FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

美女と男子 11話「あっちもこっちもスキャンダル」感想

かれんと右京は付き合うのかな?

それとも、マスコミに注目させるかれんの手段?


かれんはなかなかの女優ですね。


石野もやり手だ。


かれんと遼が強烈なキスをさせる台本に書き換えさせたりね。


右京の恋が今後どうなるかは別にして、

右京も遼も知名度が上がったのは、

石野の狙いどおりだ。


スキャンダルに巻き込まれたら、石野の対処法は、

1.真っ向から否定する。

2.認めてしまう。

3.煙に巻く。


でも遼はマスコミの取材をスルーする方法を取った。


遼は子供からの人気も落ちるかと思ったけど、

子供は意外と寛大だったね。一子の息子にしても。


IKKOさんのネバーギブアップな料理と、

たどころ晋也のネバーギブアップの歌詞はリンクしてた?


ロードを右京に歌わせるとは、嫌味親切なことだ。

このドラマを見ていると高橋ジョージは

意外と心が広いんだなぁと思ったわ。


今回も一子のじいさんがボケて「夫婦喧嘩は犬も食わない」とか言ってたけど、

うっかり「そうだな」と思ってしまった。私もボケてきたかもしれない…。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

美女と男子 10話「危険なヒロイン」 感想

一子もお母さんも、酒癖が悪いわ~。

似た者親子だね。


石野もこの家族にかかっちゃ、

どう対応していいのか悩むよね。

じいさんもいいタイミングで出てくるし。


一子が「やめなさいよ、もう」

寝言をつぶやいてたころ、

遼はかれんにキスされたところを

写真に取られました~。ヤバイヨヤバイヨ。カメラ


かれんちゃんは好みがハッキリしてるね。

右京とはキスシーンでも、唇をくっつけないのに、

遼には自分からキスするなんてさ。キスマーク


遼はダンスのレッスンを受けたけど、

遼を演じている町田啓太は

本気で踊ったらすごい上手だから、

ダンスの初心者のような演技をするのは

逆に難しかったんじゃないかな?


右京にしたら面白くないよね。

自分は主役なのに、

かれんは遼と演技するときのほうが

楽しそうなんだもん。


かれんは清純派女優なの?

自由奔放だね。楽しそ~。


女優である前にひとりの女、なのか、

ひとりの女である前に女優なのか?


女優の仕事をしているときは、

やっぱ、ひとりの女である前に女優だよね?


小暮亜依は台湾出身のアイドルとしてデビュー!?

ちょっと無理があるような気がするけど…。

そのうちバレてしまいそう。


たどころ晋也のロックスナックも再び登場。

斑目社長と中里麗子が来店するなんて、

遼もビックリだ。


亜依の所属する台湾のアイドルグループの中に、

金城武の姪っ子がいると、

ヤフーエンタメニュースで読みました。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

美女と男子 9話「戦いの始まり」 感想

遼と右京の対談が面白かったね。

一子は止めようとしていたけど、

取材する側はもっとやれって感じで。


この2人はライバルとして、

これから競っていくんだろうね。

遼はゴーグルファイターの役で人気が出始めたけど、

初めのうちはオーディションでも、

右京のほうがいい役をもらえるんだろう。


たどころ晋也は「ロックスナック ハロー」で、

楽しそうにやってたから安心したわ。


昼はランチもやってるそうだけど、どんなメニューかな?


たどころが遼のために歌ってくれた歌が、

どっかで聞いたような歌詞ばっかりだったね。

前はハローハローマイラブ♪と歌っていたのに、


今度は「グッバイマイベイビー♪、

あほやけど好きやねん♪」

笑えるわ。


ひのでプロの社長は鹿児島県で何してるんだろ?


「咳をしても一人」と書かれた葉書が、寂しさを表していた。


一子は尾崎放哉とすぐに言い当てた。物知りだね。


忙しい一子は必至でお母さんもやろうとしていた。

やっと一子の母親らしい顔を見ることができたわ。


梨花は夫とうまくいってないのかな?

そんな感じが少し漂ってたような気がした。


IKKOさんが演じる料理研究家、新見正之も

オフィスイシノに所属しているから、

これかも出るのかな?

「料理はLOVE」がモットーみたいだけど。




theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

美女と男子 8話「君こそヒーロー」 感想

遼がひのでプロの救世主になりそうだったのに、

詐欺事件が足を引っ張ってしまった。


ひのでプロが倒産したら、

たどころ晋也はどうなるんだ!?


…そこじゃなくて。


一子は夫を妹に取られてしまった。


でも、一臣が梨花についていかなくて、

一子は気持ちが救われたと思う。


「お母さんは強いけどホントは弱いから、

ぼくがママを守らないと」


とか言ってたけど、

一臣君、それはおじいちゃんに教えてもらったの?


「女は弱い生き物だから、男が守らにゃいかん!」

とか言ってそうだよね、おじいちゃん。


遼はオフィス・イシノに移籍して、

ライバルの右京と戦っていくことになる。

たどころ晋也もオフィス・イシノに入れてあげて。


IKKOさんが売れっ子料理研究家として出演するようだ。

どんだけ~。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

美女と男子 7話「ハリウッドが呼んでいる」感想

一子の夫・啓吾の浮気相手は、

なんと、一子の妹の梨花…。


銀行に勤めて、しっかりしている梨花は、

家事や育児をしない一子に批判的で、

敬吾にも同情していたのかな?


家の中に夫の浮気相手がいるなんて、

やりづらいだろうなぁ。


「お姉ちゃん昨日のこと…」と梨花が言った瞬間、



一子の怒り爆発ドンッ



梨花が運んでくれた夕飯のおかずもごはんも、

テーブルの下にぶちまけた一子。

まるで昔々のお父さんみたい。


一子は男っぽいよね。


一臣も引き取るという梨花。


夫と息子をセットで妹が引き取るなんて…。


手をグーにして壁ドンする一子。男前!(違う…)


「この縁談は一切なかったことにする」と、

ボケている一子のお父さんが

うまいこと言ってたけど、笑えないよ。


ひのでプロでは、

遼のハリウッド進出話が持ち上がっていた。


中国で撮影するハリウッド映画に、

遼を出演させるためには、

2千万円が必要?出資?儲かる?


ウソウソウソウソウソ、詐欺だなこりゃ。

視聴者は皆気づいているのに、

並木社長はのんきだったね。

たどころ晋也もだけど。


ハリウッド映画なのに、製作委員会に出資だなんて、

ド素人が聞いてもおかしいよ。

いつもの一子なら気づいたかもしれないけど、

敬吾のことで頭がボーッとしていたのかな?


「こんな取り返しのつかないことに…」という、

テレビドラマに出演していた遼のセリフを、

そっくりそのまま並木社長に言いたいわ。


斑目社長は大門とは手を組むの?

新しいプロダクションを立ち上げる大門は、

筆頭株主を斑目に頼んだ。

そのプロダクションを任せるのはあの石野。


石野は一子のことを、

何ものにも屈さない強さがある、

「僕が知る限りでは随一です」と言っていた。


一子と石野が手を組むことはないと思うけど、

石野は一子の隠れた才能を見抜いていて、

今後の成り行きにちょっと期待しているのかな?


で、梨花と敬吾はどうするつもりなんだ?


一子は今までも仕事が忙しかったんだと思うけど、

息子のことを放ったらかしはよくないよ。

ぜんぜんお母さんに見えないもんね。



theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR