘導されて、

マインドコントロールされてからなら、

急に笑い出したり、

踊りだしたりするのは分かるが、

30分であそこまでは無理だ。


爆笑!大日本アカン警察での

栗原類は、彼自身の演技で

ポジティブな笑いを演じ、

奇妙なダンスを踊ったのだ。と言い切る私。


なぜなら、VTRが流れたあとで、

沖縄にいる栗原類に中継がつながったが、


一番うきうきした気分になったのは、

ピーナッツを食べたときと、

ブーブーークッションに座ったとき、

と答えたあと彼は、


「…でも、僕も催眠術の先生の…」

と、言いかけたが、

いきなり浜ちゃんが

「何言うてるかわからへん」と、

彼の話を止めた。


たぶん、それ以上彼が話すと

マズかったんだと思う。


私の勝手な想像で補足すると、

「…でも、僕も催眠術の先生の誘導に

できるだけ応えられるように頑張りました」

と言いそうになったと想像する。


だから、すごいのは、

催眠術をかけた先生ではなく、

栗原類がすごいのだ。


テレビでやっている催眠術と、

催眠療法とは違う。



私は催眠療法を受けたことがある。

その話はまた後日気が向いたら。






最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR