2014.12.25

ファーストクラス2 最終回 感想

最終回。マウンティングランキングは消滅。

それぞれが自分の道をゆく…。


みんないい人になっちゃって、

それじゃあオモシロクないダウンというわけで?


「一瞬で元に戻った悪女かな」

「だ、ナャ~ん」

な~んて、付け加えていたけど、

私には説得力が感じられなかったわ。


ちなみをつぶそうとしていた隆太郎も、

ファスベンダーとの資本関係をやめた。


そんなことをしたら、

リエコが黙っているはずがない。

と思ったら、廣木リカが充に、

経済産業省へのコネを使わせて、

簡単にリエコを黙らせた。


「日本政府を敵に回して

ビジネスができるんですか?

あなた、命がけで仕事したことありますか?」


充も謎の男だったけれど、

最終回ではちなみにメロメロだったね。


一方、隆太郎は、

これまでの無礼をちなみに詫びた。


そして、ちなみをクリエーティブディレクターに任命。

一緒に手を組み、

『TATSUKO YANO』グループ最後の

コレクションに挑戦することに。


『気付いたらあなたのおかげで仕事命』字余り。


失敗したら、皆、職を失うことになる。


さて、ちょっと話が前後しますが。

海外の紛争地域を回って写真を撮っていた樹。

面識のない大五郎から、

ちなみのことを聞いて?帰国。


樹は、事情があって親や親戚から

離れて暮らす子供たちの施設で

久しぶりにちなみと再会。

大五郎ったらにくいことするねぇ。


「日本でも子供のいろんな問題があるから

写真撮ってみないかって誘われて」と樹。

私にはよく理解できないセリフだった。どんな写真?


施設の子ども達の多くは、

善意で贈られた服を着ているのだと、

樹から知らされたちなみ。


「日本では1年間に

20億着の洋服が捨てられてるんだって」


予算のないちなみは、

樹のその言葉をヒントに、

古着で新しいコレクションを作ろうと思いつく。

子ども達は手作り感のある、愛のある服を求めていたよね。


世界ではまだ前例のない、

古着で作るコレクション。

だけど、ショー当日に、

招待したバイヤーとメディアがこない。

1人もこないってどうよ?リエコの陰謀か?


こうなったら、道行く人に声をかけて、

ファッションショーを見てもらうのだー。


てわけで、デザイナー自身が服を身にまとい、

ショーの始まり。


ナミ絵はさすがでした。

プロのモデルですもんね。シシド・カフカ。


今や世界への情報発信は素人にもできる。

スマホでショーの様子を撮りまくるお客さんたち。


古着を使ったショーは、瞬く間に世界に発信され、

「ファッションブランドの社会貢献について聞きたい」

と、フランスから取材のオファーがきた。


今度こそ、ちなみは世界へと

羽ばたくのかな?と思ったら、

手作りの洋服を車に積んで、

蘭子と一緒に売り歩いていた。

どういうこっちゃ?


車には、

『chinami yoshinari with orchid』

*orchidは『蘭』


ちなみのことを、竜子も応援している様子だったけど。


リカと留美も、

それぞれに進む道を明確にしていた。


リカは日本の技術を守り、

世界に通用するファッションブランドを作る。

留美はそれをメディアの世界から

全面的にバックアップする。


ちなみもリカも、1番幸せを感じるのは、

「お気に入りの洋服を着たとき」


お客様にも、そう思ってもらえる服を作りたい。

そのためなら、ちなみ達は、

どんな困難にもめげず、

命がけで仕事をやり続けることだろう。


ところで、ちなみと樹は本当に両思いなの?

前回のファーストクラスでも、

ファーストクラス2でも、

あの2人が恋人同士には見えなかったわ。

でも、キスしてたしね。。。。


いや~終わった終わった。

私はナミ絵さんが印象に残った。

皆が結束したときに、ひねくれていた結衣に、

ナミ絵が言ったセリフがこれ。


「お前みたいな顔もスタイルも家柄もそこそこの女が、

悪女行為など2000飛んで14年早いのよ」


ナミ絵を演じるシシド・カフカ。

ドラムを叩きまくって歌う姿もカッコイイけど、

ドラマでもカッコよかったわ。


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.12.18

ファーストクラス2 9話 感想

『TATSUKO YANO ORIGINAL』の設立で、

スタッフは全員引き抜かれて、

ひとりになってしまったちなみ。


そんなちなみに、レミ絵は、

ファーストクラス編集部での

アルバイトを勧めた。


でも、言い渡されたちなみの仕事は、

ショップ店員での売り子の体験。


相変わらずレミ絵ったらいじわるぅ~、

と思ったけど、そうではなかったみたいね。


ファーストクラス編集部には、

ちなみに力を貸してくれる懐かしい顔が。

静香や拓海、そして、大沢留美。


「人は使うもんやない。

助け合うもんや。

あら?違う違う。おかしいおかしい。

どうした私どうした悪女。

私はポケモンのロケット団。

アナ雪のハンス王子。

妖怪ウォッチのバクロ婆」


相変わらず心の声がおもしろいレミ絵。

なんと、レミ絵はちなみに力を貸したのだ。


今回はレミ絵のお兄さんお姉さま、

ロミ男(ミッツ・マングローブ)が登場。

姉妹の仲をとりもつため、と言っていたけど、

ロミ男っていったい何者?


雑誌ファーストクラスの特集は、

『TATSUKO YANO ORIGINAL』ブランドではなく、

『TATSUKO YANO JAPAN』だった。


「あなたもお金では解決できない仕事、

私としてみませんか?」と、

充にも声をかけたちなみ。


充はちなみに会った日から、

好意を抱いていたよね。

だから、声をかけられて嬉しかったかも。

充が手放さなかった登記簿が

役に立つのかな?


でも、隆太郎は、ちなみのことを

徹底的につぶすつもりだ。


その役割をさくらに命ずる隆太郎。


ちなみが抜けたあとも、

一生懸命に目の前の仕事をするスタッフを、

隆太郎は使い捨てのように扱うよね。


ラストに、うしろ姿だけ映ったのは、

西原樹(中丸雄一)かな?違う?


よく似たブランド名が出てきて、

感想を書くとき、頭が混乱する私。

間違ってたら、ごめんよ。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.12.11

ファーストクラス2 8話 感想

『ファーストクラス2』のちなみは、

いい人になっちゃって。

そこがつまんない。

もっとガーーーッとやってよ。


『TATSUKO YANO JAPAN』が好きだという、

有名でも何でもない一般女性の、

ウエディングドレスを、皆で一致団結して、

必死に作るちなみ達。あり得ん。


その女性のお父さんは入院している。

せめてウエディングドレス姿をひと目…。

あるあるなストーリー展開に、

必至にドレスを間に合わすちなみ。


皆、どうしちゃったの?

ちなみにすんごい協力的…。


1番のやり手は、

バカ息子に見えた矢野隆太郎だった。あり得ん。


多額の借金のあったNGSホールディングスは、

バカ息子が勧めるままに、充は売ちゃったよ~。

あの厚化粧のリエコ(LiLiCo)が社長を務める

ファスベンダー&マッカートニー・ジャパンに。

金持ち~。


「もはやNGSホールディングスは存在しません」


バカ息子は『TATSUKO YANO JAPAN』なんて必要なかった。

『JAPAN』は邪魔。

必用なのは『TATSUKO YANO』だ。


お母様、いいバカ息子をお持ちで。

蘭子は右腕か左腕か丁稚か。

とにかく、矢野竜子の影で動けと。


あの蘭子が頭を下げるとはね。


妖怪のような2人のシーンを見せられても、

別に私は面白くないけど。


NGSホールディングスの株主も、廣木リカも、

そして充も、思ったほど力はなかったのか?


余談ですが、廣木リカのメイクも、

リエコ(LiLiCo)に負けず劣らず、

変な感じと思わない?


裏ではドロドロした戦いが

繰り広げられているが、

ちなみ達はウエディング姿を

病気の父に見せたい女性に、

ドレスを無事に届けることができたようだ。


バカ息子は、デザイナーやパタンナーの

引き抜きも忘れてはいない。

お声がかからないのは、

ちなみと、千冬と薫。


予告を見ると、

千冬と薫は何とかなる?てな感じだけど、

ちなみはイバラの道か?


充は『TATSUKO YANO JAPAN』の登記簿だけは、

手放さなかったようだけど、それが何か?


眠いけど、頑張って感想書いたよ。

ほめてほめて~子どもか!

だって、いまいちつまんないんだも~ん。




テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.27

ファーストクラス2 7話 感想

充と隆太郎のたくらみが明るみに。


『気をつけよう。暗い夜道とおしゃれヒゲ』


蘭子CEOは、政治家への不正献金疑惑を

株主総会で竜子に暴露されて、

CEOから、ただの蘭子さんへ戻りましたとさ。


で、予定通り充がCEOに。

蘭子さん、はめられました~。


ちなみ達の次なる試練は、Tシャツ勝負

「TATSUKO YANO」vs「TATSUKO YANO JAPAN」


NGSホールディングスの

ファッションブランドの店頭で販売して、

負けたほうのブランドをつぶす。


久々にMIINAが登場したね。

今はMIINAではなく、ファーストクラス編集部、

本名の鈴木良子(すずきよしこ)として登場。

20代の女性の読者アンケートをちなみに見せて協力した。


懐かしい白雪も登場。

ちなみにチクリとお説教。


「人は使うもんやない。

人は助け合うもんや。

それを教えてくれたのは、

あんたやなかったんか?」


気持ち新たに頑張るちなみ。

とっても素直なちなみさん。


「好きな女の子の名前に自分の名字をつけて、

それをプロポーズに使うとか」

という久志のTシャツのアイディアに、


「きもい」とちなみとさくらは言いながら、

「そのアイディア、ありかも。(笑)」


なんだかファーストクラスじゃないみたいな…。

笑うほどおもしろくもなく。


ちなみ達の「TATSUKO YANO」が勝ち、

めでたしめでたし、かと思ったら、

それは充が裏から手を回してのことだった。


充の不正買占めで、ちなみは勝った。

それを見抜い廣木リカ。


本当の戦いは、充vsリカメラメラ


不正買占めを暴けば、

充をCEOから引きずり落とせる。


でも、リカは自分はどうなってもいいから、

吉成ちなみをブランドのトップに

就任させて下さいと言う。


ちなみはクリエイティブディレクターにも

すぐに就任できたけれど、これで

ブランドのトップに就任できたら、

一見、戦っているようでいて、

メッチャとんとん拍子だね。


周りでごちゃごちゃもめているようでいて、

ナミ絵たちは何もできなかったし。

結局はちなみだけがおいしい汁を吸う仕組みか?

そして、皆、仲良し~、助け合い~みたいな?



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014.11.20

ファーストクラス2 6話 感想

レミ絵とナミ絵。

この姉妹の戦いが怖い。ドクロ

ナミ絵のほうが怖いと思ったけど、

どっちもどっちか。


結衣のほうがもっと上?

久志も結衣の毒牙に!?


男に首輪つけてもて遊ぶのが好きだね、ファーストクラスは。

前作のファーストクラスでも、そういうシーンがあったよね?


廣木リカは窮地に追い込まれつつ。

ファッションでは血みどろの戦い宣言。


そして、セーラー服反逆同盟メラメラ


ちなみ達は、YURINAの通う高校の

制服を作ることになったけれど、

YURINAが生徒会長のせいか?

ご学友もみんな怖い。


「ちょっと派手目なのをお願いします。

おばさん


デザイナーをおばさん呼ばわり。


でも、ご挨拶は「ごきげんよう」。


どのような制服なら、

お嬢様方のお気に召すのか?


YURINAこと、山内友梨菜(中川可菜)。

廣木リカの隠し子として育った身の上で、

性格までひねくれちゃったの?


でも、ちなみ達の仕事ぶりを見て、

母・廣木リカを見る目が

少し変わった友梨菜。


リカも娘を捨てたわけではなかった。

育てることを認めてもらえなかっただけ。

あらまあ。ファーストクラスにしては、

きれいに話がおさまったな。


さて、理事長が新しい制服に求めるものは…


皇室や歴史あるホテルの従業員の

制服に共通していることは、

お辞儀したときに、

下着のラインが見えないこと。


でも、サンプルで作った制服では…

下着のラインが見えちゃう。


明日までに作り直すには時間がない。

凪子のデザインか、ナミ絵のデザインか。

どちらを選ぶか。

凪子はナミ絵のがいいと。

ナミ絵は凪子のがいいと。

自分を主張するのではなく、

愛情をもってデザインを選ぶナミ絵と凪子。

2人に変化が?


制服は凪子のに決まった。

理事長もお気に召したようだ。


この学校の制服を、

40年前に作ったのは、

なんと竜子だった。

理事長が竜子ちゃんと呼ぶ仲か。


ちなみは凪子の指名により、

クリエイティブディレクターに。


株主総会は、何やら怪しい雰囲気。


充と隆太郎は何をたくらんでいるのか!?

一緒にビジネスしない?と充は言ってたけど。


今回は比較的、真面目に見たけど、

疲れるなぁ、ファーストクラスは…。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR