2018.04.16

半分、青い 13話 感想 晴さん気をつけなはれやー!

律くんは下級生からモテモテの高校生。

そりゃそうだ、あんなイケメンの高校生、

モテないわけがない。


鈴愛の買ったようかんサンド、

私は食べたことがないのだけど、

美味しいのかな?

あんパンの親戚みたいな味?


律くんが窓から落ちたとき、

後ろにマットがあって、

そこにうまく落ちました感が強くて、

思わず笑ってしまったが、

ジャッキーチェンでもないんだから

安全な落ち方で合格◎


でも、あの窓枠から普通に落ちたら、

後ろの柵?みたいなのに、

頭をぶつけたのでは?と

そこが気になって気になって。


ブッチャーは小学校5年生で

成長が止まったらしいが、

何か理由があったのかな?

そこは語られず不明。


鈴愛は平衡感覚については、

若い脳が調整したようだが、

少し遠くから呼ばれても、

どこから呼ばれているのか分からない。


かなり遠くから呼ばれたら、

分からないかもしれないが、

あの程度の距離から

大声で呼ばれたら、

どこから呼ばれているのか

分かるような気がするが、

こればかりは個人差があるのだろう。


鈴愛は律から「鈴愛の耳は可愛い形」と

胸キュンする言葉を言われ、

お母ちゃんは、若いイケメンに、

「素敵ですね」と言われ、

母子ともに幸せな13話だったが、


ちょっと待て。

お母ちゃんはヤバいぞ…と、

テレビの前で皆がつぶやいたことだろう。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ランキング応援してネ

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.25

奥様は、取り扱い注意 4話 感想 クリーニング屋のおばちゃんは何者?

読書会を開いている美佐子(星野真里)の息子、

悠斗くんが誘拐された。


犯人に協力していたのは、

悠斗くんの家庭教師の女子大生。そして、

家庭教師と悠斗くんのパパは愛人関係…。

知らぬはママ・美佐子だけ。


さすが、元工作員の菜美。

美佐子の様子がいつもとは違うことに、

インターフォンごしにすぐに気づいた。


菜美は夫・勇輝に、仕事をする意味を聞いた。

誰かに必要とされている喜び、

自分の才能を生かして、

この世に自分が存在する意味を感じられる、

それが仕事というものだとすれば、



「誰かを喜ばせられるのに、

その才能を使わないのは罪?」




罪だとすれば、やるっきゃないよねー。


しかし、すごいのは菜美だけじゃない。

ドライクリーニング屋のおばちゃんが、

実は昔の仲間か?Σ(・ω・ノ)ノ!

なぜこんな近くに??



今、菜美は主婦をしていると聞いて、

わはははは、と大笑いするおばちゃん。

このおばちゃんの情報収集力はすごそうだ。

犯人の使った車を簡単に割り出した。


もしかしたら、あっちこっちに菜美の昔の仲間が?

だとしたらヤバイよね。

「あんたが死ぬはずがないと思った」と、

クリーニング屋のおばちゃんは言ったが、

菜美を追っている謎の中国人も、

そう思っていると思うし。。。


家庭教師の女の微妙な変化に気づく菜美。


「緊張でさっきより瞳孔が開いている。

悠斗君に危険が迫っているのだ」



男子大学生3人を、次々とやっつけて、

悠斗くん救出に大貢献。

でも、自分は裏で動くだけ。


悠斗くんのパパは、可愛い奥様と子どもがいるのに、

どーして女子大生と?ヽ(`Д´)ノ

悠斗くんのパパも投げ飛ばしてほしかったな。


読書会も無事に再開。

家に帰れば本を勇輝に読んでもらい、

うっとりしている可愛い奥様に戻る菜美。


「この声をずっと耳元で聞いていられるのなら、

世界中のものを投げ出したってかまわない」


てなことを心の声でつぶやいていたが、


こんな気持ちになれるのは、

新婚の間だけかもしれないよ。

おじいちゃん、おばあちゃんになるまで、

ずっとそう思っていられたら、

どんなにか幸せなことですねぇ。


ところで、菜美は悠斗くんみたいな
可愛い子どもが欲しいみたいだけど、
勇輝はその話に触れられたくなさそうだ。
何かわけでも?


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2016.02.20

お知らせ

いつも見にきて下さってありがとうございます。

何とか続けてドラマの感想を書いてきましたが、
最近あまりテレビを見る時間が取れません。

「あさが来た」も今日はまだ見ておりません。
現在時刻はPM10時50分です。

重なるときって、なぜかいろんな事が重なりますね。
体が三つくらいほしいもんだす。

そういう時に限って、仕事まで山盛りのしかかってくるとは、
もうびっくりぽんだす。

また少し時間が取れるようになったら、
ドラマに限定せずに、コミックの感想や
占いのことや、不思議な話など、
ジャンルを気にせず書いていこうと思っていますので、
気が向いたら、時々覗いてみてやってください。

ドラマを見る時間がある日は、気持ちに余裕があれば
簡単な感想はツイッターでつぶきたいと思います。

気が向いたらフォローしてやってください。
こちらです→ ahaharuiツイッター

取りあえずお知らせまで。

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR