2017.09.17

愛してたって、秘密はある。 最終回 感想 爽も黎も中途半端だったラスト

ずっと付き合ってきたのに、

黎が解離性同一性障害(二重人格)だということに、

今更のように気づいた爽。


そんなことってある?

「ん?」と思うような行動が、

少しくらいはあったはず・・だと思うのだけど。

黎がパニック障害を起こしたことはあったが。



父さんは殺されて当然だと思ってきたのに、

日記を読み、案外いい人だったことに気づき、

自責の念に駆られて、

自分を追い込むような行動を

無意識にとっていた黎。


母さんは看護師だし、

黎とずっと一緒に暮らしていたわけだし、

もうちょっと打つ手はなかったのかな。


心の均衡を保つために、

朔(さく)という人格を生み出した黎。


朔だけがやっていたのかと思ったら、

母さんも手伝っていたなんて。。。

警察が見つけるように仕向けておいた箱も、

黎が先に見つけてしまった。


日常生活において、

外で朔が現れることもあったのでは?

と思ってしまうが、母さんの前でしか

現れなかったんだろうか。


解離性同一性障害(二重人格)より、

統合失調症に近い瞬間もあったのだから、

薬を飲ませて落ち着かせることもできたのに。

母さんは看護師だから、

薬を手に入れることもできたと思うけどなぁ。



「爽、ありがとう」

そういって警官に連れて行かれた黎。

朔と黎という二つの人格を演じた福士蒼汰だったが、

朔はアホみたいな人格だったよね。

朔と黎の境い目が、もう少しはっきりしていたら、

もっと面白かったのに。


100の嘘を重ねたって、これにはかなわない。

指輪に刻まれた文字は、主題歌のタイトルと同じ。

ずっと ふたりで


罪を償ったら、黎と結婚したいと、

本当に爽は思っているんだろうか?

そんなふうに見えなかった。

爽は弁護士になりたいと思っているが、

身内に犯罪者がいたら、

弁護士になりにくい…とか前に言ってなかった?


ちょっとネットで調べたところによると、

二重人格というのは、統合失調症よりも治りにくいらしい。

朔という人格は、黎が追い込まれたときに

また出てくる可能性大。


朔と黎の対決が最終回で見たかったわ。

huluでしか配信されないのね。残念。
もう解約しちゃったし。hulu


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.09.11

愛してたって、秘密はある。 9話 感想 父さん、俺が殺したと黎が!

母さんが逮捕されたというのに、

ソファーにゆったり腰かけて、

トゥーランドットのアリアを、

身振りまでつけて聴いている黎。


黎、頭、おっかしーーーーー\(◎o◎)/!



香坂法律事務所の先生が預かっていた

皓介の日記のコピー。

ん?どうして香坂先生が預かっていたんだろう?


2006年、地検特捜部にとって、

代議士の前園を逮捕することが重要だった。

毎日のように地検に呼び出されて、

ついには嘘の調書まで立花に作成されて、

「記憶を入れ替えればいい」とまで脅された皓介。


でっちあげられた調書に署名しろと立花に迫られ、

不安や恐怖から逃れるために、

晶子に手をあげるようになった皓介。



黄色いバラは風見教授の好きな花。

その花を見ただけでイラつくようになった皓介。

それで、あの日も黄色いバラが散乱してたのか。


黎は宅配が送られた配送センターを調べてくれるよう

一ノ瀬に頼んだが、防犯カメラに映っていたのは、

黎なのかもしれないね。


黎は自分が犯した罪の意識にさいなまれ、

早く自分が殺人犯だということを

誰かに見つけてほしかったのかもしれない。


立花は皓介が失踪したのは、

取り調べから逃れるためだと思っていた。


冷酷な取り調べをしていた立花だったが、

家族は愛しているようだ。

風見がナイフを突きつけてきたとき、

暁人が立花を守ろうとしたが、

とっさに身をひるがえして、息子を守って刺されてしまった。


立花は死んじゃったの…(◎_◎;)

風見は殺人犯になってしまったのか。


100の嘘も1つの真実にはかなわない。
もしそうだとしても、
1000でも2000でも嘘は重ねるつもりだった。



「だけどやっぱり無理だった。
母さんじゃない。俺なんだ」


「父さん、俺が殺した」


あー、ついに真実を大好きな爽に告げた黎。


幸せになるために100の嘘を重ね
僕は一番大切なものを失った。



晶子が出頭したとき、黎は爽に嘘に嘘を重ねたが、

心は穏やかではなかったろう。

真実を告げたことで、得るものはあるのか。


ところで、風見はどこまで晶子のことを知っているんだろう?


誰がなんと言おうと誇りに思ってる。
ちゃんとごはん食べてね。



微笑み出頭した晶子。母は強し。


記者たちが黎のところへ取材に詰めかけたが、

意外にも虎太郎が記者を追い返してくれた。

へ~、いいとこあるじゃん。


黎と話していたとき、

ポケットから指輪を出そうとしてやめた虎太郎。


虎太郎に指輪を送ってきた奴・・・・

「誰なんだろうね?」と果凛が言ったが、

それも、黎なんだろうか。

そうなると、最終回で黎は逮捕されてしまうのか!?

ポチッと↓応援して頂けると励みになります。

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.09.03

愛してたって、秘密はある。 8話 感想 晶子でもなく、風見でもない?

8話の始まりは晶子母さんが怖かったね。

「堂々としていればいいの。
風見先生が見つからない限り、罪はないのと同じよ」



前から晶子は言っていた。

「嘘は最後までつき通したら幸せになれる」


もしかしたら他のことでも、

嘘をつき通している事があるのでは?

と思えるスタートだった。



姿を消した風見と、こっそり会っていた晶子。


「全部、俺がやった」と言う風見。


マジっスか! Σ(・□・;)

殺人の罪を引き受けるという意味ですか?


爽パパは、本当に風見がやったのか、と

晶子に聞いていたが、私も聞きたかったヨ。


晶子と黎をかばっているだけではなくて、

本当に風見が全部やったのかなぁ。。。

黎は自分がやったと思っているだけで、

本当は違っていた・・・とか?


晶子が持っていた古いダイアリーには、

「この苦しみから逃れることはできないのか、
本当に本当に晶子にすまない」


…と書いてあった。

あのダイアリーは、晶子のものか?と思っていたが、

皓介のダイアリーだったのね。


皓介は贈収賄で苦しんで、DVに至った?

院長は知らないふうに装っていたが、

院長と皓介は、あの事件に絡んでいたのかもしれない。


皓介が苦しんでいたことを、

晶子がダイアリーで知っていたとすれば、

元々は愛し合って結婚したのだろうから、

風見の父親がやったと、内部告発したのが

晶子だと考えてもおかしくない。


だけど、姿を消した風見と

こっそり会っていたことを考えると、

う~ん、わからなくなっちゃう。


風見は爽ママを縛って、

ナイフを突きつけたが、

いや~、落ち着いていたな、爽ママ。


「34年です立花と結婚して」


34年という年月が、優しそうな爽ママを、

肝の据わった女に成長させたようだ。


風見が捕まることなど望んでいないと言う爽ママ。

裁判に呼び出されて、あれこれ聞かれることを思えば、

もうそっとしておいてほしい、娘に幸せになってほしい、

爽ママの願いは娘の幸せなんだろう。


時効まであと少し。

風見は逃げ通せるのかドキドキしたが、

零時を回り、時効が成立した。


土壌の成分が分かれば、

埋められていた場所が特定されるかもしれない。

その言葉が頭から離れない晶子。


「爽と会って全部話してくる」というメモを見て

これまでになく取り乱す晶子が見つけたのは、

黎の部屋にあった赤い袋に入った青い箱。



中身は黄色いバラのドライフラワーと、

夫の手の骨。


驚く晶子。

てことは、晶子があの箱を用意したわけではなかったんだ。


いったい誰?

風見ではないだろう。

そうすると、果凛か虎太郎?


庭で晶子は2006年のダイアリーを燃やした。

そして、11年前、夫を殺したのは自分だと、

夫の手の骨が入った箱を持って出頭。


目が据わっている晶子。

疑って悪かった。

黎のことを愛しているんだね。


爽に本当のことを言えず、

母さんが出頭したことを知った黎は、

前話までは、聞くだけでパニックになっていた

プッチーニ『トゥーランドット』のアリアを

口笛で吹いていた( ゚Д゚)

あまりにも、いろんな事があり過ぎて、

おかしくなっちゃったか?


次回予告で、皓介が「晶子、俺を許してくれ」と、

つぶやいているのが映っていた。


8話では、これまでになく話が進んだが、

こうして書いてみても、いまいちスッキリしない。


皓介を庭から掘り起こしたのは誰なのか?

「ハズレ」と書いた箱を送りつけたり、

風見の部屋と、黎の部屋に箱を送りつけたり、

同じ人物が行ったことだと思うが、

何のためにやっているのか。


風見は消去法でいくと消されるが、

もしかしたら、風見もまだ怪しいのかもしれない。

だって、風見家のお墓に黄色いバラをたむけていたのは、

風見だったじゃないか。


殺された日、黎のお父さんは、

どうして黄色いバラを持っていたんだろう?

風見から贈られた花だったのでは?

何のために?何かのお祝い?

友情という花言葉を持つ黄色いバラ。

でも、嫉妬という意味合いもある。


風見と晶子は以前から関係があったのか。

あ~わかんない。

↓応援ポチよろしくね~。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.28

愛してたって、秘密はある。 7話 感想 晶子は何もかも知っていた?

初めとラストが怖かったね。

爽のお兄ちゃんが黎の家を訪ねたとき、

ドアの開け方が怖すぎ。

「黎くんいる?」とか、声ぐらいかければいいのにね。

いきなりドアに手を挟んで強引に家に入ってくるんだもん。



ラストは風見の病院の部屋のロッカーから、

赤い袋に入った箱が!

「お父さん、どーこだ?」 と書かれた写真と同じ物。

中身の骸骨は、やっぱりお父さん?ギャー。


一ノ瀬にも赤い袋に入った同じ箱が届いたが、

しかし、こちらの中身は「ハズレ」と書かれた紙きれ。


こんなにまどろっこしいことを、

いったい誰が?


風見は「晶子と黎のそばにいたかった」と言っていた。

皓介が亡くなっていることを、風見は口がすべって

黎に話してしまったが、(すぐに訂正はしたけれど)

皓介のことも、先輩として慕っていたのは事実なようだ。

晶子のことも前から好きだったみたいだし、

わざわざ黎を追い詰めるようなことを、

風見がするだろうか。


いまいちよく分からないのが、

虎太郎と果凛、

そして一番手強そうなのは晶子だなぁ。


風見が爽を10年前に襲ったことを、

虎太郎は知っていたが、

ただそれだけなんだろうか。。。

果凛も怪しいが、死体を掘り起こすのは

女の子の力では無理だろう。


それとも、黎のお父さんの死体は、

風見が掘り起こして、

風見家のお墓に移していたんだろうか。

慕っていた先輩を自分ちのお墓に入れて、

で、前回お墓にたむけていたのが

黄色いバラってのもねぇ。なんだか。


晶子は2006年6月の日記を見ていたが、

「いつまで続くのだろう」とか書いてあったよね。

見返してないので、間違っていたらごめんよ。


その後、ドアの外で立ち聞きしていた晶子は風見に言った。

「私は何があってもあなたの味方ですから」

そして笑った。ニマッと。


晶子は爽が風見に襲われたことを

知っていたに違いない。

もしかしたら、風見の無実の父親のことを

地検に内部告発したのも、

晶子だったかのもしれないね。


立花父とも顔見知りだったようだし。

そうだとしたら恐ろしい女だな。



風見は辞表を書いて姿を消した。

自殺するんじゃないぞー。


爽は風見の弁護を頼みに行った。

加害者を許すことで、

自分も楽になれるとしても、

加害者の弁護まで頼むとは・・・・


今年の9月3日が時効。

時効まであと少し。

そして、黎と爽の結婚式までもあと少し。

こんな状態では無理でしょ。ね?

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

見ながら書いたメモ書き 参考までに。

風見のお父さんはこの病院の外科医で、優しい人だった。
ある日、地検の特捜部に前園代議士への贈賄の罪で逮捕された。
しかし、風見の父は一切かかわってなかった。
信憑性のない内部告発で犯罪者に仕立て上げられた。
取り調べて父は無罪だと言い張ったが、
担当検事は父がやったと決めつけた。罪を認めろと脅し続けた。
その検事が立花弘晃。
爽の父親。執行猶予がついて出てきたときには、すい臓がんで手遅れ。
犯罪者のレッテルを貼られたまま死んだ。

「立花に殺されたんだ。悔しくて、悔しくて、悔しくて」


けれども、本当に恨むべきは、

無実の男を内部告発で犯罪者にしたてた奴だ。


にほんブログ村



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.08.21

愛してたって、秘密はある。 6話 感想 「あの人…犯人」え?なんの?

爽がおびえながら、

「あの人・・・犯人」

震えながら指さしたのは風見先生。



いったい、何の犯人(◎_◎;)??


高校生のときに、風見に爽は何かされたの?

爽のお父さんが担当した事件と

関係があったりするのかな?



母さんの指輪を預かっていた風見。

指輪には、 KOSUKE TO SHOKO

前話で入れ替わっていた指輪は、

SHOKO TO KOSUKE だったような。

てことは、父さんの指輪を持っていたのも風見?

でも、虎太郎も指輪のことを知ってるような様子だった。


風見家のお墓に黄色いバラをたむけた風見。


やっぱり風見のほうが怪しさ度UP。


謎の人物からのメールに

「あなたは誰ですか」と返信した黎。

「君を一番よく知っている人」

あのメールも風見?

メールは虎太郎か果凛かもしれない。

すぐに返信できる暇人となると、

果凛の線が強いかも。


ところで、

就活しているスーツ姿の福士蒼汰を見ていたら、

大人になったなぁ…と。

あまちゃんに出演していたころと比べて、

頬がスッキリとして、

雰囲気が大人のイケメンになった福士蒼汰。


爽とのキスシーンも、いい感じでした。


法律事務所に就職も内定した。

もし、父さんがDVでなかったら、

もし、あの事件がなかったら、

ごく普通に幸せな結婚ができたのに…。


あ、でも爽の気持ちの中にも、

解決できていない事件がありそうだから、

過去を引きずる必要はない、

と、爽は話していたが、

黎も爽も身体が過去に反応してしまう。



「真っ白なところに
一つずつ絵を描いていこう」




2人の真っ白な気持ちに、

誰かが黒い点をつけて、

線を引こうとしている。(-_-;)


「爽といるときだけ、

本当の自分でいられる」と言う黎。

「黎は黎だよ。私の一番大切な人」と言う爽。


黎が父親を殺していると知っても、

その気持ちは変わらないかな・・・・。


「11年前の失踪を洗いなおす」

と、一ノ瀬が調べ始めた。


黎が引き出しにしまっておいた

凶器も誰かが持ち去ってしまった。


案外、晶子が持ち去っていたりして。


凶悪な事件を起こした犯人に対しても、

「自分だけは居場所になりたい、
そう思っています」と爽やかに答える黎。

「裏切られることも多いよ」

「それでも可能性を捨てたくありません」


爽は黎の居場所になれるのか。

黎は爽の居場所になれるのか。


風見と晶子が勤めている病院の

贈収賄問題も追及が始まりそうだ。


感想を書いてみたけれど、

一つ一つのパズルは、

私の頭の中でバラバラのまま。


スッキリしないねー。


爽と話しているとき、
「嘘だよ、どすこい」と黎はジョークを言ったが、
どすこいって、、、、


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR