2014.09.09

全米オープン 錦織選手 準優勝!

大観衆が見守る中での全米オープン決勝戦。

日本人初の決勝進出だったの!?無知ですみません。
錦織選手、すごいねぇ。
8月には足の指の嚢胞の切除手術をしたんでしょ?
足の指大丈夫かなぁ。

決勝で負けたとはいえ、
朝から爽やかなニュースでうれしかった。

今後の錦織選手の活躍も楽しみだなぁ。


準優勝賞金は、日本円で約1億5千万円。
これまで世界のトップでテニスに打ち込むためには、
経済的に大変なこともあったろうね。

錦織圭選手は
1989年12月29日生まれの24歳。
身長178㎝ 68㎏

日本人としては錦織選手は背が高いほうだけど、
対戦相手のチリッチ(クロアチア)は、
身長198㎝ 82㎏
1988年9月28日生まれ25歳。

高身長のチリッチのサーブは見事だった。
サーブのスピードが200㎞?とか言ってたっけか?
球の速さが想像できないや。

錦織選手は年齢を重ねたら、
唐沢寿明のような顔になるかも…
な~んて思いながらテレビを見ていた。

試合後のインタビューも、しっかりしてた。
英語もペラペラ。

さすが、世界で活躍している選手だけあるわ。
松岡修造が興奮している様子が目に浮かぶ…。



久しぶりに花子とアンを見ようかと思ったけど、
途中で思わずチャンネルかえちゃった。



2014.02.21

浅田真央 自己ベスト 朝から泣いた

ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子フリー


浅田真央が

自己ベストの142・71点ビックリマーク


テレビで真央ちゃんの演技を見て泣いた。

演技を終わった真央ちゃんが

泣いているのを見て、また泣いた。

良かった良かった。


19日のショートプログラムでは、

思うような演技ができず、

16位だった真央ちゃん。

そこから立ち直っての自己ベスト。


いろんな人が、

いろんなことを言う中で、

最高に緊張する場面で、

あんなに良い演技ができるなんて、

ホントにすごい人だねぇ。


他の競技でも、

ちよっとミスしたりすると、

「メンタル面が弱い」とか、

「大事な場面で失敗する」とか、

簡単に言う人がいるけど、

皆、どれだけ練習してることか、

それ知ってんの?と言いたくなる。


幼い時からず~~っと同じ競技を

続けるのは、あらゆる面で大変だ。


真央ちゃんはやりきった。

良かった。ホントに良かった。

自己ベストおめでとう、真央ちゃんクラッカー


そして、感動をありがとうビックリマークビックリマーク




2013.06.24

兵庫県 女子生徒 集団パニックについて思ったこと

兵庫県の高校の女子生徒が次々と過呼吸で倒れた、

というニュースををテレビで見た。


要約すると、以下のような内容だ。


兵庫県上郡(かみごおり)町の県立高校で、
1年の女子生徒が休み時間中に「気持ち悪い」と体調不良を訴え、
過呼吸を起こし、その様子を見た別の生徒たちも、
次々と過呼吸などの症状を訴え、女子生徒計18人が
隣接する赤穂市内2カ所の病院に搬送された。

いずれも意識があり、命に別条はない。


この現象は、専門家によると、

『ミラーニューロン』ということで説明できるそう。


ウィキペディアによると…

ミラーニューロン(Mirror neuron)は霊長類などの高等動物の脳内で、
自ら行動するときと、他の個体が行動するのを見ている状態の、
両方で活動電位を発生させる神経細胞である。

他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように

のような反応をすることから名付けられた。
他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を

司っていると考えられている。


全員が一斉に倒れたというなら、

別な原因も考えられるが、

次々と倒れたとなると、

やはり専門家の意見が正しいのかな?


ネットで調べてみたところ、

霊感が強い女子高生が初めに倒れた、とか、

倒れた生徒から、幽霊を見たという話を聞いた、とか、

こっくりさんをしていたらしい、とか、書いてあったが、

本当に真実なのか?は分からない。

ガリレオの湯川先生が聞いたら、

「現象には必ず理由がある」と言われそうだ。



集団ヒステリーのような現象は、

仲間意識が強いと起きやすい。


体の症状としては、

痙攣(けいれん)、失神、歩行障害、呼吸困難、

または興奮、恍惚状態など。


通常は感情、関心、利害の共通する、
親密な関係を持つ小集団内で、

誰かが何らかの症状を起こして、次々と伝播する。

伝播(でんぱ)とは、伝わって広まること。


時には、報道などにより、

相互に面識のない人たちにも、

類似の症状が伝播することもある。


日本では、テレビで報じられたことが、

想像以上に人々に影響を与え伝播することがある。


なので、今回の集団パニックの報道も、

人々の頭に印象強く残ったとすれば、

類似したパニックが起きかねないので要注意だ。


テレビでも言っていたが、

「大丈夫?」と心配するのではなく、

「大丈夫!」と相手を安心させたほうがいい。


心配や恐怖というのは伝わりやすい。

遠く離れた人に対しても、心配や恐怖は伝わりやすい。


例えば、「あの人が心配だ」「うちの子どもが心配だ」

と思うよりも、その人がニコニコと笑顔で過ごしている様子を

いつも心に思い描いたほうが、

ずっとずっと、その人のためになる。と私は思っている。


何はともあれ、倒れた女子生徒たちの

命に別状がなくてよかった。




テーマ : トーク/ニュース
ジャンル : テレビ・ラジオ

2013.04.27

お好み焼き粉 ダニ繁殖

先日、Yahooニュースを見ていたら、


お好み焼き粉、ダニ繁殖注意 開封後の常温長期保存で


という、体が痒くなるような記事が目に留まった。


内容は以下のとおり。


昨年4月、水戸済生会総合病院(水戸市)に

女の子(11)とその母親(47)が受診に訪れた。
自宅でお好み焼きを食べた後に、

ぜんそくやじんましんのアレルギー症状が出たという。

診察した神崎美玲医師によると、2人が食べたお好み焼き粉から、
1グラムあたり2万2800匹のヒョウヒダニが見つかった。

開封後に台所で常温保存され、賞味期限が2年以上過ぎていた。
ヒョウヒダニは室内に生息し、ハウスダストアレルギーの原因となる
2人はハウスダストアレルギーはあったが、

小麦アレルギーはなかったという。

(Yahoo!ニュースより引用)


1gに2万2800匹のヒョウヒダニって…

お好み焼ききというより、

ヒョウヒダニ焼きを食べてる感じ?ゾゾゾッ…


今、わが家にはお好み焼き粉はないが、

片栗粉や、かつおぶしは冷蔵庫に入れている。

冷蔵庫の中ではダニは生きられないから、

心配な方は何でも冷蔵庫へ入れると安心。

でも、すでにダニが繁殖したあとの粉を冷蔵庫に保存したら、

ダニの死骸だらけの粉が冷蔵庫の中に?ゾゾゾッ…



このあとは、私の子どものころの体験ですが、

お食事中の方は、読まないほうがよろしいかと。


小学生の私は、

母の作るハンバーグが大好きだった。

それも、トンカツソースをいっぱいかけて食べるの。


その日も、母に「ソースとって」と頼み、

私はハンバーグにソースをたらたらかけた。


さあ食べよう!と思ったとき、

何かが蠢いた(←この字うごめいたと読むゾクッ)。


私はお箸でソースをそっと除けて、

そのうごめくものを確認した。


Σ(=°ω°=;ノ)ノ


なんてことでしょう。私のハンバーグの上で、

楽しそうにうごめく蛆虫がうじうじうじうじ虫ギャー(@_@)


私の記憶はそこでストップしている。

でも、ハンバーグを捨てた記憶がない。

母は鶏肉が腐りかけでヌメっていても、

「水でヌメリを取れば大丈夫」と言う人だったから、


もしかしたら、


ハンバーグも水で洗って、

「ソースをかけなければ大丈夫」ということで、

私はハンバーグを食べたのかもしれない。

だってハンバーグの余分はなかったから。


ひらめき電球ソースにも虫はわく。


小学生の私はハンバーグソース事件?以来、

ソースにビクビクした。


虫がわくのは食べ物だけではない。


夏の蒸し暑い日、それは書き換えると、

虫暑い日でもある。


ずいぶん前の話だけど、

私が所用でしばらく家を空けて、

久々に戻ってみると、家の中は蒸さっていた。


さて、掃除機でもかけようか、と、

部屋の隅に置いてあった

ハンディタイプの掃除機を手にとり…


ん?


掃除機の吸い込み口についていたホコリに、

何かしらくっ付いているような?


それは小さな虫さんたちの死骸であった。

虫さんたちたち


恐る恐る掃除機の紙パックを確認すると、

紙パックの中にも、虫さんたちたちたち。

ホコリの中に小さな虫の死骸たちが、

うわっわわっ∑ヾ( ̄0 ̄;ノとね。


わが家の日当たりのいい部屋ときたら、

熱さも湿度も、ムッどころでなくワッて感じ。

高温多湿を好む方々?にとっては、

大変快適な空間になっていた。


私の留守中、家には私以外の家族はいたが、

誰ひとりとして、窓を開けようとか、

掃除をしようとか、考える者はいなかったのだ。


でも、夏は窓を開けたら蚊などの虫が入ってくる。

(今じゃ、PM2.5の心配もあるしね)


エアコンを一日中かけておけば、

除湿もできるだろうけど、そうもいかない。

ダニにパンチをくらわそうと思っても、

限界というものがある。


その点、私の母は部屋の換気に関してはぬかりない。

それゆえ、部屋にはハエや蚊やアリまでいたりする。

そして、昔の人だから物を大切にする。


フライなどで一度使った小麦粉に、

玉子やパン粉がまじっていても、

大切に袋に戻して常温でおいている。

パン粉も同様に、袋に戻して常温だ。


しかも、少々賞味期限が切れても、

ビクともしない。


母はお好み焼き粉もよく買うので、

ダニをたくさん食べている可能性もあるが、

これまでアレルギー疾患も発症せずにいる。

ダニに負けない強じんな体なんだろう。


ダニより強い人はいいが、

ダニに負けそうな人は、

心配な食品は冷蔵庫へ。

ソースも、フタはきっちりしめて冷蔵庫へ。


書いていたら体が痒くなってきたよ。。









テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

2013.03.05

情熱大陸 鶏育てて…

Yahoo!ニュースに「高校生、鶏育てて解体は残酷?」と言う記事を見つけた。
何気にクリックしてみたら、それは情熱大陸という番組で紹介された
命の教育を実践している高校の話であった。

私は情熱大陸は見ていなので、文字でしか分からないが、
まとめると、こういう内容であった。

高校教師の真鍋公士(福岡県立久留米筑水高等学校)は、
命の教育として、卵から鶏を孵して飼育した後、
食肉として子どもたちが解体し食べるという授業を行なっている。
育ててきた鶏を解体する日が近づいてくると、
工場に出荷し業者に解体してもらうか、
自ら解体するか、という2つの選択肢から生徒自身が選ぶ。
解体はクラス全員が見守る中行われ、涙する生徒もいた。


さて、あなたはこの教育に賛成ですか?と問われたら?

Yahoo!の意識調査では、私が見た時点で65%の人が賛成だった。

以前、どこかの小学校で、豚をクラスで飼育して、
大きく育った豚は、自分たちで食べるという授業を見たが、
豚は、小学生の手で殺されたわけではない。

今回は、鶏を殺すところまで自分で行う生徒もいるわけだ。

スーパーで鶏肉を買うのと違い、命を戴く尊さが分かる授業で、
私も頭の中で考えると、この授業は賛成なのだけど、
でも、私がもしも、その学校の生徒だったら…

そう考えると、反対だ。

私は血を見ただけで倒れそうになる。
いや、小学校のときは病院で採血をしているのを見て、マジで倒れた。
大人になった今は、採血ぐらいでは倒れないが、
鶏を殺すとなったら話は別だ。

たぶん、その授業を受けたら、私に限ってだが、
一生、鶏は食べられないと思う。

小学校のころ、ブロイラー工場の見学へ行ったことがある。
逆さに吊るされた鶏は、工場の中を順序よく運ばれていき、

頭から洗浄液の中に漬けられ、効率よく羽がむしられ、
どこかの工程で、コケコケコケッと鳴いていた声がやみ、

そして、になっていた。

鶏の命を戴くありがたさを教えるには、
私にはじゅうぶん過ぎる出来事だった。

もしも、私が中学生なら、
鶏の首を持ち、ナイフを突き立てる様子を見る可能性がある高校
を、私は絶対に選ばないと思う。

「それなら、あなたは肉は食べない生活ができますか?」と問われれば、

「Yes」だ。

肉好きの人には申し訳ないくらい、食べなくてもぜんぜん平気だ。


だからといって、真鍋先生の教育を否定するわけではない。
多くの生徒は、愛情をかけて鶏を育て、その命を戴く授業を
死ぬまで忘れないだろうし、鶏を食べるときは必ず、
真鍋先生の授業を思い出し、心から感謝して食べるだろう。


真鍋先生の授業を実際に受けたことがない私が、
つべこべ言っては申し訳ないと思うが、ただひとつ、
もしも、これは本当に万が一の可能性だが、

生徒の中に、残虐性のある気質を持つ者がいて、
自分の残虐性を好む性質に気づいていても実行したことがないか、
自分の中の残虐性にまだ気づいていないか、
そういう気質を持つ生徒がいたとしたら、どうだろう?

※気質とは、後天的なものではなく、生来性である。

そのような無礼な発言は許されん!!と怒らないでほしい。
人間というのは、ちょっとした出来事で、前向きなスイッチも入るが、
後ろ向きのスイッチも入ってしまう可能性があるのだ。


真鍋先生の命の教育を受けた生徒が、全員、
食事をするたびに、いや、食事だけではなく、
さまざまな命に感謝して人生を終えたとしたら、
それは本当に素晴らしいことだ。
そうなることを私も願っている。

「動物を自分で育てて殺して食べるのが、本来の人間の姿だ」
と言われれば、反論のしようもない。

でも、私のような意見がひとつぐらいあってもいいではないか。

そして最後にもう一度。
真鍋先生のクラスに入ったら、生徒の性質気質に関係なく、
全員が鶏を育てて殺して食べる、という授業を受けなくてはいけない、
というのは、もしも私が生徒なら、やはり耐えられないと思うのである。
真鍋先生がどんなにいい先生であったとしても。

決して真鍋先生の授業を批判しているわけではないけれど…。





テーマ : TBS
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR